Bang the Noise / 2015-05-06

1
NEW END

DEAD RIDER - NEW END

Gang Gang DanceとJamie Lidellが融合したようなプログレ・ポップ/ロック!

7" |  ¥1,050 |  DRAG CITY (USA) |  2016-02-13 [再]  | 
アメリカ、シカゴのエクスペリメンタルロックバンド、Dead Riderのニューシングル。アメリカのDrag Cityから発表。不眠症にかかって過ごす夜、迎えるのは新たな終わり…そんな経験をしたことがある人々に捧げる渋さとエロさ溢れる一曲。退屈な人生を打破したいBボーイの傷ついた心を歌うB面の"Uncomfy"も渋いラップでおすすめ。 (Fumie)
2
BAD NEWS BOYS

KING KHAN & BBQ SHOW - BAD NEWS BOYS

2010年に活動休止を発表したKing Khan率いるガレージ・デュオが完全復帰!!

LP |  ¥2,350 |  IN THE RED (USA) |  2015-04-10 [再]  | 
カナダのおふざけガレージ・パンクおじさんKing Khanと、その相棒Mark Sultanが戻ってきた!近年のインディー・ガレージ系が好きなら、King Khanは絶対に無視できないくらい重要な存在。おふざけ感と、ダサさと、ガレージ音楽センスを上手く融合させて踊れるガレージ・ロックを作れちゃう人はKing KhanかBlack Lipsくらいと言っても過言ではないかも?Black LipsとKing Khanは普段からかなり仲良しという事実にも納得のユーモアと音楽性。何も考えずに楽しく踊りたいなら、King Khanの音楽はオススメ! (Saki) https://youtu.be/O8ueh3I8QsM
3
FIGHT FIRE

POW! - FIGHT FIRE

サンフランシスコを拠点とする4ピース・シンセ・パンクバンドの通算2枚目となるフル・アルバム!!

LP |  ¥2,350 |  CASTLE FACE (USA) |  2015-04-11 [再]  | 
Thee Oh SeesのJohn Dwyer率いるCastle Face Recordsからリリースされた、サンフランシスコのシンセ・パンク・バンドPow!のセカンド・アルバム。中核にあるのは鋭い刃物のようなパンク、その周りをキャッチーなシンセサイザーの音がコーティング。気だるそうなボーカルがクリアでスピードのあるリズムに乗った、近未来的で独創的なアルバム。 (Fumie)
4
GOLEM

WAND - GOLEM

Ty SegallやThee Oh Sees界隈のニュー・カマー!!

LP |  ¥2,200 |  IN THE RED (USA) |  2015-03-15 [再]  | 
2014年にTy SegallのレーベルGod?からリリースされたデビュー・アルバムもかなりカッコ良かったWANDは、これから来るであろう要注目のバンド!活動している界隈や、共に仕事をする人たちがTy SegallやThee Oh Sees周辺ということもあってか、音楽性もバッチリUS西海岸のインディー・ガレージ・ロック系。演奏力や音楽性からして、ライブ・バンドである可能性がかなり高そうなので、これはぜひ生で体感してみたいところ!サイケ・ガレージ色の強かった前作に比べて、今回はクラシックなハード・ロックやスペース・ロック、サイケ・ポップな要素もあってかなり楽しめる1枚です。FUZZや、Ty Segallの最新アルバム『Manipulator』が好きな人はドキドキしちゃう内容。 (Saki)
5
PURPLE SKIES, TOXIC RIVER

TV COLOURS - PURPLE SKIES, TOXIC RIVER

オーストラリアの4人組ローファイ・パンクバンドのデビュー・アルバムUS盤が到来!!

LP |  ¥2,050 |  COMEDY MINUS ONE (USA) |  2015-04-23 [再]  | 
オーストラリアのローファイ・パンク・バンド、TV Coloursのデビュー・アルバム。なんとこのアルバムの制作が始まったのは6年前。現在20代になった彼らが歌うのは、高校時代の気楽な日々と抑圧や孤立と戦う日々の二面性と、10代を終えて成長していくことへの期待と葛藤。Ramonesのような反骨精神溢れる荒削りなギターとボーカルに加え、実験的なシンセやサンプリングも使用し、多様なサウンドを聴かせてくれる。 (Fumie) https://youtu.be/YrHLkICxOZk
6
DEEPER

SOFT MOON - DEEPER

ネオ・ポスト・パンクなワンマン・プロジェクトから超強力最新リリースが到来!!

