Makkotron (ひよこ) / 2013-06-10

1
FIX MY LIFE

MELT YOURSELF DOWN - FIX MY LIFE

☆大推薦☆サックス二本を擁するブギ―でブロークンでパンクな雑食バンドがデビュー!!

EP |  ¥1,450 |  MELT YOURSELF DOWN (GBR) |  2014-01-29 [再]  | 
最近、嫌なことばかり起きて、気分は一足早く梅雨模様。嫌なことと言っても、呑み屋でグラス割ったり、オートロックで閉め出しを食らったり、冷蔵庫に入れていたマグロを忘れて腐らせたり、ひき逃げ犯に無視されたり、そんな程度のことなんですが。数ヶ月まえから「もうチャートでは愚痴らない!」と決心していたのですが、そんなことはどうでも良い。どーせ、誰も読んでいないのだから。で、肝心なチャートの方も一応。よくわからない新人バンドのようですが、何となくPinski Zooをアップデイトさせたようなファンキー・ポストパンクで、ムシャクシャした気分をさらにムッシャクッシャにしてくれるA面"Fix My Life"が最高!ひと暴れしたくなります!でも本当に暴れると警察行きなので、そんな時は当店のレコード倉庫へ。内容を覚えていない自主製作盤とかがバンバン出てきて、ポータブル・プレイヤーでそれらを聴きながらエアー買い付け感覚になってリラックス。あー、アメリカに行きたいなー。これはイギリスのバンド(多分)だし、また全く関係のないことを書いてしまいました。
2
ENJOY THE EXPERIENCE: HOMEMADE RECORDS 1958-1992

V.A. - ENJOY THE EXPERIENCE: HOMEMADE RECORDS 1958-1992

プライヴェート・プレス盤を大量に紹介したあの名著が音源化。コンピとなって登場!!

2LP |  ¥3,750 |  NOW AGAIN (USA) |  2016-01-03 [再]  | 
自主製作盤は、チープなアートワークが多く、音も「何じゃコリャ?」なモノが多い。しかしレコード好きにとっては、そこらへんもチャーム・ポイントですよね。そんな自主製作盤を時代、ジャンル、音質さえもバラバラに拾い集めたコンピレーション。何かアメリカのド田舎の兄ちゃんが編集したカセットテープを聴かされているようで最高です。ディスク・ガイド(?)の音源版らしいですが、日本でもこういう企画盤があればいいのになぁ、と思うのは私だけじゃないはず。でも音楽業界、出版業界、共に斜陽な日本では夢のまた夢でしょうね。金があったとしてもやらないでしょう、儲からないだろうから。そういったことをやってしまうアメリカは、やはり文化先進国かも。早く店を潰して、また住みなおしたい。さよなら日本。バイバイ。
3
CONFIDENTIAL EP

OGRE YOU ASSHOLE - CONFIDENTIAL EP

話題のリアレンジ・アルバム『Confidential』から、未アナログ化だった新録バージョン4曲をカップリングした12インチです!

12" |  ¥1,728 |  VAP / JET SET (JPN) |  2014-08-29 [再]  | 
私事ですが、十数年前、NYに住んでいた時に友部正人さんの紹介でウチに数日間居候(と書いたら失礼かな…)していたのが、OGRE YOU ASSHOLEのベーシストの清水さんということが、最近ツィッター経由で分かってビックリ。辞めようと思っていたツィッター、続けていて良かった!で、新しいアナログが出るということで聴いてみたら、最高でした!正直、バンド名は知っていたのですが、音は本作まで聴いたことがありませんでした…ごめんなさい。厚かましいことを承知で書きますが、清水さん、過去にリリースしたアナログ、何とかして手に入りませんでしょうか?要はチャート上での公開おねだりです!JET SETのスタッフによるとライブがまた最高らしいので、6月23日の『Shimokitazawa Indie Fanclub 2013』に店を休業してでも行きたい!1日くらい臨時休業しても誰も気がつかないような店だし。いや、1ヶ月くらい休んでも誰も気付かないのでは?それどころか無くなっていても誰も気付かないような…そんなあって無いような店『Weekend Records』を宜しくお願い致します。
4
GIRL & ROBOT WITH FLOWERS - REMIXES

GREG FOAT GROUP - GIRL & ROBOT WITH FLOWERS - REMIXES

Jazzman Gerald主宰の名門"Jazzmann"最新作!Vakula、Linkwoodらによるリミックス収録!

12" |  ¥1,200 |  JAZZMAN (GBR) |  2013-06-28 [再]  | 
正直、セカンド・アルバムはそんなに好きになれなかった(ファーストは最高)のですが、このリミックス盤は良かった。どこが良いのかって?そんなもの全曲試聴が出来るので自分で判断して下さい。イチイチ面倒見てられません。私の店の商品化で忙しいのです!敢えてオススメ・ポイントを書けば、A-1以外は33回転でもイケる(本来は45回転)ので得した気分になれるというところですね。
5
MERKABA

ALAN EVANS TRIO - MERKABA

Colemineからの7"が大好評だったオルガン・ファンク・トリオがアルバム・リリース!

LP |  ¥1,900 |  ROYAL FAMILY (USA) |  2013-03-12 [再]  | 
昨年のアルバムで申し訳ないのですが、全く話題になっていない上に、DJの際によくたずねられるので挙げます。残念ながら、ウリにしているディープ・ファンクっぽい曲はイマイチなんですが、さらに残念なことながら試聴ファイルには入っていないB面最後のスィート・ファンクな"Givin' to you"が素晴らしいんです。A-3"Life Is Harder to Live"もタマらない出来ですが、こっちの方が断然好みです。現行ディープ・ファンクという言葉があるくらいにファンク・サウンドは溢れていて、ヘドが出そうな時もありますが、現行スィート・ファンクはナカナカ無いと思います、少なくともアナログでは。まだまだ挙げたいレコードがいっぱいあるのですが、5枚以上挙げても意味がないことが分かったので、自分の仕事に精を出します。レコードって人間が嫌いになるくらいに本当に良いものですねー!

Makkotron (ひよこ)

Profile

神戸のバー『Gospel』勤務、大阪の『Meets』誌にての編集を経て、渡米。ニューヨーク市立大学映画科を中退後、ブルックリンにて中古レコードショップ『Weekend Records』を設立。DJ Shadow等のフェイヴァリット・レコードショップとしても知られる(http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/new-york-stories-hua-hsu)。DJとしての活動は、ウィリアムズバーグの『Galapagos』、イーストヴィレッジの『Black Star』、『イージー・バー』でのレギュラー ・パーティや、FMラジオ局『WFMU』での番組出演など。その後、諸事情により、やむなく帰国。某レコード店のバイヤー、音楽&映画ライター、DJなどで活動していたが、現在は『Weekend Records Tokyo』を何を思ったのか始めてしまって地獄のような模索の日々(http://weekendrecordstokyo.tumblr.com/)。JET SET TOKYOから徒歩1分。是非!

Web Site

Event Information

TBA

Release Information