Tuff Kongレーベル特集 - [2019-02-20]

ラッパーとしてほぼ無名だったにもかかわらず、Westside Gunnと共にEminem主宰レーベルShadyと契約、今では世界中のラップ・マニアから高い評価を受けているConway。そのConwayと、イタリア人ビートメイカーCunsとのコラボ作『Touch EP』(2016年)を皮切りに、USのタレントのコンセプチュアルなリリースを続けている、イタリアはローマのレーベルがTuff Kongです もっと読む...

オールタイムベストをお訊きしました!第2回: 高田漣 - [2019-02-15]

作品を制作して世に出すアーティストの方々が、リスナーとして愛聴しているのは他のアーティストのどの作品なのか、ファンならずとも気になるところです。そこで始まったこの企画、「オールタイムベストをお訊きしました!」。 第2回目は3月6日にリリースされる新作アルバム『FRESH』から、先行7インチ・シングルのリリースを目前に控えた高田漣さんにお伺いしました。   ------------- '1 もっと読む...

現在進行形サマー・オブ・ラヴ "All Day I Dream"特集 - [2019-02-09]

ブルックリンのルーフトップ・パーティーとして2011年に始動した"All Day I Dream"は、現在のレーベル代表であるLee Burridge周辺のコミュニティを巻き込む形でこれまで成長してきました。イベントが世界の各都市で催されるようになると、主催のLee Burridgeはバーニングマンの常連アクトともなり、参加するDJらの独特の雰囲気を纏った選曲と衣装、会場の装飾なども相まってイベン もっと読む...

Silent Servant特集 - [2019-02-04]

ロスアンゼルスを拠点に、プロデューサー/DJ、そしてアートディレクターとしての顔も持つカルト・ヒーローJuan Mendezによるプロジェクト、Silent Servantが待望の最新アルバムをリリースしました。 RegisやFunctionと共に、Sandwell Districtとして一翼を担いディープ/インダストリアル・ミニマルシーンの発展に貢献し、これまでにデトロイトの最強アンダーグランド もっと読む...

Elefantレーベル特集 - [2019-01-28]

Luis Calvoによって1989年にマドリッドで設立されたスペインの老舗インディー・ポップ・レーベル、Elefant Records。90年代には、お洒落な音楽やジャケットが当時の流行にマッチし、日本のインディー・ポップ・ファンにもお馴染みのレーベルとなりました。 Camera Obscura、Primitives、La Casa Azul、BMX Bandits、La Bien Querid もっと読む...

オールタイムベストをお訊きしました!第1回: STUTS - [2019-01-28]

作品を制作して世に出すアーティストの方々が、リスナーとして愛聴しているのは他のアーティストのどの作品なのか、ファンならずとも気なるところです。そこで始まりましたこの企画。題して「オールタイムベストをお訊きしました!」。 記念すべき第1回目は昨年リリースしたセカンドアルバム『EUTOPIA』のアナログリリースを目前に控えたSTUTSさんにお伺いしました。   ------------- 2 もっと読む...

Kev Brown特集 - [2019-01-21]

Pete Rockの弟Grap Luva(I'n'I)ほか多数のラッパーにソウルフルなビートを提供して注目を集め、Jazzy Jeff主宰A Touch Of Jazz Productionsに参加。2004年にJay-Z『Black Album』のトータル・リミックス作『The Brown Album』を通じて、9th Wonderあたりと共に高い評価を得たビートメイカーがKev Brown。 もっと読む...

韓国発女性ハウスプロデューサーPeggy Gou - [2019-01-13]

Coachella、Dekmantel、Field Dayをはじめ、昨年はFuji Rock Festivalに出演するなど世界中の大型フェスにも引っ張りだこ、各国のダンス・フロアを揺らし続け、ラブコールの絶えない注目のフィメールDJ/プロデューサーPeggy Gou。韓国に生まれ、ファッションを学ぶためにロンドンに移住した後、現在はベルリンを拠点に活動する彼女。その活動は音楽だけに収まらずモデル もっと読む...

デンマークの異能集団"Regelbau"特集 - [2019-01-06]

デンマークはオーフスを拠点に活動するコレクティブRegelbauは、ハウスやテクノ、アンビエント、エレクトロニカ、ジャングルなど、様々なスタイルの作品をリリースしてきていますが、一聴すれば彼らの音楽とわかる特徴的なレトロ・サウンドで人気です。 レコード・ディガーが集うFacebookグループが前身となり2015年にスタートしたRegelbauは、11人のメンバーからなるコレクティブ。メンバーには複 もっと読む...

UK新世代S.S.W.特集 - [2018-12-30]

17歳で衝撃のデヴューを果たし、昨年セカンド・アルバム『The Ooz』をリリースした南ロンドン出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー、King Krule。同じ学校の同級生で音楽仲間であったJamie Isaacのセカンド・アルバム『 (04:30) Idler』が今年リリースされました。 その学校というのが南ロンドンのアート・スクール「ブリット・スクール」。これまでにAdeleやAmy もっと読む...

