Twee Grrrls Club / 2013-09-19

1
CRIMES OF PASSION

CROCODILES - CRIMES OF PASSION

RaveonettesのSune Rose Wagnerがプロデュースを手がけた4th.フル・アルバム!!

LP |  ¥2,250 |  FRENCHKISS (USA) |  2013-11-15 [再]  | 
なんて高まるコラボレーション。モザイク・ジャケットの前作から1年で届けられた新作は、RaveonettesのSune Rose Wagnerプロデュース!Reveonettesフレイヴァーがたっぷり注入されています。スウィートなCrocodilesはとてもセクシーで格好いい。たくさんの人に聴いてもらうべき1枚。ベストマッチ!グッジョブWagner!(MOE)
2
TIDES END

MINKS - TIDES END

Captured Tracks随一のメロディ・メイカー。カラフルなサウンドを身にまとった激傑作セカンド!!

LP |  ¥2,100 |  CAPTURED TRACKS (USA) |  2014-06-13 [再]  | 
Captured Tracksの中でもひと際異彩を放つMinksのセカンドアルバム。80年代にタイムスリップしたようなアルバム全体に漂うノスタルジックな雰囲気と、でも今の空気を感じさせるメロディトラック。激しくポップで前に出まくって駆け抜ける強気なヴォーカルも好印象。作り手側の熱意が曲を通してしっかり感じられる良いアルバムに仕上がっています。Captured Tracksがいまひとつ好きになれない...という方にもおススメです。(SATOMI)
3
S.T.

FACTORY FLOOR - S.T.

遂にこの時が来ました。ロンドン・アンダーグラウンドの至宝が放つファースト・フル・アルバム!!

2LP |  ¥2,650 |  DFA (USA) |  2014-01-16 [再]  | 
去年のFUJI ROCKにも出演したロンドンの男女トリオ、Factory Floorが待望の正式デビュー・アルバムをリリース!彼らの曲の中には8分を超える長いものもあるが、紅一点ギターボーカルのNik Colk Voidの無気力なヴォーカルと無表情に淡々と刻まれるビートにいつの間にか魅了され8分間はあっという間に過ぎてしまう。ギターを演奏する際にバイオリンの弓やドラムのスティックを用いて演奏する実験的精神には、アンダーグラウンド・シーンの最先端をゆく大物感さえ感じさせられます。(KANA)
4
S.T.

SAMARIS - S.T.

双子姉妹ユニットPascal Pinonの片割れによる別バンド!!

2LP |  ¥3,550 |  ONE LITTLE INDIAN (GBR) |  2016-03-03 [再]  | 
アイスランドのアーティストといえばBjorkやシガーロスですが、今とても気になるのが、Samaris。Tweeでも共演したことのあるPascal PinonのJofridur Akadottirがボーカルとして参加している別名義のバンドです。ブレークビーツやドラムンベースのような少しビートの効いたトラックにのせた柔らかくて透き通った歌声に、浮遊感のあるメロディー。Pascal Pinonとはまた違った魅力が沢山詰まった大好きなアルバムです。(METHYL)
5
TO THE HAPPY FEW

MEDICINE - TO THE HAPPY FEW

元祖US産シューゲイザー・バンドが復活!!Captured Tracksからの新録アルバムです。

LP |  ¥2,650 |  CAPTURED TRACKS (USA) |  2016-09-12 [再]  | 
USシューゲイザーバンドMedicineのオリジナルメンバーによる18年ぶりの新作。かつてクリエイション・レコードから作品を発表していた彼ら。90年代に3枚のアルバムを出した後活動を休止、2003年に再開しています。My Bloody Valentineを彷彿させるノイズと美しく交ざり合う温かみのある甘い歌声が印象的です。美しくも儚いメロディーは一度聴いたらやみつきになりそう。1曲目の「Long As The Sun」は特にメロディアスな一曲となっています。待ってました!という方にも初めて知るという方にも一度聴いていただきたい1枚です!(MARINA)
6
THE THIRD EYE CENTRE (US)

BELLE AND SEBASTIAN - THE THIRD EYE CENTRE (US)

00年代のシングルB面曲、未発表曲で構成されたレア・トラックス・コンピ!!

2LP |  ¥2,950 |  MATADOR (USA) |  2013-09-30 [再]  | 
初期のベルセバの繊細さを愛するファンにとって彼らの今の活動がどのように映っているのかとても気になるところですが、個人的には初期には初期の良さ、今はまた違った魅力を持っている様に思えます。根底にあるソフトロックやグラムな要素はまったく変わっていないし、寧ろ間口が広くなった分、彼らが自由に好きな事をやっている様に見えて微笑ましいくらい。Avalanchesの"I'm A Cuckoo"のリミックスの華々しい感じ、木漏れ日の中聴きたくなりますね。 (SUMIRE)

Twee Grrrls Club

Profile

TOKYO's only one indie girls DJ club! インディ・ミュージック好きな全ての女の子の気持ちを代弁するDIYな精神を掲げたガールズグループ。DJだけにとどまらず、Fanzineをセルフパブリッシュし、パーティーをトータルでコーディネートするなど、既存のクラブDJの常識をひっくり返すその活動は日本だけにとどまらず、世界中からラブコールを受けている。LAのPart Time Punks、NY popfest、イギリスのIndie Tracksなど国境を越えてインディポップのDJとして活躍するSumireを中心にMoe (Miila AndThe Geeks)、Satomi(remeber this)、Methylの4人がアナログ・レコードをまるでオモチャのように次々と繋いでいくDJスタイルで注目を集める。2010年には初のセレクトコンピレーションアルバム"GrrrlsTalk"をリリース!Vaselines、The Raincoats、Sad Day For Puppets、Vivian Girls、Alan Mcgeeなど多数の海外アーティストとの共演を果たし、インディ・ポップの素晴らし さを日本で発信している。

Web Site

Event Information

12/28(sun) twee boooys club presents Playing Dead @渋谷OTO -day- 1/26(mon) Anorak Days (SUMIRE)

Release Information