Makkotron (ひよこ) / 2013-12-16

1
RIGHT THING

ROSIE LOWE - RIGHT THING

Lana Del Rey x Jessie Wareなポスト・ベース時代の女性シンガーがロンドンより。

12" |  ¥1,550 |  37 ADVENTURES (GBR) |  2014-05-07 [再]  | 
本作を聴いて、まず思ったのが「とうとうトリップ・ホップ再評価の時代がくるのか!」です。近年、ソレっぽいものは数多くありましたが、A-1"Right Thing"なんて、ブレがないくらいにソレでしょう?3年以上も「近々、トリップ・ホップ・リヴァイヴァルがくる!」と言い続けた甲斐がありました。何事も信じ込んでいれば実現するもんなんですね。なーんて、これっぽっちも思っていません。勢いで書いてしまいました。おまけにトリップ・ホップ・リヴァイヴァルが来ても、いやらしい話ですが、私には何の得も無い。中古レコード屋で得するのは、その辺の在庫も大量に持っているであろう某大型チェーンくらいなもの。世の中、個人ではなく大きい組織が有利になるように出来ているのだ!というか、そんな世の中に我々自らが作り上げてしまったのだ!トリップ・ホップうんうんのどーでも良い事から、全く関係がない上に、話がデカくなり過ぎました、おまけに偉そうだし…。「お前に言われなくても分かっているよっ!」との声が聞こえてきそうですし…。何げにディスっているみたいだし…。
2
DIRTY COLLECTIONS VOL.2

JEREMIAH JAE - DIRTY COLLECTIONS VOL.2

Warp移籍後初のリリースとなる3部作、『Dirty Collections』の第2弾が登場!

7" |  ¥1,250 |  WARP (GBR) |  2013-11-27 [再]  | 
500枚限定シリーズの第2弾。シリーズ3枚ともに似たような感じ。当たり前、同じ人の作品だもの。例えば、3日間同じレストランに通って、ハンバーグ定食ばかりを頼んで「何だ!ここハンバーグは毎日同じ味じゃねえか!たまには変えろ!」と文句をいう人なんていないでしょう。ん?全くズレた例えですね…。そんなシリーズの中でたまたま私の好みだったのが、本作B面の"Shake $tunt"。どこが好みだなんて、ファミレスのアンケートじゃないんだから、いちいち書くのは面倒臭い。そんなことには誰も興味がないだろうし。試聴ファイルへどうぞー!
3
EL GRAN ESPIRITU

NUEVA COSTA - EL GRAN ESPIRITU

スペーシーでグルーヴィー、そしてスウィートなチリ産サイケ・ロック。

LP |  ¥2,750 |  BYM (CHL) |  2014-01-20 [再]  | 
1970年前後の電子サイケ・サウンドの完コピバンド?ジャケに貼ってあるステッカー以外、全てスペイン語なので、メンバー名(ラベルに書いてます)以外は、よく分からない。だから、これも500枚限定なのに、即完売どころか、本サイトのジャンル別の売上チャートにさえ挙っていないのか。だったら英語のステッカーなんか、メンバーが手分けしてムシり取っちゃって、「もう一生、何があろうと英語なんて喋らない、使わない!」くらいの心意気で頑張って欲しい。地球の裏側から偉そうに応援しています。No hablo inglesでノープロブレム。
4
OUR GENERATION

DJ NU-MARK - OUR GENERATION

2012年の名作『Broken Sunlight』から、随一のキラー曲がまさかの7インチ・リリース!

7" |  ¥1,250 |  HOT PLATE (USA) |  2015-06-01 [再]  | 
このレコードのリリースを知ったヒップホップ~レア・グルーヴDJの皆様の気持ちを代弁いたします。「何で最初から7インチでリリースしねぇんだよー!」。あ、今調べてみたら、10インチの方はインスト、アカペラ入りですね。んー、仕方がなかったのかな。良いふうに解釈しましょう。それにしても10インチじゃなくて、なぜ12インチで…。なーんて過去の話をしても元には戻らない。何があろうと、Life goes onなのです。
5
HOT PUNCH / MY METRO

DMX KREW - HOT PUNCH / MY METRO

レーベル・ボスDMX Krewによるモダン・エレクトロ・ファンク快作!!

7" |  ¥1,400 |  FRESH UP (GBR) |  2014-10-08 [再]  | 
わーーーい!クリスマスだ!その次には何とお正月までも!!!こんなキラびやかな音楽を聴いて、楽しく過ごしたいですねー!しかし現実には楽しい年末年始を迎えたことなんて殆どありません。むしろ、個人的には1年で1番、孤独を痛感する時期であります。特に元旦はヒドい。仕事は休みだし、みんな実家や家族で過ごして、ただでさえ友人が少ないのに、周りから全く人がいなくなるから。経済的理由で15年以上も実家で正月を迎えたことがない。帰りたいとは思いもしない、とはいえ独りで年越し蕎麦を食べる独身中年男の寂しさは、言葉には表せませんよ。今年も最悪な1年だったけど、来年もまたその記録を更新するかと思うと、今のうちから嫌な気分になってきました。嫌な気分だけを先取り。このレコードのことにほぼふれないまま、書くのも嫌になってきました。試聴ファイルで聴いてみて、気に入ったら購入するのが良いでしょう。せめて、このチャートを読んで下さっている方々だけには幸せな年末年始がきますよう祈っています。それでは。

Makkotron (ひよこ)

Profile

神戸のバー『Gospel』勤務、大阪の『Meets』誌にての編集を経て、渡米。ニューヨーク市立大学映画科を中退後、ブルックリンにて中古レコードショップ『Weekend Records』を設立。DJ Shadow等のフェイヴァリット・レコードショップとしても知られる(http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/new-york-stories-hua-hsu)。DJとしての活動は、ウィリアムズバーグの『Galapagos』、イーストヴィレッジの『Black Star』、『イージー・バー』でのレギュラー ・パーティや、FMラジオ局『WFMU』での番組出演など。その後、諸事情により、やむなく帰国。某レコード店のバイヤー、音楽&映画ライター、DJなどで活動していたが、現在は『Weekend Records Tokyo』を何を思ったのか始めてしまって地獄のような模索の日々(http://weekendrecordstokyo.tumblr.com/)。JET SET TOKYOから徒歩1分。是非!

Web Site

Event Information

TBA

Release Information