三浦 信 / 2008-12-01

1
RITUALS

NICOLA CONTE - RITUALS

ユーロ・ニュー・ジャズのマエストロが贈るモーダル&スタイリッシュな激傑作サード・アルバム!!

2LP |  ¥2,800 |  SCHEMA (ITA) |  2014-05-22 [再]  | 
ギターを持ち出したマエストロはよりモードなベクトルに向かっているつもりも、まだクラブ・ジャズの範疇に収まっているから良いのかと。これから更にリアルな方向に向かうのであれば、ちょっと残念。
2
MUSIC TAKES ME UP

MR SCRUFF & ALICE RUSSELL - MUSIC TAKES ME UP

天才ビート・メイカーMR SCRUFFがALICE RUSSELLをフィーチャー!!!NINJA TUNA限定12インチ・シリーズの第3弾!!!

12" |  ¥1,200 |  NINJA TUNE (GBR) |  2009-04-30 [再]  | 
ヨーロピアンジャズが押し上げられてきて、そのあたりからジャズが好きになったヒトもいるでしょう。でもこれは本来"血"で演奏される音楽。魔女宅のキキも"血"で飛ぶ。だからこの黒いグルーブがたまらない
3
POSITIVELY INCLINED

WAX TAILOR - POSITIVELY INCLINED

AMY WINEHOUSEがエッフェル塔で歌ってる感じ!!!切なさいっぱいブレイクビーツ・ポップ!!!

12" |  ¥1,400 |  ATMOSPHERIQUES (FRA) |  2008-02-28 [再]  | 
西海岸のアングラヒップホップが好きな頃があって、その荒いテイストに近しいものをここでも感じる。ただ挟まれる哀愁のバイオリンにフランスのエスプリを感じて、アメリカのものとは差別化されているかと。
4
JUMP UP GET DOWN

DETBOI - JUMP UP GET DOWN

UK辺境ディスコ・シーンの新星!Machines Don't Careにも参加する天才Detboiのソロ・デビューEP!

12" |  ¥1,300 |  SKINT (GBR) |  2016-07-08 [再]  | 
先日行ったBRUTUSのシークレットパーティーにて、流行のダンスのミュージックを勉強してみたり。時代に合わせちゃうならこんなカンジが好き。音楽はとことんミクスチャーされていくのだろう。
5
STAR GUITAR PT.1

SHINICHI OSAWA - STAR GUITAR PT.1

CHEMICAL BROTHERSのスーパー・クラシックをカヴァーした激ヒット・シングル!!

12" |  ¥1,200 |  DATA (GBR) |  2009-05-07 [再]  | 
そのパーティーでのレジデントは大沢さんだった。エレクトロなサウンドを僕の周りは好まないけれど、常に変化を続けるこの人のキャリアはマイルスのようでいて、いつも気になる。

三浦 信

Profile

90年代後半よりDJ活動をスタート。Routine Jazz、Blue Cafe、Groove Room等名立たる生音系ジャズイベントにてレギュラーを務め、現在は渋谷オルガンバー、並木橋アマランスラウンジを活動の拠点とする。トラックメイクの処女作はレディメイドのブレイクビーツコンピに収録され、以後岩村学、中塚武が監修する各オムニバスアルバムに参加。自身の主催するcomedy tonightレーベルからはソロ名義monsieur mieuraxでデビュー盤をリリースした後、Emi Kawano Trio、Yoshioka Kerouac等のプロデュースを手掛けた。座右の銘は「スイングしなけりゃ意味がない」。

Event Information

毎月第3土曜日「Routine Jazz」 @渋谷オルガンバー 偶数月第2土曜日「THE PERMANENT BOHEMIANS」 @並木橋アマランスラウンジ

Release Information

"Comedy Tonight" catalog *12inch 「DADA e.p.2」(CTEP-004)-monsieur mieurax 「DADA e.p.」(CTEP-001)-monsieur mieurax 「fushika no kioku」(CTEP-003)-mizz 「rainy day」(CTEP-002)-emi kawano trio *7inch 「magic moment ride」(CTSP-001)-yoshioka Kerouac *mix CD 「DADA volume1~3」(CTMT-004~006) 「permanent bohemians」(CTMC-004) 「the show must go on」(CTMC-003) 「be bop or do something」(CTMC-002)