Bang the Noise / 2016-01-06

1
テクノ・ナルシスのすべて

BURGH - テクノ・ナルシスのすべて

Hysteric Picnicから突然の改名。東京発ポスト・パンク・バンド、Burghのファースト・フル・アルバム!!

CD |  ¥2,484 |  P-VINE (JPN) |  2015-12-08 [再]  | 
Hysteric Picnicから改名したBurgh(バーグ)初のフル・アルバム。1曲目から、不穏な空気漂う刺激的な世界に引っ張り込まれるカッコよさ。最後までドキドキが止まらない中毒性の高い1枚です。絶対に海外でも受け入れられる存在!(Saki)
2
HAHA

GARDEN - HAHA

Bugerからのリリースで人気を集めてきた西海外ネオ・パンク・デュオ!!

LP |  ¥3,150 |  EPITAPH (USA) |  2016-05-05 [再]  | 
2013年に1stアルバムをリリース、来日も果たしたアメリカ西海岸の美男子ローファイ・パンク・ツインズ、Gardenの2ndアルバムが到着!「既存の音楽ジャンルや考え方に捕らわれず単純に創造性を表現すること」を意味する彼らの造語、「Vada Vada」をモットーに掲げる2人。ドラムとベースのみで構成されたそのサウンドは、ミニマルでダーティーで、とても自由。アンニュイな表情でパンク精神たっぷり。ライブを想像しながら聴くとかなり楽しい!(Fumie)
3
JIVARO WITNESSES

GERMAN ARMY - JIVARO WITNESSES

Cabaret Voltaire, Dark DayそしてHafler Trioなどを思わせるゴーストリー・シンセ・ウェーヴ。

LP |  ¥2,450 |  BURKA FOR EVERYBODY (ESP) |  2014-08-16 [再]  | 
イタリアの血なまぐさいカルト・ホラー系音楽をリリースするYerevan Tapesから、去年の11月に最新アルバムを発表した正体不明デュオ、German Armyの2014年作!ヘタレ・ポップもあり、ダークなシンセ・ウェーヴもありの、摩訶不思議ワールド炸裂盤。やっぱり不思議な人たちです。(Saki)
4
ASHRAM TO THE STARS

HERBCRAFT - ASHRAM TO THE STARS

USポートランド拠点のオーガニック・サイケ・フォークデュオのセカンド・アルバム!!

LP |  ¥1,700 |  HELLO SUNSHINE (USA) |  2015-11-20 [再]  | 
年末にHerbcraftの新譜を何回も聴いたので選びました。オーガニックでトリッピーなアシッド・フォーク。1月8日に三軒茶屋のOrbitであるBang the Noise初主宰イベント、『Amy's Spacy Boyfriend』で流れる可能性の高い音楽です。遊びに来てね!(Saki)
5
S.T.

SCREATURE - S.T.

女性ヴォーカルのゴス・リヴァイヴァルなポスト・パンク・バンドのデビュー・アルバム!!

LP |  ¥2,400 |  S-S (USA) |  2015-08-24 [再]  | 
カリフォルニアのサクラメントで2008年に結成も、谷の奥深くで日の光も浴びずに静かに活動してきたポスト・パンクバンド。5年経った2013年に待望の1stアルバムを自主リリース。ボーカルLiz Mahoneyのダークで憑依的な歌声に、ギターChristopher Orrのファズペダルを大量に使った難解なサウンドが、インディー・ロック界に黒い息吹を吹き込む。(Fumie)
6
WAWAYANDA PATENT

BLACK DIRT OAK - WAWAYANDA PATENT

フリーフォーク/サイケ界の凄いメンバーが集結! アヴァン・クラウト〜スピリチュアル・フォーク傑作!

LP |  ¥2,850 |  MIE MUSIC (GBR) |  2014-05-05 [再]  | 
サイケやフリー・フォーク界の凄い面子が一堂に会して制作された、アシッド・フォークな1枚。民族楽器を巧みに用いて、絶妙な世界感を創り出しています。基本は女性ヴォーカルなのに、突然Tom Waitsみたいな渋いしゃがれ声が登場する(A4)がお気に入り。(Saki)
7
BOW

DAVID STACKENAS - BOW

これぞエクスペリメンタル x インプロヴァイゼーション!渋い。

CD |  ¥2,600 |  KNING DISK (USA) |  2015-12-25 [再]  | 
まさかアコースティック・ギターと扇風機でこんなノイズが出るなんて!スウェーデンのジャズ・インプロアーティストDavid Stackenasは、電子を加えることで変化するギターの音色を研究し、新たな音楽世界を開拓してきた切れ者。『Bow』は、5本のレヴィン・アコースティック・ギターに扇風機の風を当てて生み出された、エクスペリメンタル・インプロヴィゼーション・サウンドが36分続く1曲のみ収録のCD。この人は一体なぜこんなことを思いついたのか、と思いつつも、彼の世界にどんどん引きずり込まれていく。(Fumie)

Bang the Noise

Profile

これまで個人で音楽拡散活動を行ってきたフミエとサキが2010年にイギリスで運命的な出会いを果たし、互いの音楽に対するフラストレーションと激しい愛情が爆発した結果生まれたアーティスト・ブッキング・エージェンシーBang the Noise。2013年より活動開始、ガレージ・ロック、サイケ・ロック、ローファイ・パンクを主なジャンルに海外バンドの日本ツアーサポート、日本バンドの海外進出サポートを行う。DJ歴8年のフミエとDJ歴1年にも満たないサキの凸凹コンビで展開するDJ活動は、年代を問わずトリッピーなハードサイケから荒削りなガレージパンクまで、常にフロアに「踊れる異空間」をお届けすることを念頭に置いている。なんてかっこいいこと言っちゃってますけど、ただ好きな音楽をかけてみんなとぶっ飛びたいだけです。てへ。

Web Site

Event Information

4/22(金) 『You Are Alone When You Are Dancing』 @ Ruby Room, 渋谷 4/23(土)『STYLE BAND TOKYO 2016』 @ Tsutaya O-nest, 渋谷 5/10(火) @ Heavy Sick, 幡ヶ谷