RSS | ヒットチャート | 予約ヒットチャート | Record CD Online Shop JET SET / レコード・CD通販ショップ ジェットセット https://www.jetsetrecords.net/hitchart/preorder/ アナログレコードとCDの巨大オンラインショップ。ヒップホップ、ハウス、テクノ、インディが毎日入荷、毎日更新。試聴も充実。人気プロモ、中古レア盤も入荷中。 坂本慎太郎 FEAT. ゑでゐ鼓雨磨 | 小舟 | ZELONE | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/816005636419/ 坂本慎太郎のニュー・シングル「小舟」が7インチ・リリース! 「ディスコって」から約3年ぶりとなる書き下ろしの新曲「小舟」と、坂本慎太郎が詞を提供したコーネリアス「未来の人へ」のカバーをカップリングで収録です。両曲とも、ゲストボーカルにゑでゐ鼓雨磨(ゑでぃまぁこん)をフィーチャー! A面収録の「小舟 (Boat)」は、ボトムの低いタイトでスロウなビートに、坂本慎太郎とゑでゐ鼓雨磨(ゑでぃまぁこん)による切ないボーカルが乗る、ポップでセンチメンタルなナンバー。より磨きがかかったAYA (Bass)と菅沼雄太(Drums)によるロウなグルーヴと、中村宗一郎による生々しい録音が相まって、シンプルながらも強烈な異質感を漂わせる楽曲に仕上がっています。ライブ活動を再開させた坂本慎太郎の現時点での到達点とも言える、極限まで研ぎ澄まされた言葉と演奏を存分に味わえる名曲です。B面には、坂本慎太郎が詞を提供したコーネリアスの楽曲「未来の人へ (Dear Future Person)」のカバーを収録。ミッド・テンポのビートに、トレモロ/逆回転ギター、浮遊感溢れるボーカルが絡む、サイケデリックかつミニマルなアレンジで、オリジナル・バージョンとは異なる新たな魅力を引き出した名カバーです。どちらの曲にも共通するメッセージとテーマがあり、2曲が共鳴することでよりイメージが広がる、コンセプチュアルなカップリングとなっています。アートワークは坂本慎太郎による描き下ろし、二つ折りジャケット仕様を採用。 CSR | HEY MR. DEB / PARTY DOWN | CSR | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/816005630659/ 大人気R&Bクラシック"Hey Mr.DJ"を替え歌日本語カバーした7インチ! 2015年に発表した竹内まりやカバーが話題となった謎のプロジェクトCSR(コレステロール)から、新たな自主制作7インチが到着!今回はZhaneのダンス・クラシック"Hey Mr.DJ"のコミカルな日本語カバーと、Little Beaverの代表曲にしてマイアミ・ソウルのマスター・ピース"Party Down"を大胆にカバーしています。 ボーカリスト、プロデューサーなど詳細は一切不明ながら、その驚異的なクオリティでインパクトを残したCSR。待望の新作もピークタイムのフロアを盛り上げること間違いなしのDJ必携盤です!A面の"Hey Mr. Deb"は、フィラデルフィアのフィメールR&Bデュオ、Zhaneが1993年にリリースしたダンス・クラシック"Hey Mr.DJ"を替え歌状態で日本語カバー。原曲に忠実なビター・スウィート・90's R&Bサウンドに、食に対する熱い思いを歌ったファニーなリリックを乗せた、フロア沸騰確実のキラー・チューンです。  B面には1974年にリリースされたLittle Beaverの代表曲にして、マイアミ・ソウルのマスター・ピース"Party Down"のカバーを収録。原曲のミニマルなリズムボックス、哀愁溢れるメロウなフィーリングはそのままに、ハスキーでアダルトな女性ボーカルがソウルフルに切り込む、絶品ダンス・ナンバーに仕上がっています。 