RYUHEI THE MAN / 2011-12-02

1
GANG OF THE TECHNIQUE

ULTIMATE 4TH - GANG OF THE TECHNIQUE

これはかなりキラーです! 超絶ファンキー・ダブルサイダー7"!

7" |  ¥1,080 |  SOUL & PEPPER PRODUCTION (JPN) |  2013-08-29 [再]  | 
日本を代表するファンク・イヴェント『In Business』や全国各地で活躍する4人組超アクティヴ軍団、Ultimate 4thによる記念すべきファースト・シングル。現場感覚が詰まりに詰まった、Kool & The Gang全開のファンキー・チューン"Gang Of The Technique"、Jimmy Smith"Root Down"をベースに、細かいネタ使いがニクい"Down With The Beast"ともに完全フロア仕様でカッコイイです。
2
A MAN FOR ALL REASONS

HILTON FELTON - A MAN FOR ALL REASONS

『Rare Groove A to Z』掲載、ジャズファンク・クラシック"Bee Bop Boogie"収録盤が再発!!

LP |  ¥2,700 |  SHOUT! (JPN) |  2013-02-27 [再]  | 
universoundsの相方、'The Master'尾川雄介が監修を手がける信頼の復刻シリーズ、Deep Jazz Realityから。ワシントンDCの伝説的ピアニスト、Hilton Feltonが自主レーベルに残した、フェンダー・ローズ・ジャズ・ファンクの最高傑作。レアグルーヴ史上に輝き続けるブレイクビーツ・ジャズ・ファンク・クラシック"Bee Bop Boogie"を収録。この曲は甘すぎず辛いすぎず本当に絶妙だなー。
3
THE WILHELM SCREAM / EEL OIL

BAMBOOS - THE WILHELM SCREAM / EEL OIL

活動10周年を記念スペシャル・7インチ。オドロキのJames Blake絶品ソウル・カヴァーです!!

7" |  ¥950 |  TRU THOUGHTS (GBR) |  2012-09-04 [再]  | 
オーストラリアの現行ファンク・バンド、Bamboosによるレア初期音源となる"Eel Oil"。今やオリジナル盤はヴィンテージ盤になっているので、この再発は嬉しいでしょう。硬質なビート/グルーヴを擁したMetersド直系のストレートなサウンドがハンパなくカッコイイです。個人的にも長い間プレイさせてもらっている21st Centuryファンク・クラシックです。
4
CAN'T NOBODY LOVE ME LIKE YOU DO

STORM - CAN'T NOBODY LOVE ME LIKE YOU DO

Keb Darge選曲コンピにも収録された灼熱ディスコ・ファンク!!

7" |  ¥1,200 |  GRAPEVINE (GBR) |  2012-02-17 [再]  | 
General Johnsonによる1978年のヒット・チューンをモチーフにしたと思われる、Stormによれうモダン・ソウル・ダンサーの金字塔"Can't Nobody Love Me Like You Do"。オリジナル盤は1985年にRosetteというマイナー・レーベルからリリースされており、レア・アイテムとして知られています。非常にアグレッシヴで男らしいヴォーカルと演奏が、いつ聴いても自分のソウルを燃え上がらせてくてます。
5
SOUL TIME!

SHARON JONES & THE DAP-KINGS - SOUL TIME!

USの現行ファンク/ソウル・シーンを代表するディーヴァSharon Jonesのレア・トラックス!!

LP |  ¥2,100 |  DAPTONE (USA) |  2017-05-18 [再]  | 
現行ファンク/ソウルのシーンをリードし続けるニューヨークのレーベル、Daptoneから。レーベルの看板アーティスト、Sharon Jones & The Dap-Kingsによる、アルバム未収録のレア音源集。イントロからホーン隊がブロウしまくる、貫禄の21st Centuryファンク・クラシック"Genuine Pt.1"がかっこ良過ぎます。

RYUHEI THE MAN

Profile

90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJを中心とした音楽活動を開始、都内で開催されているイヴェント『WAH WAH』、『HONEY DRIPPIN'』、『EXTRA EXTRA』を中心に全国各地でプレイ。ファンク~ソウル~レアグルーヴ~ヒップホップを中心に、ジャンルと年代を完全に超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、オリジナリティーに溢れた黒いグルーヴを生み出すDJの1人としてファンの絶大な支持を得ている。2001年よりレコード・ショップuniversounds(www.universounds.net)を主宰、黒人音楽全般にわたる豊富な知識に基づいた品揃えで、国内外のトップDJやコレクターから絶大な信頼を集めている。2002年、DEV LARGE、DJ DENKA、KASHI THE HANDSOMEらとの伝説的ミックス・テープ『BROTHERS ON THE RUN』の発売を皮切りに、2003年にはDJ SHADOWのアルバム『THE PRIVATE REPRESS』に日本人代表として参加。2004年から2010年にかけては人気ミックスCDシリーズ『A MESSAGE FROM THE MAN』を計4タイトル発表、いずれも好評を得る。2005年には国内初となるファンクの7インチ限定ディスク・ガイド『FUNK 45's』に、2009年にはレアグルーヴのバイブル的ディスク・ガイド『Rare Groove A to Z』にそれぞれ筆者として寄稿。同年には自身のキャリア初となるオフィシャル・ミックスCD『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。2010年にはフジ・ロック・フェスティバルにDJとして出演、またオフィシャル・ミックスCD第2弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 2』を発表。翌2011年にはKASHI DA HANDSOMEとの共作ミックスCD『SOUNDTRACK TO THE STREETS』をリリース、KGE the Shadowmen"Stay Stoned Pt.2"では遂にプロデューサーとしてもデビュー。2012年2月には公式ミックス第3弾『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3』を、翌3月には前述のCDにも収録された、Q.A.S.B. + RYUHEI THE MAN名義による自身初のバンド・プロデュース音源"The Mexican"の7インチ・シングルをリリース。現在に至るまで多角的な活躍を見せる傍ら、最近ではブロガーとしてMUROおよびKING INC.主宰の『KING INC. BLOG』にも参加、シーンの活性化に貢献している。

Web Site

Event Information

3/10 (金)  「SUPER FRIDAY」 @ 六本木  morph Tokyo http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/11 (土) 「EXTRA! EXTRA!」 @ 青山 蜂 https://www.facebook.com/events/646954392181064/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/17 (金) 「SOUND and FRIEND meets NUMERO GROUP」 @ 渋谷  THE ROOM https://www.facebook.com/events/371158766601148/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/18 (土)  「Soul Kitchen」 @ 熊本  RECORD HOUSE WOODSTOCK http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/19 (日 祝前日) 「SHAFT 5th Anniversary」 @ 福岡  Keith Flack http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/22 (水 17:30~)  「Lettuce東京公演」 @ 六本木 billboard LIVE tokyo http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10294&shop=1 http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/24 (金)  「INVICTUS」 @ 室蘭  RED HILL http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/25 (土)  「GHETTO FUNK presents HOT WAX」 @ 札幌  Drip Café https://www.facebook.com/events/1935788923321960/permalink/1940997922801060/ http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/31 (金)  「CHEAP THRILLS」 @ 渋谷  COCOON http://www.facebook.com/theman .ryuhei

Release Information