Roc Marciano特集 - [2018-12-28]

Busta Rhymes率いるFlipmode Squad〜Dino Brave、Laku、Mic Rawとのラップ・コレクティヴThe UNでの活動を経て、2010年のソロ・デビュー作『Marcberg』を機にリリースや客演などを精力的に重ねてきた、NYロングアイランド出身のベテラン・ラッパーがRoc Marciano。 Oh NoやAlchemistとのユニットGangreneでの活動時期を挟 もっと読む...

JET SETスタッフによる2018年を振り返る特集 - [2018-12-25]

海外の音楽シーンに敏感なインディレーベルや一部メジャーアーティストが新作をアナログレコードのフォーマットでリリースし、大型チェーン店や地方の個人レコード店にまで行き渡るようになった国内アナログ市場。2008年にアメリカで始まり、その3年後には当店をはじめとした国内のインディレコード店が追随、アナログレコード完全復活の礎となったレコードストアデイの役割もある程度全うされたと言えます。 昨今ではアナ もっと読む...

アーティスト・DJが選ぶ2018年ベストディスク! - [2018-12-20]

皆さまお楽しみの年末企画「アーティスト/DJが選ぶ年間ベストディスク!」。今年も皆さまの期待に応えるべく総勢 46名・組のアーティスト、DJの皆様に選出をお願いいたしました。 但し、勝手ながらの縛りは例年通り、 ・今年リリース・フィジカルリリース・市販されたもの(プロモオンリーはNG) ということで選んでいただいています。 それでは、どうぞ皆さま御堪能ください。 text by KCMT(JET もっと読む...

モントリオール発次世代レーベル"NAFF"特集 - [2018-12-15]

"Temple"設立メンバーの一人で、"Apron"、"1080p"、"ASL Singles Club"などからのリリースで知られるAdam Feingold aka Ex-Terrestrialと、カナダ・シーン筆頭株Project Pabloとも絡みながら、2018年に"Echovolt"よりデビューし、やはり"ASL Singles Club"から2ndシングルをリリースしたFranci もっと読む...

Desert Sound Colonyと"Holding Hands"レーベル特集 - [2018-12-11]

ヨーロッパのダンスミュージックシーンを中心に盛り上がるテクノ〜エレクトロ〜ベースの要素をミックスしたスタイルですが、"Hessle Audio"(Pearson Sound、Ben UFO、Pangaea)のRainbow Disco Clubでのショーケースや、"Timedance"主催のBatuのruralへの出演、また毎週末のパーティーから、国内でも上記のスタイルが浸透している様に感じます。 もっと読む...

JET SETのクリスマス特集2018 - [2018-12-06]

ついこのあいだまで半袖で過ごしていたような気がするのに、気が付けばもう12月。いつのまにか秋が通り過ぎて、そろそろ本格的な冬の到来を感じさせられる今日この頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年も例によって、クリスマス関連のタイトルが続々と入荷中です。今年2018年にリリースされたもの以外にも、いわゆる定番どころのアイテムや、カルトなクリスマス・リリース、今でもお買い求め頂ける過去のカタログ・タ もっと読む...

Yumi Zoumaと"Casine"レーベル特集 - [2018-12-02]

ニュー・ジーランド出身、N.Y.〜パリを拠点に活動する男女4ピース、Yumi Zouma。2014年〜15年にリリースされたEPシリーズの3作目にして最終作がリリースされました。(当店でもまもなく発売します) 2014年のデヴューEPはリリース前から話題となり、瞬く間に世界的にブレイク。Yumi Zoumaようなソフトなシンセ・ポップ・バンドが数多く登場し、10年代インディー・バンドの主流のひとつ もっと読む...

トロント発インディ・ヒップホップレーベル"GGBR Records & Tapes" - [2018-11-26]

西海岸のバンクーバーと並び、カナダで最もヒップホップが盛んなスポットとして知られる街が、オンタリオ州の州都トロント。 古くはMaestro Fresh Wes、最近だとDrakeなど、カナダのみならずUSでも人気を博すタレントを数多く輩出してきたこのトロントで、2014年に始動した"GGBR Records & Tapes"レーベルが注目を集めています。主宰はBozack MorrisとB もっと読む...

"Shall Not Fade"レーベル特集 - [2018-11-18]

現在活況を帯びるアンダーグラウンド・ハウス・シーンに突如現れた"Shall Not Fade"。KGWことKieran Williamsがイギリス西部の港街ブリストルでスタートさせたそのレーベルは、Mall Grab、LK、DJ Boring、Deejay Astral、DJ Octopusなど新世代プロデューサーを数多く輩出。さらにデトロイト・ベテランRick Wadeをはじめ、Sound Si もっと読む...

Veronica Vasickaと"Minimal Wave"レーベル - [2018-11-12]

ローファイなシンセサウンド/エレクトロニックミュージックが持つ多彩な領域から、発掘/再発、そしてアップデートを行う現行N.Yのアンダーグランド・エレクトロニックシーンの発信源として機能するレーベル"Minimal Wave"。 John Peelも籍を置いていたEast Village Radioの設立に関わり、コールドウェイヴ、ポストパンク、インダストリアル、シンセポップを紹介するプログラム"M もっと読む...