RYUHEI THE MAN / 2014-05-29

1
BRANDON LEE / APACHE

STEPAK-TAKRAW - BRANDON LEE / APACHE

"Apache"の痛快アフロビート・カヴァーも収録した第2弾7inch!

7" |  ¥1,404 |  MAN&LIB (JPN) |  2014-08-28 [再]  | 
関西を拠点に活動する日本が世界に誇る実力はアフロ・ファンク・バンドSTEPAK-TAKRAWによる待望中の待望のニュー・シングル。Incredible Bongo Bandによる名曲中の名曲をドープ&アグレッシヴに灼熱のアフロ・アレンジでカヴァーした"Apache"。"Apache"のアフロ・カヴァーは非常に珍しいと思います。アフロ・オリエンタルな"Brandon Lee"も最高です。
2
XSCAPE

MICHAEL JACKSON - XSCAPE

20世紀最大のポップ・スターMJの遺作第2弾となる未発表音源集がUS正規盤LPで登場!

LP |  ¥2,350 |  EPIC (USA) |  2014-11-26 [再]  | 
CD、デジタル、ラジオと世界中で大ヒットを飛ばしているMichael Jacksonの遺作とされる未発表集の第二弾。ポジティヴな意味でのディスコ回帰なトラックにMichael JacksosnとJustin Timberlakeのソウルフルなヴォーカルがマッチしすぎた極上のダンス・チューン"Love Never Felt So Good"などを収録。
3
G I R L

PHARRELL WILLIAMS - G I R L

"Happy"以外も最高! 先日の2LPに続いて遂にPharrell『G I R L』がUS正規盤LPで登場。

LP |  ¥2,700 |  COLUMBIA (USA) |  2014-09-08 [再]  | 
自身3ヶ月連続のチャート・インのPharrell Williams。この正規US盤に先駆けてリリースされた2枚組UK盤も瞬殺だった本アルバム。世界中のいたる都市・町で大ヒット・大拡散を続けるクラシック"Happy"はもちろんのこと、ファンキーなホーンな実にブギーなJustin Timberlakeをフィーチャーした"Brand New"も素晴らしいです。
4
WEST GRAND BOULEVARD

THIRD COAST KINGS - WEST GRAND BOULEVARD

Kenny DopeやMuroさんも絶賛のファンク・バンドが2nd.アルバムをリリース!!

LP |  ¥2,400 |  RECORD KICKS (ITA) |  2014-08-01 [再]  | 
フジ・ロック・フェスティヴァル2012では、新人ながらホワイト・ステージに大抜擢され会場をファンクの渦に巻き込んだデトロイトの現行ファンク・バンド、Third Coast Kingsによる待望の2ndアルバム。本作は彼らが生まれ育ったデトロイトの伝統/歴史からインスパイアされたもので、内容/ジャケットと強く地元デトロイトに捧げるものとなっている。
5
AT THE DIPSOTHEQUE

GREAT REVIVERS - AT THE DIPSOTHEQUE

Soul Surfersに続くロシアン・ファンク・バンドがFunk Nightより!!

7" |  ¥1,050 |  FUNK NIGHT (USA) |  2014-05-21 [再]  | 
デトロイトの現行ファンキー・レーベル、Funk Nightから。Soul Surfersに次ぐロシアの現行ファンク・バンド、Great Reviversによる新作。エッジの効いたスリリングなサイケデリック・ファンク"Reaction Psychotique"。ドープな"At The Dipsotheque"もヤバいです。両曲ともヴィンテージ感のあるダーティーなオルガンが決まっています。

RYUHEI THE MAN

Profile

90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJを中心とした音楽活動を開始、都内で開催されているイヴェント『WAH WAH』、『HONEY DRIPPIN'』、『EXTRA EXTRA』を中心に全国各地でプレイ。ファンク~ソウル~レアグルーヴ~ヒップホップを中心に、ジャンルと年代を完全に超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、オリジナリティーに溢れた黒いグルーヴを生み出すDJの1人としてファンの絶大な支持を得ている。2001年よりレコード・ショップuniversounds(www.universounds.net)を主宰、黒人音楽全般にわたる豊富な知識に基づいた品揃えで、国内外のトップDJやコレクターから絶大な信頼を集めている。2002年、DEV LARGE、DJ DENKA、KASHI THE HANDSOMEらとの伝説的ミックス・テープ『BROTHERS ON THE RUN』の発売を皮切りに、2003年にはDJ SHADOWのアルバム『THE PRIVATE REPRESS』に日本人代表として参加。2004年から2010年にかけては人気ミックスCDシリーズ『A MESSAGE FROM THE MAN』を計4タイトル発表、いずれも好評を得る。2005年には国内初となるファンクの7インチ限定ディスク・ガイド『FUNK 45's』に、2009年にはレアグルーヴのバイブル的ディスク・ガイド『Rare Groove A to Z』にそれぞれ筆者として寄稿。同年には自身のキャリア初となるオフィシャル・ミックスCD『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。2010年にはフジ・ロック・フェスティバルにDJとして出演、またオフィシャル・ミックスCD第2弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 2』を発表。翌2011年にはKASHI DA HANDSOMEとの共作ミックスCD『SOUNDTRACK TO THE STREETS』をリリース、KGE the Shadowmen"Stay Stoned Pt.2"では遂にプロデューサーとしてもデビュー。2012年2月には公式ミックス第3弾『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3』を、翌3月には前述のCDにも収録された、Q.A.S.B. + RYUHEI THE MAN名義による自身初のバンド・プロデュース音源"The Mexican"の7インチ・シングルをリリース。現在に至るまで多角的な活躍を見せる傍ら、最近ではブロガーとしてMUROおよびKING INC.主宰の『KING INC. BLOG』にも参加、シーンの活性化に貢献している。

Web Site

Event Information

3/10 (金)  「SUPER FRIDAY」 @ 六本木  morph Tokyo http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/11 (土) 「EXTRA! EXTRA!」 @ 青山 蜂 https://www.facebook.com/events/646954392181064/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/17 (金) 「SOUND and FRIEND meets NUMERO GROUP」 @ 渋谷  THE ROOM https://www.facebook.com/events/371158766601148/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/18 (土)  「Soul Kitchen」 @ 熊本  RECORD HOUSE WOODSTOCK http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/19 (日 祝前日) 「SHAFT 5th Anniversary」 @ 福岡  Keith Flack http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/22 (水 17:30~)  「Lettuce東京公演」 @ 六本木 billboard LIVE tokyo http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10294&shop=1 http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/24 (金)  「INVICTUS」 @ 室蘭  RED HILL http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/25 (土)  「GHETTO FUNK presents HOT WAX」 @ 札幌  Drip Café https://www.facebook.com/events/1935788923321960/permalink/1940997922801060/ http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/31 (金)  「CHEAP THRILLS」 @ 渋谷  COCOON http://www.facebook.com/theman .ryuhei

Release Information