RYUHEI THE MAN / 2016-01-16

1
THE FRUIT SONG / I'M IN LOVE

JEANNIE REYNOLDS / NANCY WILSON - THE FRUIT SONG / I'M IN LOVE

MUROさんセレクトによる名曲カップリング7"が、10タイトル一挙リリース!!

7" |  ¥1,620 |  UNIVERSAL / CAPTAIN VINYL (JPN) |  2016-03-14 [再]  | 
我らが'Vinyl'の'Captain'、King Of Diggin'ことMuroさんがUniversalとタッグを組んで、監修・セレクトを務める夢の7インチ再発(7インチ化)シリーズが遂に始まります。ここでは、Erykah Badu"Honey"のネタとしても非常に人気の高い、世界初7インチ化となるNancy Wilsonのハッピー&ワンダフル・フィーリング・ラブリー・ソウル"I'm in Love"をご紹介。全タイトル、モスト・ウォンテッド&マスト・バイ(ナル)です。
2
YOU'RE STARTING TOO FAST / YOU CAN'T EVEN WALK IN THE PARK

JOHNNY PATE - YOU'RE STARTING TOO FAST / YOU CAN'T EVEN WALK IN THE PARK

『Shaft in Africa』でお馴染みのJohhny Pateのレアグルーヴ名曲!

7" |  ¥1,400 |  ABC (GBR) |  2016-01-30 [再]  | 
敬愛してやまないプロデューサーJohnny Pateが手掛けたサウンドトラック、『Shaft In Africa』からのシングル。個人的にもDJのオープニング・チューンとしてもはヘヴィ・プレイするヘヴィ・グル―ヴ&ヘヴィ・ラヴな"You Can't Even Walk In The Park"。そしてスリリングな一年の幕開けにもふさわしい一曲ではないかと。 祝再々発。
3
PLANETARIUM

MISHA PANFILOV SOUND COMBO - PLANETARIUM

Funk Nightから、ムーグ・シンセをフィーチャーしたファンク・バンドがデビュー!!

7" |  ¥1,150 |  FUNK NIGHT (USA) |  2016-12-12 [再]  | 
ひょんなきっかけから昨年自分の中でリヴァイヴァルした、ムーグ・ファンク~ムーグ・グル―ヴ。そんな偶然のタイミングで昨年リリースされた、エストニア産のスペイシー・ムーギー・ファンク"Planetarium"。ファンクからレア・グルーヴやディスコ、ブギーへのブリッジとしても大活躍でした。現行ファンクの名門レーベルFunk Nightから。
4
A+

HI-FIDELITY LO-FIDELITY'S - A+

Metersのブレイク・クラシック"Hand Clapping Song"をカヴァー!!

7" |  ¥1,200 |  777 (USA) |  2016-03-24 [再]  | 
現行ファンクの名門Funk Nightの傘下レーベル、777からの2015年リリース作品。Metersによるクラッピング・ファンク・クラシックを、オリジナルに忠実にカヴァーした"Hand Clapping Song"、タイトなサイケデリック・ファンク"A+"、ともにかっこ良いです。
5
TAKE YOU DOWN

GETUP - TAKE YOU DOWN

"Get Lucky"カヴァーが爆発ヒットした大人気UKファンク・バンドの'15年作!!

7" |  ¥1,200 |  OUR LABEL (DEU) |  2018-02-28 [再]  | 
Beyonceのカヴァーとなる"Sugar Mama"や、Daft Pank"Get Lucky"のカヴァーなどで知られる、現在勢いのあるUKの現行ファンク・グループ、Getupの2015年作品。両曲ともにソリッド&タイトな、ド直球のオリジナル・グルーヴです。

RYUHEI THE MAN

Profile

90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJを中心とした音楽活動を開始、都内で開催されているイヴェント『WAH WAH』、『HONEY DRIPPIN'』、『EXTRA EXTRA』を中心に全国各地でプレイ。ファンク~ソウル~レアグルーヴ~ヒップホップを中心に、ジャンルと年代を完全に超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、オリジナリティーに溢れた黒いグルーヴを生み出すDJの1人としてファンの絶大な支持を得ている。2001年よりレコード・ショップuniversounds(www.universounds.net)を主宰、黒人音楽全般にわたる豊富な知識に基づいた品揃えで、国内外のトップDJやコレクターから絶大な信頼を集めている。2002年、DEV LARGE、DJ DENKA、KASHI THE HANDSOMEらとの伝説的ミックス・テープ『BROTHERS ON THE RUN』の発売を皮切りに、2003年にはDJ SHADOWのアルバム『THE PRIVATE REPRESS』に日本人代表として参加。2004年から2010年にかけては人気ミックスCDシリーズ『A MESSAGE FROM THE MAN』を計4タイトル発表、いずれも好評を得る。2005年には国内初となるファンクの7インチ限定ディスク・ガイド『FUNK 45's』に、2009年にはレアグルーヴのバイブル的ディスク・ガイド『Rare Groove A to Z』にそれぞれ筆者として寄稿。同年には自身のキャリア初となるオフィシャル・ミックスCD『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。2010年にはフジ・ロック・フェスティバルにDJとして出演、またオフィシャル・ミックスCD第2弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 2』を発表。翌2011年にはKASHI DA HANDSOMEとの共作ミックスCD『SOUNDTRACK TO THE STREETS』をリリース、KGE the Shadowmen"Stay Stoned Pt.2"では遂にプロデューサーとしてもデビュー。2012年2月には公式ミックス第3弾『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3』を、翌3月には前述のCDにも収録された、Q.A.S.B. + RYUHEI THE MAN名義による自身初のバンド・プロデュース音源"The Mexican"の7インチ・シングルをリリース。現在に至るまで多角的な活躍を見せる傍ら、最近ではブロガーとしてMUROおよびKING INC.主宰の『KING INC. BLOG』にも参加、シーンの活性化に貢献している。

Web Site

Event Information

3/10 (金)  「SUPER FRIDAY」 @ 六本木  morph Tokyo http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/11 (土) 「EXTRA! EXTRA!」 @ 青山 蜂 https://www.facebook.com/events/646954392181064/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/17 (金) 「SOUND and FRIEND meets NUMERO GROUP」 @ 渋谷  THE ROOM https://www.facebook.com/events/371158766601148/ http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/18 (土)  「Soul Kitchen」 @ 熊本  RECORD HOUSE WOODSTOCK http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/19 (日 祝前日) 「SHAFT 5th Anniversary」 @ 福岡  Keith Flack http://www.facebook.com/theman.ryuhei 3/22 (水 17:30~)  「Lettuce東京公演」 @ 六本木 billboard LIVE tokyo http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10294&shop=1 http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/24 (金)  「INVICTUS」 @ 室蘭  RED HILL http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/25 (土)  「GHETTO FUNK presents HOT WAX」 @ 札幌  Drip Café https://www.facebook.com/events/1935788923321960/permalink/1940997922801060/ http://www.facebook.com/theman .ryuhei 3/31 (金)  「CHEAP THRILLS」 @ 渋谷  COCOON http://www.facebook.com/theman .ryuhei

Release Information