ローファイ・エレクトロ特集:ヒップホップ編 - [2018-06-11]

DreamcastやMIX-O-RAPなど、ヴィンテージ機材を駆使したローファイでズルムケな質感を敢えて今蘇らせようとしているリリースや、DMX Krew諸作にも象徴される、80'sエレクトロ回帰路線のリリースなどを中心に、PPUやFresh Upなどの各レーベルから続々とリリースされている、オールドスクールBボーイ向けの現行タイトルなどをご紹介します。 Text by Masaaki Matsu もっと読む...

ワイマール発のアーティスト集団"Giegling" - [2018-06-06]

サウンドは勿論、作品のアートワークやパーティー会場のデコレーションと、細部に渡る環境創りにもアートスクール出身のコア・メンバー達による徹底した拘りが見受けられ、世界各地から大きな注目を集める集合体となった"Giegling"。ドイツはワイマール/ベルリンを拠点とし、近年のアンダーグランド・テクノシーンに於いて大躍進を遂げたレーベルのひとつであると言えます。 そんな個性的なアーティスト集団の中でも、 もっと読む...

ディープハウス~ビートダウンを往来するスウェーデンの先鋭"Omena" - [2018-06-04]

2014年にスタート。"Local Talk"、"Let's Play House"などからのリリースで既に知られていたHNNYの作品をリリースしたことによって注目され始め、以降、メロウなビートダウン〜ディープハウス、アンビエント・トラックまでをリリースし、どれもヒット作となったスウェーデンのレーベル"Omena"。 2015年には"Omena LTD"を始動し、顔文字表記の覆面プロジェクト(Pa もっと読む...

ソウル・カヴァーものレゲエ特集 - [2018-05-26]

アメリカの公民権運動、ブラック・パワー・ムーブメントがジャマイカに上陸する中、70年代初頭にUSソウルを目指したジャマイカン・ソウルの第一人者Derrick Harriott。彼が手がけたソウル・カヴァー作品を筆頭に、ソウル〜ファンクをカヴァーしたレゲエ作品の特集です。 ジャマイカの音楽文化に欠かせないサウンドシステムでは、USのR&B、ジャンプ・ブルース等が人気を呼び発展してきた歴史があ もっと読む...

新奇的ダンス・ミュージックの発信地"Whities" - [2018-05-25]

Boiler Roomの創設者の1人であるNic Taskerが2014年にロンドンを拠点に立ち上げたレーベル"Whities"は、ハウスともテクノともエレクトロともいえない奇妙なダンスミュージックをリリースし続けています。The XXやSampha、SBTRKTなどのリリースで所謂ポスト・ダブステップのシーンを牽引したレーベル"Young Turks"の傘下でスタートしましたが、"Whities もっと読む...

隆盛を極めるスパニッシュ・スカ特集 - [2018-05-20]

ジャマイカの古き良きオールディーズ・ミュージックに敬意を込めて、精力的にリリースを続けている'97年にマドリードで設立されたレーベルLiquidator Music。当レーベルを中心に、続々と世界へ紹介されているスペイン産スカ・バンド特集です。 スカ・ジャズ・バンド最高峰とも呼ばれるThe Oldiansはじめ、ソウル〜ジャズ名曲の素晴らしいカヴァーで日本の音楽ファンの心も鷲掴みにしたGramop もっと読む...

L.A.ビート・シーンきっての多作ビートメイカー=Knxwledge(KNX)特集 - [2018-05-14]

2009年以降、『Hexual.Sealings』や『WrapTaypes』、『Karma.Loops』といったビート・テープのシリーズ物を通じて、膨大な量のビートの断片をBandcamp上で公開。All City Dublinからのデビュー作『Klouds』(2010年)を皮切りに、LeavingやStones Throwといった名門レーベルからも正規流通作品を量産している、L.A.の新世代プロ もっと読む...

ブルックリン発エディット・レーベル、Razor N Tape特集 - [2018-05-06]

世界水準のハイクオリティなエディット作品のリリースで人気を博すエディット・レーベル"Razor N Tape"。 ブルックリンを拠点に活動するAaron DaeとJKrivの2人が12年に始動。レーベル・オーナー兼アーティストとしても活躍するJKrivによるLou TeriによるユニットDeep&Disco名義作品のリリースを皮切りにスタートして以降、オーストラリアの大人気エディターLat もっと読む...

ヴェイパーウェイヴ・シーンで圧倒的な存在感を放つ、The Caretaker特集 - [2018-04-30]

ジャズやラウンジ・ミュージック、コンテンポラリー・R&B、そして80年代から90年代に掛けてのポップスやCMから流れてくるような大衆音楽、そして日常から生まれる生活音などをサンプリングしカットアップやチョップドスクリュードなどの手法で仕上げられ、まるで蒸気のような感覚を落とし込んだサウンド・スタイルとしてインターネット・コミュニティーから発生したヴェイパーウェイヴ・ミュージック。 旧型コン もっと読む...

フレンチ・ガールズ・ポップ特集 - [2018-04-22]

'65年に「夢見るシャンソン人形」が世界的な大ヒットとなり、フレンチ・ポップを代表する女性シンガーのひとりとして愛されてきたFrance Gall。'18年1月に惜しくも他界した彼女への追悼として、先日、アルバム3作品が再発されました。 ここ日本でも、60年代当時からSylvie Vartan等が人気を得て、90年代には渋谷系〜サバービアの流れでも再評価された"イエイエ"と呼ばれるフレンチ・ポップ もっと読む...

