Bang the Noise / 2015-08-05

1
WEIRDO SHRINE

LA LUZ - WEIRDO SHRINE

シアトル拠点のサーフ・ガレージ・ロック女子4人組から、注目のニュー・アルバムが到着!!

LP |  ¥2,600 |  HARDLY ART (USA) |  2015-08-11 [再]  | 
シアトル出身のガールズ・サーフ・ガレージバンド、La Luz2枚目のアルバム。現行ガレージ界の鬼才Ty Segallをプロデューサーに迎えた今回の作品は、60年代風のサーフ・ロックに磨かれ多彩となったサウンドでグルーブ感と深みが出ており、柔らかさのあるコーラスが不思議とそれにマッチしている。8月から10月まで密なアメリカ/ヨーロッパ・ツアーを控えた彼女たちにぜひ注目を! (Fumie)
2
VOL. 4

DOG PARTY - VOL. 4

デビュー当時は衝撃の14歳と16歳だった姉妹ガレージ・パンク・デュオから通算3枚目!!

LP |  ¥2,500 |  ASIAN MAN (USA) |  2015-07-29 [再]  | 
小さい頃から一緒に音楽活動をしてきたGiles姉妹による、終始アップテンポでハイテンションなガレージ・ポップ・パンク!現行ガレージ・シーンではもはや定番ソングとなった、Ty Segallの代表曲"Girlfriend"のカヴァーもしっかりパンクしてて良い感じ。テンション上げたい時にはベストな1枚!! (Saki)
3
HYPNOPHOBIA

JACCO GARDNER - HYPNOPHOBIA

オランダ秘蔵のソフト・サイケ・ポップシンガーのセカンド・アルバム!!

LP |  ¥2,400 |  POLYVINYL (USA) |  2015-07-29 [再]  | 
オランダのネオ・サイケ・ミュージシャン、Jacco Gardnerによる待望の2ndアルバム。ファーストを出してからの2年間で数々の楽器をマスターしたJacco、今回の新作ではドラム以外全てを自身が担当してレコーディング。すっと引き込まれてしまう映画のサウンドトラックの様なバロック・ポップがとても心地よい。 (Fumie)
4
HONEY COMA

UH BONES - HONEY COMA

シカゴのローファイ・ガレージ・ロッカーのデビュー・フルレングス!!

LP |  ¥2,500 |  RANDY (USA) |  2015-08-01 [再]  | 
ローファイ・ガレージきたーーっ!格別良いわけでも悪いわけでもない、でも無いよりはあった方が断然楽しい。初期Black Lipsを彷彿とさせる超ローファイなフラワー・パンクと、SeedsやLoveばりの60's正統派サイケ・ガレージが融合した、グルーヴィー感満載の1枚。ぜひペイズリー柄のシャツを着て踊って下さい。これ良いっす。 (Saki)
5
LIQUID HOUNDS

SUEVES - LIQUID HOUNDS

シカゴ発の超ローファイ・ガレージ・パンクバンドのデビュー・シングル!!

7" |  ¥1,050 |  HOZAC (USA) |  2015-10-11 [再]  | 
シカゴのガレージ・パンク・バンドSueves、同郷のパンク・レーベルHozacより初のシングル・リリース!荒さと勢いのある演奏、聴いているとつい暴れ出したくなってしまう!ぜひとも爆音で聴いていただきたいレコード。B面のBricks'n'Bonesもパンクの焦燥感たっぷりでおすすめ。 (Fumie)
6
FIRST 8 MISTAKES

BIRTH DEFECTS - FIRST 8 MISTAKES

要注目のガレージ・パンク・バンドから激熱ファースト・フル・アルバムが到来。

LP |  ¥2,800 |  GHOST RAMP (USA) |  2015-08-07 [再]  | 
Thee Oh Seesのオリジナル・メンバーの1人であるPetey Dammitをベースに擁する、この男臭いおじちゃんバンドのデビュー・アルバムをプロデュースしたのは、今やその名前を聞かない日は無いほどの売れっ子であるTy Segall。そして、リリース元はWavvesのNathan Williams主宰レーベルGhost Rampという、西海岸ガレージ・シーンの【今の顔】が揃った話題のガレージ・ロック・バンド!!「ロックが好きなんじゃー!」と言わんばかりな、暑苦しいくらいの勢いがあって楽しい。 (Saki)
7
VINCEBUS ERUPTUM

BLUE CHEER - VINCEBUS ERUPTUM

ベイエリア轟音サイケ・ロック★E.コクラン"Summertime Blues"彎曲カヴァー!!

LP |  ¥1,650 |  PHILIPS (USA) |  2018-02-14 [再]  | 
アメリカのハードロック・バンドBlue Cheerが、1968年に発表したデビュー・アルバム。ロカビリー奏者Eddie Cochranの"Summertime Blues"を、爆音でハードにカヴァーしたヴァージョンから始まるこのアルバム、個人的に夏になるとなぜか聴きたくて仕方がなくなってしまうので、同士を求めてここでご紹介。 (Fumie)
8
MIRROR BEING

KVB - MIRROR BEING

自主カセットのみでリリースされていたインスト・アルバムがヴァイナル化!!

LP |  ¥2,450 |  INVADA (GBR) |  2016-10-26 [再]  | 
サイコパスチックなダーク・ウェイヴを聴かせてくれる、ロンドンの男女デュオKVB。2年前にBang the Noiseの2人で行った、『Liverpool Psych Fest』にも出てました!サイケな要素も無きにしも非ずだけど、アウタースペースにトリップする系というよりは、もっと内省的で根暗。こちらはインストの楽曲のみを集めたアルバムなので、彼らのインダストリアル・テクノなサイド・プロジェクト、Burma Campが好きな人のアンテナも反応するはず! (Saki)

Bang the Noise

Profile

これまで個人で音楽拡散活動を行ってきたフミエとサキが2010年にイギリスで運命的な出会いを果たし、互いの音楽に対するフラストレーションと激しい愛情が爆発した結果生まれたアーティスト・ブッキング・エージェンシーBang the Noise。2013年より活動開始、ガレージ・ロック、サイケ・ロック、ローファイ・パンクを主なジャンルに海外バンドの日本ツアーサポート、日本バンドの海外進出サポートを行う。DJ歴8年のフミエとDJ歴1年にも満たないサキの凸凹コンビで展開するDJ活動は、年代を問わずトリッピーなハードサイケから荒削りなガレージパンクまで、常にフロアに「踊れる異空間」をお届けすることを念頭に置いている。なんてかっこいいこと言っちゃってますけど、ただ好きな音楽をかけてみんなとぶっ飛びたいだけです。てへ。

Web Site

Event Information

4/22(金) 『You Are Alone When You Are Dancing』 @ Ruby Room, 渋谷 4/23(土)『STYLE BAND TOKYO 2016』 @ Tsutaya O-nest, 渋谷 5/10(火) @ Heavy Sick, 幡ヶ谷