CRYSTAL (クリスタル) / 2009-02-01

1
SUBTELLITE

TIMO MAAS - SUBTELLITE

ベテランTIMO MASSが放つ大傑作トライバル・テクノ・トラック!

12" |  ¥1,200 |  COCOON (DEU) |  2009-01-30 [再]  | 
呪術的なパーカッションと超重量級のビートで引っ張った後に投入される民族調のアコースティックギター。そしてキックとベースの抜き差しと共に次から次へと襲いかかるノイズの数々。12分にも渡って展開される正にビッグ・ボムです
2
SURROUNDED BY WEATHER (BONUS EP)

POPNONAME - SURROUNDED BY WEATHER (BONUS EP)

極楽音響ミニマルあり、ドファンキーなカットアップ・ミニマルあり、の大傑作!!

12" |  ¥1,200 |  ITALIC (DEU) |  2009-04-18 [再]  | 
↑とは趣向がガラッと変わりますが、POPNONAMEアルバム収録曲"THE MOVEMENT"の別バージョン。オリジナルよりもDJでかけやすいのはこちらでしょうか。この録音したボーカルを素材としてレイヤーしていくっていう手法は、FOUNTAIN MUSICからのシングル『SAVE THE WORLD』でもやってました。そちらはよりアッパーな曲調でしたが良かったです。
3
FROM A TO B

HOBO - FROM A TO B

期待の新鋭JOEL BOYCHUKによるプロジェクトHOBOデビュー!

12" |  ¥1,200 |  MINUS (DEU) |  2009-04-18 [再]  | 
またまた趣向が変わりますが、ミニマルではこれが好みでした。細かな展開が仕掛けられていていつの間にか引き込まれます。MINUSからのリリースですが、MINUSと言えば、http://jp.youtube.com/watch?v=4QQjYE0rvAU こちらのリッチー・ホウティンのインタビューが、彼の考えを垣間見れてなかなか興味深かったです。
4
SIXTY FOUR

MARC HOULE - SIXTY FOUR

MINUSの天才ミニマリストによるドファンキー・ミニマル傑作アルバム!!

2LP |  ¥2,450 |  MINUS (CAN) |  2009-03-06 [再]  | 
そしてMINUSからリリースするアーティストで、特に好きなのはこのMARC HOULE。初期シカゴ・ハウス、あるいはジャーマン・ウェーブのヤバい部分だけを抽出し、現在のミニマルの感触も追加したそのスタイルはかっこよすぎです。"MEATIER SHOWER"はイントロとアウトロに配置された、適当にエレピを弾いただけのような意味不明な箇所が特に素晴らしい。
5
CAN U FEEL IT

[USED] CHEZ DAMIER - CAN U FEEL IT

12" |  ¥1,814 |  KMS (USA) | 
最近個人的にKMS再評価熱が高まってたので、旧譜ですがちょうどJET SETさんに在庫あったこちらを。シンプルに繰り返されるオルガンのリフと効果的なボーカルの使い方、そしてフィルで入ってくるエレクトロニック・タムが今聴いてもいい感じです。

CRYSTAL (クリスタル)

Profile

95年からDJを開始。トラックメイカーとしてはk404とのTraks Boys(トラックス・ボーイズ)名義で、2007年7月に1stアルバム「Technicolor」、2008年10月に2ndアルバム「Bring The Noise」を発表。また川崎工場地帯の某工場屋上にて行われているインダストリアル・レイブ・パーティー「DK SOUND」では、Traks BoysとしてレジデントDJを勤める。2010年7月に、日本産のエレクトロニック・ミュージックを中心に構成したオフィシャルDJミックス「Made In Japan “Future” Classics」を発表。2011年12月には、Crue-L Recordsより12inchシングル「Heavenly Overtone」をリリース。ポップスバンド「(((さらうんど)))」のメンバーとしても活動中。

Web Site

Event Information

06.08 @ Batica(東京:恵比寿) 07.05 @ Domina(名古屋) 07.19 @ Metro(京都)

Release Information