Seimei & Taimei : Bass / Beats - [2018-12-20]

[Profile]

若手アーティストのトラックを世界へとリリースすることを目的としたダンス・ミュージック・レーベルTREKKIE TRAXを主宰する、Seimeiとその弟Taimei aka Carpainterによるユニット。ジューク、トラップ、ダブステップ、ガラージなどのベース・ミュージックを起点に、ハウスやテクノなどの四つ打ちまでジャンルレスにプレイする。TREKKIE TRAXによるレーベルナイトのオーガナイズや、TOYOTA ROCK FESTIVAL, OUTLOOK FESTIVAL等のフェスへの出演などの活動は、渋谷2.5DやBlock fm、Groove誌、MTVなど数多くのメディアでも取り上げられており、2013年12月からは盟友andrew(Eiji Ando)と共にパーソナリティーを務める『Rewind!!!』が、日本最大のダンス・ミュージック専門インターネット・ラジオ局 Block fmにてスタート。弟Taimei aka CarpainterがUKガラージ~2ステップ~ハウスを【FUTURE】という感覚で解釈した楽曲は、国内外問わず高い評価を得ており、自身の主宰レーベルTREKKIE TRAXやMaltine RecordsからデジタルでEPをリリースしている。また2015年には自身のレーベルよりレコード・フォーマットでのEPや1stアルバムのCDをリリースするなど、制作活動を積極的に行っている。更に、tofubeatsや東京女子流、CAPCOMの『モンスターハンター』、『ストリートファイター』のコンピレーションアルバムにリミックスを提供するほか、人気マンガ家として知られる浅野いにおがキャラクター・デザインを務めた映像作品『WHITE FANTASY』では全編において楽曲を提供。その勢いは国内だけにとどまらず、北欧フィンランドの老舗レーベルTopbillinや、イギリスの名門レーベルL2S Recordingsなどからも音源をリリース、UKの国営ラジオ局BBC Radio 1やRinse.fm、Sub FMでも日夜その楽曲がプレイされている。2014年1月からは兄のSeimeiがサンフランシスコに移住、現地ローカルのみならずシアトルやロサンゼルスなどでもDJとしてプレイしており、これまでにDJ Paypal、DJ Earl、Addison Groove、DJ Slink、Machinedrumなどとも共演。ロンドンを拠点とするPC Musicによる初の北米ツアーでは、Sophie、A.G.Cook、QTなどのサポートを行うなど音楽活動を継続。現在の地元であるサンフランシスコでは、GiraffageやBlackbird Blackbird、Grimecraft、AViDDなどの盟友たちと共にオリジナル楽曲やリミックス制作を行い、Lucky Meレーベル主宰のラジオ・ショーなどでプレイされるなど、より音楽活動の幅を広げている。

 

※順不同

Barker / Debiasing Ep (Ostgut Ton) 12"
あまりクラブでかける機会はなかったんですが、個人的にこのEPはよく聴いていました。今年はある意味「音楽における原点回帰」みたいなのが個人的なテーマとしてまとわりついていたんですが、そんな中で過剰なまでに前に押し出されたスピリチュアルシンセが飛び交う今作は、自分がなぜエレクトロニックミュージックを好きになったのかという一番重要なことを再認識させてくれたと思います。何かに悩んでいるのであれば、一度頭を空っぽにして、脳内にこのサウンドをピンポン球のように跳ねさせてあげてください。(Seimei)

DEBIASING EP

BARKER - DEBIASING EP

Barker & Baumeckerとしても当レーベルの主力アクトとなるSam Barkerによるソロ作品。

12" |  ¥1,450 |  OSTGUT TON (GER) |  2018-12-18 [再]  | 

 

 

 

 

 

 

 

Krystal Klear / The Division EP (Running Back) 12"
このEPに収録されている"Neutron Dance"は、BarkerのEPと違ってDJでかけまくった。Krystal Klearに関しては、リリースの量、質(ハズレ曲のなさ)、話題性を考慮すると個人的な2018年ベストアーティストの1人だと思います。っていうかとにかくクラブで彼の曲はよく聴いた。来年以降も多分かけまくるんだろうけど、あのデンデケベースを聴くたびに2018年の事を思い出すんだろうな。(Seimei)

THE DIVISION EP

KRYSTAL KLEAR - THE DIVISION EP

"Cold Tonic"首領が名門"Runnig Back"からデビュー!!

