galcid / 2018-07-31

1
DOLO 3

DOLO PERCUSSION - DOLO 3

ランダムなパーカッションワークが炸裂する激ヤバなシリーズ最新作出ました!!

12" |  ¥2,100 |  THE TRILOGY TAPES (GBR) |  2018-08-16 [再]  | 
何かが始まる!というワクワク感をそそる1曲目から始まるこの一枚。名前からもわかる通り、素晴らしいパーカッションワーク!これは欲しいっ!
2
GUTZ

AN-I - GUTZ

N.Y、Minimal Wave傘下、CititraxからのキラーEPを極少リストック致しました!!

12" |  ¥2,950 |  CITITRAX (USA) |  2018-06-01 [再]  | 
ダークなマシンビートが好み!!このビートの重さがヘビーインダストリアル!って感じでいい!!いい音してるっ!
3
THE ELEMENTS EP

LE OFFICINE DI EFESTO - THE ELEMENTS EP

濃密すぎるエクスペリメンタルな電子音の嵐。"Spazio Disponibile"渾身の新作!!

12" |  ¥1,350 |  SPAZIO DISPONIBILE (SWE) |  2018-09-17 [再]  | 
このエクスペリメンタル感、超好み!一瞬にして異空間に引きずり込まれるかのよう。暑い日も涼しげな気分になる一枚。
4
RAMOS

PLOY - RAMOS

年間ベスト!! 各地でヘヴィー・プレイされている、タム連打炸裂のレフトフィールド・ダンス!!

12" |  ¥1,600 |  TIMEDANCE (GBR) |  2018-10-22 [再]  | 
何このリズム!!!跳ねるようなこの軽快なリズムに思わず首だけじゃなく体が動いてしまう素晴らしい一枚!!
5
MIRVARIATES

METASPLICE - MIRVARIATES

度肝を抜く電子音塗れの強烈エクスペリメンタル・地下サウンド!

2x12" |  ¥4,100 |  THE TRILOGY TAPES (GBR) |  2018-08-13 [再]  | 
超エクスペリメンタルなこの一枚。もちろん私の好み。もう、これアートの領域。

galcid

Profile

Lenaによるテクノ・ユニット。齋藤久師をプロデューサーに13年結成。「No PC! No Preset! No Preparation!」を掲げ、アナログ・シンセサイザーを巧みに使いこなす、「完全即興」スタイル。2016年02月、インド・ムンバイにて開催された文化庁海外メディア芸術祭等参加事業「The Medium as Somatic Impulse - 身体的衝動としてのメディウム」に参加するなど、メディアアート・シーンにも進出。同年12月、第一回目であるTDME(Tokyo Dance Music Event)で行われたBoiler Roomで、紅一点、一人でモジュラー、リズムボックス、ミキサーなどを操るその姿が話題となり、galcidのみのビュアー数が、二週間で36万を突破。更にFacebookでは500以上のシェア数を叩き出すなど、Boiler Room内部でも一躍話題に。デジタル・フォーマットにてワールドワイド・リリースされた記念すべき1st.アルバム 『hertz』(Detroit Underground)は発表されるや否や、カール・ハイド(Underworld)やクリス・カーター(スロッビング・グリッセル)を始めとする世界の名だたるアーティストたちから賞賛が後を絶たない。時には鋭利に、時には繊細に、緊張と解放を繰り返しながら予測不可能なグルーヴを生み出し、機能的ダンス・ミュージックとサウンドアートとしての電子音楽の狭間を行き交うそのサウンドは、まさにデジタル・ファンクネス。ジャケットのアートワークは、galcidの音に魅了された一人であるデザイナーズ・リパブリックが担当。 http://galcid.com/

Release Information

MIX FOR JET SET

GALCID - MIX FOR JET SET

世界を虜にするLenaによるテクノ・ユニットgalcid初のミックスCD!!

MIXCD |  ¥0 |  JET SET (JPN) |  2017-11-10  | 
HERTZ EP

GALCID - HERTZ EP

Dommuneでのライヴ・パフォーマンスも話題になった齋藤久師プロデュースによる完全即興女性テクノ・デュオ “galcid”が登場!!

12" |  ¥1,620 |  DETROIT UNDERGROUND/COAXIAL RECORDS (USA) |  2016-10-28 [再]  |