RYUHEI THE MAN / 2011-01-28

1
G&S / GID TOGETHER

DIABOLICAL TWO - G&S / GID TOGETHER

MUROさんの11154から、強烈ブレイク搭載キラー・ファンク・リエディット7"がリリース!!

7" |  ¥1,080 |  11154 (JPN) |  2011-01-25 [再]  | 
MURO氏主宰のレーベル11154から。謎の覆面ユニットDIABOLICAL TWOによる、謎の極上グルーヴのエディット盤です。強烈なホーンを含んだドラム・ブレイクから始まる、カレッジ系のドープなファンク~ジャズ・ファンク"G & S"、中盤に強力なドラム・ブレイクを収録した疾走感溢れるヴォーカル・レアグルーヴ"Gid Together"ともに最高です!手が真っ黒になるまで日々レコードを捲るお二方ゆえの成せる業でしょう。今後のリリースも非常に楽しみです!
2
LOVING YOU (IS TO FAR OUT) PTS 1 & 2

6 DEGREE SOUTH - LOVING YOU (IS TO FAR OUT) PTS 1 & 2

Jazzman傘下Fryersから、ディープ・ファンク・アンセムが再発です!!

7" |  ¥1,000 |  JAZZMAN / FRYERS (GBR) |  2011-01-26 [再]  | 
テキサス州ダラス産のディープ・ファンク。私のお店の相方、尾川氏やIan Wrightのクラシック・チューンとしても知る人ぞ知る一曲。J.C. Davis"New Day"などと並び、究極の哀愁系ファンクとして世界中のコレクター/DJが血眼でさがしています。オリジナル盤は今のところ現存確認枚数10枚以下、ん~いや5枚以下位でしょうか。このオフィシャル再発は、Gerald(Jazzman)やIan Wrightの相棒としてそのアクティヴな手腕を発揮している若手のホープ、Fryerによるスーパ・グット・ジョブです。テキサスのアーティストを電話帳片手に片っ端から電話をかけ、州を飛び越えたアトランタで見つけるというあくなき執念に拍手を送りたい。レコードは執念で引き寄せる。
3
REACH OUT, I'LL BE THERE

LEE MOSES - REACH OUT, I'LL BE THERE

Jazzmanの7"第80作目は、Lee Mosesのハードヒッティンなへヴィ・ファンク!!

7" |  ¥1,000 |  JAZZMAN (GBR) |  2011-06-20 [再]  | 
1960年代後半から1970年代前半にかけてニューヨーク~ニュージャージーを拠点に活動したヴォーカリスト兼ギタリスト、Lee Mosesによる作品。タイトでグルーヴィな「Time & Place」や、重量感のある「Got That Will」など、最高のファンキー・ソウルを収録したアルバム『Time & Place』がファンク~レアグルーヴのファンに根強い人気です。本作のオリジナル盤はMUSICORレーベルから7インチのみでリリースされており、レアなコレクターズ・アイテムとして知られています。Four Topsのモータウン・クラシックをファンキーなアレンジでものの見事にカヴァーした「Reach Out, I'll Be There」。イントロの跳ねに跳ねまくったドラム・ブレイクもバッチリです!
4
OUR GENERATION

J.PERIOD, JOHN LEGEND, THE ROOTS, PETE ROCK & CL SMOOTH - OUR GENERATION

黄金メンツで挑む最高にソウルフルなJ.Periodのリミックス!

12" |  ¥1,700 |  TRUELEMENTS (WHITE) (USA) |  2011-04-08 [再]  | 
昨年リリースされた数多くの作品の中でも、特に内容の素晴らしさと鋭く本質的な部分にスポットを当てた時代感覚が印象的だったJohn Legend & The Rootsによるアルバム『Wake Up!』。更にそのアルバムの中でもひと際ヘヘッズの魂を揺らしたのが、Ernie Hinesによるスタックス・ファンク・クラシックのカヴァーとなる"Our Generation"だろう。その"Our Generation"をJ.PeriodがPete Rockのラップをプラスし、よりヒップ・ホップ・フィールにリメイク。Ernie Hines"Our Generation"をサンプリングしたPete Rock & C.L. Smoothによるクラシック"Straight It Out"と同様、イントロがSimtec & Wylie"Bootleggin'"のビートで始まるニクい演出にもヤラれるハズ!やはり仕掛けのある作品は楽しい。
5
BSTRD BOOTS 13

WHISKEY BARONS - BSTRD BOOTS 13

激強力盤★ラテン・クラシックをクンビア~4/4・スタイルで洒脱にホットに超最高リエディット!!