12" |  ¥1,450 |  RUNNING BACK (GER) |  2019-01-28 [再]  | 

 

 

 

 

 

 

 

DJ Koze / Knock Knock (Pampa) 2LP+7"
2018年ベスト・アーティスト・アルバムの一つだと思います。っていうか筆頭候補。DJ Kozeはもはや中堅を越えてベテランの域なんだろうけど、その良さも出つつも発想が常に新しい。しかもアルバムをアートとしてだけではなく娯楽としても成立させられてる。そんなアーティストってHudson MohawkeやRustie以降なかなかいなかったのでは? Warpとかで出ててもおかしくないけど自主レーベルPampaから出してるのもカッコいいですよね。(Seimei)

KNOCK KNOCK (2LP+7"+MP3)

DJ KOZE - KNOCK KNOCK (2LP+7"+MP3)

Bon Iver、Jose Gonzalezら参加。フォーク、ヒップホップの手法を消化した大傑作!!

2LP+7" |  ¥3,600 |  PAMPA (GER) |  2019-01-11 [再]  | 

 

 

 

 

 

 

 

Ben Sims Presents Ron Bacardi / EP (Bass Culture) 12"
これはベストってよりかはクラブでよくかけた曲って感じ。2018年はテクノをたくさんかけた年だったんですが、それのお陰でBen SimsとかMark Broomみたいな自分が中学生~高校生の時によく聴いていた往年のアーティストの作品をちゃんと聴き直す機会が増えた年でもありました。やっぱりもう大人なので当時聴いていた感覚とはまたちょっと違った感じで聴こえたりするんですけど、やっぱりカッコいいものはカッコいいですよね。このEPはそんな感じ。(Seimei)

EP

BEN SIMS PRESENTS RON BACARDI - EP

本年も好調なリリースが続く"Bass Culture"より、重鎮Ben Simsの新作がリリース!!

12" |  ¥1,550 |  BASS CULTURE (FRA) |  2018-04-26  | 

 

 

 

 

 

 

 

TSVI / Rambo EP (Nervous Horizon) 12"
今年は、っていうかここ最近割とそうだと思うんですが、ダンスホールと言いますか、アフロビートと言いますか、テクノでもないハウスでもないトライバルなダンスミュージックがアングラシーンを席巻してる感じはありますよね。TSVIはその中でも代表格な感じがあります。そういえば、この間来日してた某ロンドン在住アーティストに「今ってどんな音楽が流行ってるの?」と質問したところ、「グライムだったけど今はみんなアフロビート」と言っていたのを思い出しました。(Seimei)

RAMBO EP

TSVI - RAMBO EP

グルーヴと多幸感を兼ね備えるUKグライム~クドゥロな超ファンキー・トラックス!!

12" |  ¥1,600 |  NERVOUS HORIZON (UK) |  2018-03-02  | 

 

 

 

 

 

 

 

Carpainter / Returning (Trekkie Trax) LP
これ実際は厳密にいうと去年のリリースなんですが、バイナルバージョンは今年の2月にリリースにされました。今はサイクルが異常に早いので新譜もすぐに廃れてしまいますが、このアルバムの収録曲、例えば"Changeling Life"なんかRL Grimeのハロウィン・ミックスに収録されてたり、R&Sがチャートに入れてくれてたりなんかで、未だに聴かれているので嬉しいものですね。来年のTREKKIE TRAXはもっとCarpainterやMasayoshi Iimoriのようなコアアーティストのリリースに力を入れていくつもりなので、特にこのアルバムを通じてCarpainter知った方がいればお楽しみにしていてください。(Seimei)

RETURNING

CARPAINTER - RETURNING

最新アルバム『Returning』の限定アナログ・エディション!

LP |  ¥2,700 |  TREKKIE TRAX (JPN) |  2018-02-27  | 

 

 

 

 

 

 

 

Pangaea / Cuba Vox (Hadal) LP
Pangaeaの最新ホワイト・レーベル。低音のうねるグルーヴとサンプリングされたボーカルのモロ使いが最高に踊れます。先日のCall Superとの来日公演も素晴らしかったので選出しました。今年の上旬にリリースされた"Bone Sucka"もなかなかのベスト候補でしたが、今現在フロアでより聴きたいというかということに関してはこちらのほうかなあと。(Taimei aka Carpainter)

CUBA VOX

PANGAEA - CUBA VOX

"Hessle Audio"主宰の1人Pangaea。リプレス無し/バイナル・オンリー!!

12" |  ¥1,400 |  HADAL (UK) |  2018-10-24  | 

 

 

 

 

 

 

 

Special Request X Gerd Janson & Shan / Make It Real / Brainstorm Remixes (Houndstooth) 12"
ブレイクス、ゲットー・ハウス、ガラージ・ハウス、エレクトロといった多様なビートのリミックスが収録されている上に、どのトラックも個性がありフロア向けという今年のリリースの中では一番バランスが良かったと思われる一枚です。自分は"Make It Real (Gerd Janson & Shan Mars Mix)"をよくプレイしましたね。攻め過ぎることのない抜けのいいドラム・ブレイクスに多少の多幸感もあり、よくミックスの中でハッとさせつつ一旦流れを変える時に使っていました。(Taimei aka Carpainter)

MAKE IT REAL / BRAINSTORM REMIXES

SPECIAL REQUEST X GERD JANSON & SHAN - MAKE IT REAL / BRAINSTORM REMIXES

まさかのGerd Janson & Shanリミキシーズ!!

