Makkotron (ひよこ) / 2013-11-17

1
憧れのニューエラ / ラップごっこはこれでおしまい

ECD / SOAKUBEATS - 憧れのニューエラ / ラップごっこはこれでおしまい

ECDとsoakubeats、それぞれのアンセムを収録した夢のカップリング12inch!

12" |  ¥1,728 |  FINAL JUNKY / 粗悪興業 / JET SET (JPN) |  2016-10-16 [再]  | 
真夜中に喘息の強い発作を起こして、もう少しで孤独死しそうになった。ちょっとした事故で、左手の小指の爪が剥ぎ取れて、そのまま全く生えてこない。DVDを借りてきたら、あまりにもツマらなくて、その存在自体を忘れてしまい延滞料がスゴいことに。ここ最近も、そんな大したことではないけれど、やりきれないことばっかり。だからといってレコードばかりを聴いているってワケでもないんですが、本盤は特別。「憧れのニューエラ」は最高ですね~。毎日、毎日、何度も聴いています。聴くだけでは収まらず、夜になって仕事が終わり閉店準備をしながら、レコードにあわせて「客来ねんだ~、客来ねんだ~、残念ながら♪」と半泣きで勝手にアンサー(?)をしております。なんてことを書いたら失礼でしょうか?
2
AIRGLOW FIRES

LONE - AIRGLOW FIRES

エレガントなシンセ・ワークでレイヴ/UKハードコアにオマージュを捧げた傑作が限定リプレス!!

12" |  ¥1,250 |  R&S (BEL) |  2016-03-04 [再]  | 
ちょいと前のリリースで申し訳ありませんが、このA面"Airglow Fire"が、アップリフティングで高揚感のある1発で非常に良い。ところどころに「Ah!」っていう男性の合の手(?)が入るところなんかには、男だてらにグッときちゃったりします。野外イベントで聴いたり、ドラッグをキメて聴いたら更に高揚感が増すことでしょうね。まあ、野外イベントはパニック障害を起こすので行ったこともないし、ドラッグもやったことがないし、テキトーなこと書いているだけなので真に受けないで下さい。関係ありませんが、50歳になったらドラッグを始めて、腕は針跡だらけ、鼻は常にグズグズ、常にラリラリな生活をして、道を歩けば人が避けて通るような人間になってやろうと思っております。高血圧や喘息を乗り越えて50歳まで生きていられたらの話、ですけど。真っ当な将来なんてもうとっくに諦めました。
3
SUGAR & SPICE - 14 STUDIO1 ROCK STEADY SURE SHOTS

V.A. - SUGAR & SPICE - 14 STUDIO1 ROCK STEADY SURE SHOTS

うっとり惚れるブルー・コクソン時代の傑作ロックステディをコンパイル!!

LP |  ¥2,808 |  ROCK A SHACKA (JPN) |  2014-09-10 [再]  | 
大阪の名店、Drum&Bass Recordsがコンパイルした最高のロックステディ・コンピレーション。ささくれてしまった私の心をリセットしてくれるような優しい音楽。急に寒くなった今日この頃にもピッタリ、ホッコリ。関西に住んでいた学生時代、Drum&Bass Recordsが梅田東通り商店街を抜けたところの雑居ビルにあった頃、よく通っていたことを思い出したりして、シンミリ。当時はレゲエだけではなく、レアグルーヴもいっぱいあって、そっちばっかりを買ってましたけど。今でも大切な愛聴盤をたくさん購入いたしました。今更ながら、この場を借りてお礼させて頂きたいです。本当にありがとうございます。おまけにそれから20年以上たって、こんな素敵なレコードをリリースして頂き、重ね重ねありがとうございます。Drum&Bass Recordsさんにしたら「何のこっちゃ?」かも知れないですけど…。あと英語&日本語のライナーノーツが付いているのも素晴しい!ネットで情報だけならバンバン拾えますが、ライナーノーツにはそこにはないサムシングがある。皆さんもそう思いませんか?
4
LUKE VIBERT'S NUGGETS 3

V.A. - LUKE VIBERT'S NUGGETS 3

Luke Vibertがレアグルーヴ視点でライブラリー音源をコンパイル!!

2LP |  ¥2,250 |  LO RECORDINGS (GBR) |  2013-11-11 [再]  | 
それに対してロクにライナーノーツもなく(ジャケのステッカーにちょい書いてあるのみ)、ジャケ裏の曲目もデザインし過ぎて(おまけにダサい)、すごく見にくい、という不親切極まりないBurton Musicレーベルのコンピレーション。でもコンパイラーがルーク・ヴァイバートなので(?)内容は良い。だから我慢。大の大人が簡単に怒っちゃみっともない。怒るべきところで、強く怒らなければ! しかし本サイトの「全てを試聴する」が、いつの間にかに無くなっていたことには、ちょっと憤慨。チャートの4番目という目が届きにくいところに、そんな本盤とは関係ない意見をブチ込んでみました。「苦情」ではなく「要望」です、誤解なきよう。事情があるのかも知れませんが、また復活させて下さい。あれは非常に便利でしたから。皆さんもそう思いませんか?
5
DAMP CIRCUITS : THE GOLDEN ERA OF SYNTHESIZERS IN EAST ASIA - VOLUME 1

OSCAR YOUNG BAND - DAMP CIRCUITS : THE GOLDEN ERA OF SYNTHESIZERS IN EAST ASIA - VOLUME 1

香港の才人が70年代に残した強烈すぎる中華電子ポップが7"再発!!

7" |  ¥1,450 |  SHAM PALACE (USA) |  2017-01-29 [再]  | 
一見、「なんじゃこりゃ?」な再発盤ですが、映画『Mr.Boo』シリーズのバックで鳴っていそうなナカナカまともな内容であります。これまたどうでもいい話ですが、私が初めて自分で買ったレコードは『Mr.Boo.アヒルの警備保障』の主題歌7インチ。歌はもちろんサミュエル・ホイ。このまえ、久々に聴いてみましたが、あーあ聴かなきゃ良かった的な好内容でした。もう2度と聴く事はないでしょう。再見了!

Makkotron (ひよこ)

Profile

神戸のバー『Gospel』勤務、大阪の『Meets』誌にての編集を経て、渡米。ニューヨーク市立大学映画科を中退後、ブルックリンにて中古レコードショップ『Weekend Records』を設立。DJ Shadow等のフェイヴァリット・レコードショップとしても知られる(http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/new-york-stories-hua-hsu)。DJとしての活動は、ウィリアムズバーグの『Galapagos』、イーストヴィレッジの『Black Star』、『イージー・バー』でのレギュラー ・パーティや、FMラジオ局『WFMU』での番組出演など。その後、諸事情により、やむなく帰国。某レコード店のバイヤー、音楽&映画ライター、DJなどで活動していたが、現在は『Weekend Records Tokyo』を何を思ったのか始めてしまって地獄のような模索の日々(http://weekendrecordstokyo.tumblr.com/)。JET SET TOKYOから徒歩1分。是非!

Web Site

Event Information

TBA

Release Information