Makkotron (ひよこ) / 2011-10-06

1
THE ALBUM

LATE GREAT FITZCARRALDOS - THE ALBUM

☆大推薦☆圧倒的な映像美に包まれる夏の終わりの決定盤、出ました。一生ものです!!

LP |  ¥2,000 |  FAKE DIAMOND (DNK) |  2011-09-26 [再]  | 
脂肪税で話題のデンマークからの1枚。曲後半になってやっとスティールドラムが入る、タイトルにちょっとだけ偽りありな浜辺チューン、A-1"Steeldrum"から癒される良いアルバムです。脱線しますが、アーティスト名のFitzcarraldosというのは、ヘルツォークのあの名作と関係があるのでしょうか?そんなインテリ風なことを考える自分が大嫌いです。
2
THESE DAYS / SOMEWHERE

EL POETA - THESE DAYS / SOMEWHERE

気持ちよすぎます~★「虹の彼方に」ハワイアン・カヴァーを超絶品チルアウト・ダブ・ミックス!!

7" |  ¥900 |  ELP (USA) |  2013-04-11 [再]  | 
本サイトでも言及してあるようにA面のNicoよりもB面ですよね。スタンダード「虹の彼方へ」のハワイアン・ダブ。そうくればハズしようがないでしょう。イヤでも癒されます。また脱線しますが、「虹の彼方へ」を聴くと、いつもManiac High Senceの"Come To The Conclusion"という曲を思い出します。こちらは癒しとは無関係の大暴れな名曲です。
3
ANCIENT ROMANS

SUN ARAW - ANCIENT ROMANS

まさに天才。ファンタジック・トリッピン・エクスペリメンタル・サウンドスケープ!!

2LP |  ¥2,500 |  SUN ARK (USA) |  2013-12-13 [再]  | 
錯乱した人ばかりが出てくる映画のサウンドトラックみたいなアルバム。四つ打ちの曲もあるけど楽しくは踊れないのが良い。トリップというよりは、ラリっている感じが充実した好盤でした。やっぱり癒しなんてクソ食らえだ。
4
GEE THEME / GROOVE WITH NO BASS

HO-KATS / INSTITUTE FOR EXPERIMENTAL MUSIC AND SOUND RESEARCH - GEE THEME / GROOVE WITH NO BASS

Soul Surfersに続いて、ロシアの新星ファンク・バンドがFunk Nightよりリリース!!

7" |  ¥1,050 |  FUNK NIGHT (USA) |  2013-12-04 [再]  | 
ディープファンク系が好きな人なら全買いのレーベル、と巷で評判のFunk Night。荒々しいワウギターが最高なA面も満点ですが、ベース無しのB面も素晴らしい。ファンクミュージックはベースとドラムが決め手だったりもしますが、あえてベースを抜いて挑戦、という心意気をかいたい。と言いたいところだけど、曲名でそれをバラしちゃっているのが凄くカッコ悪いなー。もっとさりげなくやって欲しいもんだ。
5
JESUS / THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY

GOSPEL SURFERS / RHYTHM COWBOYS - JESUS / THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY

デビュー7"がいきなり爆発ヒットとなった脅威の新人バンドSoul Surfersが変名でリリース!!

7" |  ¥1,050 |  FUNK NIGHT (USA) |  2011-08-24 [再]  | 
首に激痛がはしってきたので手短に書きますが、The Clashが大好きなので無条件で選びました。もちろんリー・ヴァン・クリーフの『続・夕陽のガンマン』です!
6
JUMP / SECRETS REMIXES

KRISS KROSS / ALICIA KEYS - JUMP / SECRETS REMIXES

☆話題沸騰☆子供ラップ永遠のアンセムとAlicia名曲をUKベース・リミックス!!

12" |  ¥1,100 |  SOUL MOTIVE WHITE (GBR) |  2011-09-26 [再]  | 
「回転数を変えても良い」(注:45回転のレコを33回転で、またはその逆で聴くこと)と書くことが多い私ですが、本盤のA面は「回転数を変えた方が絶対に良い」。逆回転から始まり太鼓がドンドコ。メガミックスばりに展開もいっぱいで、適当に突っ込んだような電子音が頻繁に出てくるのも良い。上着をズボンにしてしまうような妙なチクリン感はないので、御心配なく。正しい回転数(45回転)にすると速過ぎて、そのケミカル感が体に悪そうで、精神的にも体調的にもついていけません。それはともかく、はやく健康になりたいな…。

Makkotron (ひよこ)

Profile

神戸のバー『Gospel』勤務、大阪の『Meets』誌にての編集を経て、渡米。ニューヨーク市立大学映画科を中退後、ブルックリンにて中古レコードショップ『Weekend Records』を設立。DJ Shadow等のフェイヴァリット・レコードショップとしても知られる(http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/new-york-stories-hua-hsu)。DJとしての活動は、ウィリアムズバーグの『Galapagos』、イーストヴィレッジの『Black Star』、『イージー・バー』でのレギュラー ・パーティや、FMラジオ局『WFMU』での番組出演など。その後、諸事情により、やむなく帰国。某レコード店のバイヤー、音楽&映画ライター、DJなどで活動していたが、現在は『Weekend Records Tokyo』を何を思ったのか始めてしまって地獄のような模索の日々(http://weekendrecordstokyo.tumblr.com/)。JET SET TOKYOから徒歩1分。是非!

Web Site

Event Information

TBA

Release Information