12" |  ¥1,450 |  HOUNDSTOOTH (UK) |  2018-03-05  | 

 

 

 

 

 

 

 

Dorian Concept / Nature Of Imitation (Brainfeeder) LP
今年の下旬にリリースされたDorian Conceptのニューアルバム。去年の年間ベストではエレクトロ・ミュージックとジャズやフュージョンのバイブスを融合させたCid Rim『Material』を選出しましたが、似たような枠として今年はこちらのアルバムを選ばせてもらいました。彼のキーボードによる即興演奏の持つ独特な盛り上がりを全く損なう事なく(いやむしろ増幅させて)、ここまでまとまった楽曲として音源化しただけでも素晴らしいです。"J Buyers"の中盤のビートとリードを崩しまくった挙句、1小節分「ピー」という音で飛ばしてしまうところはいつ聴いてもぞくっとさせられます。あと"Angel Shark"も好き。(Taimei aka Carpainter)

NATURE OF IMITATION

DORIAN CONCEPT - NATURE OF IMITATION

ウィーン生まれの天才演奏家/プロデューサーがBrainfeeder移籍後初となるアルバムを投下!

LP |  ¥2,950 |  BRAINFEEDER (USA) |  2018-09-14  | 

 

 

 

 

 

 

 

Gnork - Magic Arp (Magicwire) 12"
気分的に下半期はGnorkの曲をよく垂れ流して聴いていたので選出しました。浮遊感のあるパッドに、複雑すぎず重すぎず且つ踊れるドラム・サウンド、いつ聴いてもいいですね。DJでは"Yoga On E"という曲をよく使っていました。Magic Arpzは少し尖った往年のゲームミュージックを感じさせるジャングル・サウンドがかっこいい。基本的にどれトラック個人的に刺さるものばかりの良リリースでした。(Taimei aka Carpainter)

MAGIC ARP

GNORK - MAGIC ARP

90年代の日本語ラジオ・ネタ~シンセ・ブレイクビーツなどなど、色彩豊かな極上ハウス大推薦盤!!

12" |  ¥1,450 |  MAGICWIRE (UK) |  2018-07-25 [再]  | 

 

 

 

 

 

 

 

Bruce - What / Aon (Hessle Audio) 12"
"What"が大変良かったのでそちらを目当てに選出しました。テクノとしてもベースミュージックとしても個性的かつ踊れる素晴らしいトラックでした。フロアで何度も聴いた記憶があるので今年の注目であることは間違い無いのではと思います。上でひたすら鳴り続ける声をどのように処理しているのか是非みてみたいですね。(Taimei aka Carpainter)

WHAT / ÆON

BRUCE - WHAT / ÆON

入荷数未定、限定リリースのため入荷お知らせ機能のご利用をオススメ致します!!

12" |  ¥1,200 |  HESSLE AUDIO (UK) |  2018-10-16  | 

 

 

 

 

 

 

 

 


[イベント情報]
12/28(Fri) TBA (Seimei)
12/28(Fri) 「RIP」 @恵比寿 Batica (Carpainter)
12/29(Sat) TBA
12/29(Sat) 「TENG GANG STARR x kamui presents TEN Gene #テンジェネ」 @恵比寿 Batica (Seimei w/andrew)
12/31(Mon) 「ageHa COUNTDOWN to 2019 -YEAR OF PRIDE-」 @新木場 Ageha


[関連サイト]
http://www.trekkie-trax.com/


[関連商品]

RETURNING

CARPAINTER - RETURNING

最新アルバム『Returning』の限定アナログ・エディション!

LP |  ¥2,700 |  TREKKIE TRAX (JPN) |  2018-02-27  | 

RETURNING

CARPAINTER - RETURNING

Trekkie Traxよりニュー・アルバムが到着!!

CD |  ¥2,268 |  TREKKIE TRAX (JPN) | 

WE CALL IT FUTURE GARAGE

CARPAINTER - WE CALL IT FUTURE GARAGE

Seimei & Taimeiでお馴染みTaimei Kawaiによるミックス作品が登場!!

MIXCD |  ¥1,620 |  BLACK SMOKER (JPN) |  2016-10-19  | 

DIGITAL HARAKIRI

CARPAINTER - DIGITAL HARAKIRI

Trekkie Trax、Maltineからもリリースする注目の若手トラックメイカー!!初のアナログ盤が登場です。

12" |  ¥2,700 |  TREKKIE TRAX (JPN) |  2016-07-11 [再]  |