LP |  ¥2,600 |  CAPTURED TRACKS (USA) |  2016-08-28 [再]  | 
今ブルックリンで最も熱いレーベルCaptured Tracks。その不動の裏番長的存在であるSoft MoonことLuis Vasquezの、計り知れない時間と労力と集中と音楽への愛情が存分に注ぎ込まれた過去最高傑作!と大げさに表現したいぐらい素晴らしいアルバム。本人のインタビューによれば、作曲はもちろん作詞にも重きを置いた作品は今回が初めてなのだとか。このアルバムの収録曲のビデオもカッコイイので、そちらも合わせてチェックして欲しい!80’sのNYアングラ・シーンが好きな人ならビビッと反応しそうなダークで中毒性のあるポスト・パンク、ダーク・ウェーヴ、ノー・ウェーヴな要素が盛り込まれた1枚。 (Saki) https://youtu.be/iigmNuZRlqU
7
III

FOLLAKZOID - III

チリ産サイケデリック・ロックを代表するトリオ、Sacred Bonesからの3作目!!

LP |  ¥2,350 |  SACRED BONES (USA) |  2015-04-07 [再]  | 
ブルックリンのScared Bones Recordsから発表したチリのサイケトリオFollakzoidの新作。アンデス山脈土着の音楽に影響された幼馴染3人に、今回ドイツの電子音マエストロAtom TMが参加、80年代にKraftwerkがツアーで使ったKorgシンセを用いて意図的な無調サウンドを追加、よりサイケでヘビー、それでいてミニマルな仕上がりの4曲。イントロからじわじわ迫ってきて、中盤で完全にトリップアウト。(Fumie) https://youtu.be/coBQQMxJlSo
8
AFTER THE SOCIAL (REGIS REMIX)

STAVE - AFTER THE SOCIAL (REGIS REMIX)

Regeisによるリミックスを収録!!

12" |  ¥1,450 |  REPITCH (DEU) |  2015-03-23 [再]  | 
個人的に最近気になっているジャンルがインダストリアル・テクノ!ジャンル問わず、中毒性のあるアングラ系の音楽が好きだと再確認させられた1枚がこれ。まだ掘り下げている最中でこの周辺の事情はあまり知らないものの、リリース元のRepitch Recordingsは注目しているレーベルの1つ。Downwardsの主宰であるRegisによるリミックスも収録されたこのStaveのファーストEPは、骨太で歪んだブルータルなノイズが気持ちよくてお気に入り。リピート必至。(Saki)

Bang the Noise

Profile

これまで個人で音楽拡散活動を行ってきたフミエとサキが2010年にイギリスで運命的な出会いを果たし、互いの音楽に対するフラストレーションと激しい愛情が爆発した結果生まれたアーティスト・ブッキング・エージェンシーBang the Noise。2013年より活動開始、ガレージ・ロック、サイケ・ロック、ローファイ・パンクを主なジャンルに海外バンドの日本ツアーサポート、日本バンドの海外進出サポートを行う。DJ歴8年のフミエとDJ歴1年にも満たないサキの凸凹コンビで展開するDJ活動は、年代を問わずトリッピーなハードサイケから荒削りなガレージパンクまで、常にフロアに「踊れる異空間」をお届けすることを念頭に置いている。なんてかっこいいこと言っちゃってますけど、ただ好きな音楽をかけてみんなとぶっ飛びたいだけです。てへ。

Web Site

Event Information

4/22(金) 『You Are Alone When You Are Dancing』 @ Ruby Room, 渋谷 4/23(土)『STYLE BAND TOKYO 2016』 @ Tsutaya O-nest, 渋谷 5/10(火) @ Heavy Sick, 幡ヶ谷