12" |  ¥1,200 |  BSTRD BOOTS (USA) |  2011-07-25 [再]  | 
マサチューセッツ州ボストンを拠点に活動するDJデュオ、Whiskey Baronsによるラテン・クラシックのリミックス/リエディット作品。Willie Colonによるラテン・クラシックをクンビア・フィールにリメイクした"La Murga Skank"、La Protestaによるラテン・クラシックをアグレッシヴかつエモーショナルなラテン・ディスコ・フィールにリメイクした"Tumbao!"、"Esperanza"、Latin Brothersによるラテン・クラシックをラテン・ディスコ・フィールにリメイクした"Gordo Y Sabroso"と全曲現場での即戦力です!どんなかけかたをするかは、あなた次第です。

RYUHEI THE MAN

Profile

90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJを中心とした音楽活動を開始、都内で開催されているイヴェント『WAH WAH』、『HONEY DRIPPIN'』、『EXTRA EXTRA』を中心に全国各地でプレイ。ファンク~ソウル~レアグルーヴ~ヒップホップを中心に、ジャンルと年代を完全に超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、オリジナリティーに溢れた黒いグルーヴを生み出すDJの1人としてファンの絶大な支持を得ている。2001年よりレコード・ショップuniversounds(www.universounds.net)を主宰、黒人音楽全般にわたる豊富な知識に基づいた品揃えで、国内外のトップDJやコレクターから絶大な信頼を集めている。2002年、DEV LARGE、DJ DENKA、KASHI THE HANDSOMEらとの伝説的ミックス・テープ『BROTHERS ON THE RUN』の発売を皮切りに、2003年にはDJ SHADOWのアルバム『THE PRIVATE REPRESS』に日本人代表として参加。2004年から2010年にかけては人気ミックスCDシリーズ『A MESSAGE FROM THE MAN』を計4タイトル発表、いずれも好評を得る。2005年には国内初となるファンクの7インチ限定ディスク・ガイド『FUNK 45's』に、2009年にはレアグルーヴのバイブル的ディスク・ガイド『Rare Groove A to Z』にそれぞれ筆者として寄稿。同年には自身のキャリア初となるオフィシャル・ミックスCD『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。2010年にはフジ・ロック・フェスティバルにDJとして出演、またオフィシャル・ミックスCD第2弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 2』を発表。翌2011年にはKASHI DA HANDSOMEとの共作ミックスCD『SOUNDTRACK TO THE STREETS』をリリース、KGE the Shadowmen"Stay Stoned Pt.2"では遂にプロデューサーとしてもデビュー。2012年2月には公式ミックス第3弾『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3』を、翌3月には前述のCDにも収録された、Q.A.S.B. + RYUHEI THE MAN名義による自身初のバンド・プロデュース音源"The Mexican"の7インチ・シングルをリリース。現在に至るまで多角的な活躍を見せる傍ら、最近ではブロガーとしてMUROおよびKING INC.主宰の『KING INC. BLOG』にも参加、シーンの活性化に貢献している。

Web Site

Event Information

3/10 (金)  「SUPER FRIDAY」 @ 六本木  morph Tokyo http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/11 (土) 「EXTRA! EXTRA!」 @ 青山 蜂 https://www.facebook.com/events/646954392181064/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/17 (金) 「SOUND and FRIEND meets NUMERO GROUP」 @ 渋谷  THE ROOM https://www.facebook.com/events/371158766601148/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/18 (土)  「Soul Kitchen」 @ 熊本  RECORD HOUSE WOODSTOCK http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/19 (日 祝前日) 「SHAFT 5th Anniversary」 @ 福岡  Keith Flack http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/22 (水 17:30~)  「Lettuce東京公演」 @ 六本木 billboard LIVE tokyo http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10294&shop=1 http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/24 (金)  「INVICTUS」 @ 室蘭  RED HILL http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/25 (土)  「GHETTO FUNK presents HOT WAX」 @ 札幌  Drip Café https://www.facebook.com/events/1935788923321960/permalink/1940997922801060/ http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/31 (金)  「CHEAP THRILLS」 @ 渋谷  COCOON http://www.facebook.com/theman .ryuhei

Release Information