瀧見憲司 (KENJI TAKIMI) / 2013-02-24

1
DISCO NETWORK / FROG FUNK

BBII - DISCO NETWORK / FROG FUNK

過去2作品も爆発的な人気を見せた大人気、BBIIによる最新作が待望のリリース!

7" |  ¥1,150 |  FRESH UP (GBR) |  2013-03-16 [再]  | 
嫌いになれないタイプ。
2
WRITTEN IN DUST / WILD HONEY

ZSOU - WRITTEN IN DUST / WILD HONEY

100枚限定リプレス!!

12" |  ¥2,350 |  ZSOU MUSIC (GBR) |  2012-12-30 [再]  | 
"Wild Honey"は去年いろんな局面で散々かけた曲。これこそサイケデリック・ミニマルではないかと。備忘録としてあげておきます。
3
VANISH INTO LIGHT

CRYSTAL (TRAKS BOYS) - VANISH INTO LIGHT

大傑作アンセム"Heavenly Overtone"から約一年、Crystalによる待望のセカンド12"作品!

12" |  ¥1,620 |  CRUE-L (JPN) |  2013-08-26 [再]  | 
完全に”型”が出来て来たようなセカンド。こんな時代の陽性のバイヴの一例。両サイド共に外溝のイアキャッチがとにかく強力ですが、DJ的には両サイド内溝がじわじわプレイ頻度上がるはず。
4
BARBARELLA'S DISCO

CRUE-L GRAND ORCHESTRA VS TBD - BARBARELLA'S DISCO

Crue-L Grand Orchestraの人気"vs"シリーズに、NY地下シーンの真打ちTBDが登場!

12" |  ¥1,512 |  CRUE-L (JPN) |  2014-08-29 [再]  | 
モダンなアゲ、というか今日的な祝祭のテーマとしてのエネルギーのフェード具合のカーブと音響剛性、キープ力と爆発力のバランスが圧倒的。彼らの最高傑作ワークとも言える仕上がり。
5
2013

JUSTIN VELOR - 2013

Finder Keepers一派の最重要人物Dom Thomasによるソロ・アルバム!!

LP |  ¥2,000 |  BRUTAL MUSIC (GBR) |  2013-04-03 [再]  | 
サイケデリックでプログレッシヴな世界観と構成力の認識のモードに強度の更新欲求がうかがえる壮大な2枚組。ダンス・トラックの強度と出音も素晴らしく、様々な方向に開かれている気がするPsychedelic Now 2013。ジャケは初回盤の方がいいね。 http://www.jetsetrecords.net/jp/product/723004523202
6
WHEELS IN MOTION EP

MANHOOKER - WHEELS IN MOTION EP

"Ostgut Ton"が始動したサブ・レーベル"Unterton"第3弾作品!

12" |  ¥1,150 |  UNTERTON (DEU) |  2013-03-25 [再]  | 
どこも新しくないのに新しく聴こえるモダン・ハウス。メランコリックでハッピーな耳あたりと出音/テンションが極めて今日的。ネーミング/歌詞共に男心刺激系なので、場所/タイミングに注意するか、全くしないかで.....
7
THE ASPENS TURNING GOLD

VELFERD - THE ASPENS TURNING GOLD

"Balearic Gaba"シリーズでお馴染み"Hell Yeah!"最新作となる、傑作リマスター作品!

12" |  ¥1,400 |  HELL YEAH! (ITA) |  2014-05-11 [再]  | 
昨年イタリア・ツアーのロング・ドライヴ時にドライバーのBalearic Gabbaが何度もリピートしてた思い出のトラック。夕日を背にアドリア海を横目に南下するスロープにハマりまくってた。陽性の揚力のキープ具合が素晴らしい。
8
MAKE IT ACID (IDJUT BOYS REMIXES)

J KRIV & THE DISCO MACHINE - MAKE IT ACID (IDJUT BOYS REMIXES)

先行リリースされた第4弾に続き、Idjut Boysによる別バージョンのリミックス収録!

12" |  ¥1,450 |  FILE UNDER DISCO (GBR) |  2016-06-16 [再]  | 
ここ数年の彼らのDroid路線のAcidは、出音/展開共に素晴らしい。
9
KNALLDRANG

BORIS DLUGOSCH - KNALLDRANG

12" |  ¥1,150 |  POKER FLAT (DEU) |  2012-12-15 [再]  | 
こちらはメジャー感のあるAcid。テンション・キーパー。
10
SSKVERS0001

SSK - SSKVERS0001

Sam Cooke「Lost And Lookin'」を使用したディープ・ソウルフル・テック・ハウス!!

12" |  ¥1,150 |  WHITE (GBR) |  2013-03-30 [再]  | 
こちらもなんだかんだで重宝する一枚。出音もいいです。

瀧見憲司 (KENJI TAKIMI)

Profile

瀧見憲司はLeftfield/Alternative Discoシーンにおける真のパイオニアであり、今年21周年を迎える自身のレーベル[Crue-L]と共に日本の音楽界に影響力を持ち続けているDJのひとりである。2枚のオフィシャル・ミックスCDの他に、リミキサーとしてCorneliusやCut Copy、Phil Manzanera、Boris、Hiroshi Fujiwara、Sebastian Tellierなど数多くの作品を手がけ、「Crue-L Grand Orchestra」や「Luger E-Go」としての活動もワールドワイドな知名度と高い評価を得ている。2009年夏にはクロアチアの「Electric Elephant」フェスティバルに、またHorse Meat DiscoやBad Passion、ベルリンの://about blankなどにも出演。そして彼のミックスは、昨年の「Beats In Space」で"最も聴かれたミックス"に選ばれている。2012年3月にはコンピレーション・アルバム『Crue-L Cafe』をリリース。新名義「Being Borings」では、"Love House of Love"に続く2nd 12inch Vinyl 「E-Girls on B-Movie (includes Eric Duncan Remix of "Love House of Love")」を8月に、デビュー・アルバム"Esprit"を9月14日にリリース予定。その他2012年には、複数のレーベルから新作とリエディットをリリース、Australia,EUツアーも予定している。

Web Site

Event Information

2013.02.23.(SAT)Black Cream feat.Kenji Takimi@Mago(Nagoya) 2013.03.16.(SAT)Dante's Party@Club F.A.P. 2013.03.22.(FRI)Being Borings Live@Unit 2013.03.23.(SAT)Versus Tokyo@Hikarie Hall 2013.04.05.(FRI)Substance@Koara 2013.04.06.(SAT)Love 2nd Anniversary Part@Hikari Lounge(Aichi)

Release Information