DaM-FunK〜Latest Modern Funk特集 - [2018-04-17]

80年代にはSlaveやCameo、Zappといったバンドが人気を博したにもかかわらず、90年代前半のUS西海岸のGファンク・ブームを最後に、90年代後半には一度完全に廃れてしまったとも言えるモダン・ファンク。 ところが近年になって、Mark RonsonとBruno Marsの大ヒット曲"Uptown Funk"に代表されるように、Daft PunkやPharrell Williams、Calv もっと読む...

RECORD STORE DAY 2018 - [2018-04-09]

  今年で11周年を迎えるRECORD STORE DAY。創設者の一人であるマイケルカーツ氏の直近のインタビューによると今年は21カ国で開催されるとの事です。   日本では2000年代中頃にアナログレコードマーケットは底を打ち、日本のレーベル、アーティストはほとんどアナログレコードをリリースをしなくなっていましたが、知る人ぞ知るくらいだったこのイベントをきっかけとして当店が もっと読む...

ロンドン・ジャズ・ハウスの先鋭、Seb Wildblood特集 - [2018-04-07]

今年の年明け早々に"Church"よりリリースされたNicholas"Loonie's Reprise"をはじめ、Seb Wildblood自身による"Jazz Vol. 1"のニュー・リミックスを収録した12"の復刻も大きな話題となり、昨今のジャズ・ハウス・ムーブメントにおけるSeb Wildbloodの存在感は際立っています。 ロンドンを拠点に12年にレーベルを発足した当初はSeb Wild もっと読む...

フランクフルトを震源地とするネクスト・ミニマル・ハウス - [2018-04-02]

フランクフルトを発信地とし、その周辺地域からリリースされるアイテムを中心にダンサブルでファンクネス溢れる「ビート・プログラミング」を軸としたミニマル・ハウスサウンドが、アートフォームなテクスチャーのルーマニアン・ハウスサウンド以降のトレンドとして注目されています。 "Warp"サウンドを継承したエレクトロなリズム・ワークとシンセ・サウンド、ブレイクビーツの図太い低音と勢い溢れるビート・プログラミン もっと読む...

Cannonball Records特集 - [2018-03-25]

2016年にリリースされ即廃盤となった、Big Lee Dowell And The Cannonballs"What I Done Wrong"の7インチに、オークションで$100を超える値が付いたことで、世界中のモダン・ソウル・ファンから注目の的となった、イタリアのレーベルCannonball。 モダン・ソウルやノーザン・ソウルの音源を、7インチ・シングルを中心にリリースする本レーベルは、ただ もっと読む...

Omerta Inc.特集 - [2018-03-25]

長らく廃盤化していたヒップホップ名作アルバムや、近年のミックステープ作品の初アナログ化などを中心に、毎月第3木曜日に新作ヴァイナル・タイトルをリリースする、UKロンドンの注目レーベルがOmerta Inc.。 Futureのミクステ作『Pluto』のLP化2種類を皮切りに、Three 6 Mafiaの人気作『Most Known Unknown』(2005年)や、Big Daddy Kaneの名作 もっと読む...

JET SETスタッフによる2017年を振り返る特集 - [2017-12-25]

ソニーのアナログ生産ラインの復活のニュース(稼働の目処はまだのようですが)。ローソン傘下HMVのアナログ専門店の3店舗目のオープン。国内のアナログプレス量が直近の5年間で6倍増だの、マクロ目線ではやたらと景気の良い話が飛び交う2017年のアナログレコード業界でありました。 一方では、ニッチだったからこその「作り手側の情熱一本に支えられたエッジの効いた小品」がメジャーの大量発注によるプレス工場の混雑 もっと読む...

アーティスト・DJが選ぶ2017年ベストディスク! - [2017-12-22]

昨年は年末の大量入荷の処理に追われてしまい泣く泣く断念してしまったこちら。「アーティスト/DJが選ぶ年間ベストディスク!」ですが、楽しみしていらっしゃるお客様の期待に応えるべく総勢43名・組のアーティスト、DJの皆様のご協力の元今年はパワーアップしてカムバックです! 但し、勝手ながらの縛りは以前と同じく、 今年リリースフィジカルリリース市販されたもの(プロモオンリーはNG) ということで選んで頂 もっと読む...

JET SETのクリスマス特集2017 - [2017-11-25]

師走を前にここ数日で急速に寒さが厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 先日の「Black Friday特集」の中にも、Record Store Day限定盤としていくつかクリスマス関連のタイトルが含まれていましたが、それ以降もさまざまなホリデー・シーズン用のタイトルが入荷中です。今年2017年にリリースされたものの他に、いわゆる定番どころや、カルト もっと読む...

Black Friday 2017特集 - [2017-11-15]

米国では感謝祭にあたる11月の第4木曜日の翌日。第4金曜日は公休日ではないのですが、企業等も休みになることが多く、この日をめがけて年末商戦の火ぶたが切られることが定番化しています。毎年4月の第3土曜日に開催され好評を博しているRecord Store Dayも、年に一度では寂しいとばかりにこの日に年に2度目のスペシャルリリースをどかどか投入。残念ながら今年は日本企画の商品はありませんが、本意気の もっと読む...