田中裕梨 | CITY LIGHTS 2ND SEASON | SMR | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005617169/ Blu-Swingのボーカリスト、田中裕梨による絶品カバー・アルバム第2弾! クラブ・ジャズ・バンド、Blu-Swingの女性ボーカリストによる大好評カバー・プロジェクト『CITY LIGHTS』の続編!今回は竹内まりや、国分友里恵、中原理恵、ハイファイセットなど、'70~'80年代の女性ボーカル曲からセレクションした珠玉の全10曲を収録。今回もアナログ盤は限定です! THE BLUE HEARTSのヒップホップ・トリビュート・アルバムやKan Sano擁するLast Electroなど注目のリリースが続いているSMRから、2019年1月にCDリリースされた田中裕梨によるカバー企画アルバム第2弾のLPエディションが登場。2016年にリリースされた前作『CITY LIGHTS』に続いて、同レーベルらしいDJ目線のセレクションと編曲センスが存分に発揮され、今や世界的人気を博しているシティポップ~和モノ・グルーヴの名曲たちが、田中裕梨の伸びやかで清涼感のある歌声で再演されます!ここ数年で生まれた多くのカバーの中でも最高の仕上がりとなった竹内まりあ「プラスチックラブ」から、同じくDJ人気の定番曲となっている国分友里恵「スノッブな夜へ」と続く冒頭から最高潮ですが、1980年代の資生堂CMに起用された清水信之のプロデュース曲「ニュアンスしましょ」「くちびるヌード」や、筒美京平の作曲による「東京ララバイ」「ストリート ダンサー」といった歌謡曲にもアプローチ。好評を得た前作から引き続き、再定義された現代のシティポップ・マナーを踏まえたアレンジは一貫しており、アルバムを通した高い作品性が継承されています。LPはCDとジャケット・アートワーク違いとなっています。 一十三十一 | ECSTASY | BILLBOARD / JET SET | 2LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005633089/ Dorianプロデュースによる'17年の傑作『Ecstasy』が遂にアナログ化! Dorianがすべての作曲/プロデュースを担当し、ゲストに高城晶平(cero)、高橋一(思い出野郎Aチーム)を迎えた、2017年リリースの9枚目のオリジナル・アルバム『Ecstasy』が2LP仕様でアナログ化です! ミッドテンポのグルーヴが心地良い"Let It Out"は、高城晶平(cero)が詞を提供した極上のアーバン・ソウル・ナンバー。Dorianによるクリスタルなシンセ・サウンドと一十三十一の甘いヴォーカルが溶け合ったアルバムのハイライト的な名曲です。高橋一(思い出野郎Aチーム)がトランペットで参加した"Swept Away"は、バックビートに揺れるユーミン・マナーのミディアム・スロー・ナンバー。エレクトリック・スティールパンの音色が楽園へと誘う、トロピカルな一曲です。その他、跳ねるディスコ・ビートにストリングスが絡む、サルソウル的ダンス・ナンバー"Serpent Coaster"、楽園ムードが弾けるMV曲"Flash of Light"、妖しげなシンセのメロディに艶やかなボーカルが絡むクールなディスコ・ブギー・チューン"Blue, Midnight Blue"など、全10曲を収録。デザインは『CITY DIVE』以降の世界観をイメージ面から支えるアート・ディレクター弓削匠が担当しています。 東京パノラママンボボーイズ | パチンコ | テイチクエンタテインメント / JET SET | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/826005628009/ "♪どこいくの パチンコしましょ!"で大ヒットしたキラー・ラテン・ナンバーが7インチ化!! '80年代から活動する伝説のネオ・マンボ・ユニット、東京パノラママンボボーイズが'91年に発表したシングルがアナログ化!カップリングにはトーク・バラエティ番組『ごきげんよう』のOP曲としておなじみの「マンボのビート」を収録!! コモエスタ八重樫、パラダイス山元、ゴンザレス鈴木の3人による、昭和30年代の和風マンボを再現したユニット、東京パノラママンボボーイズ。1DJ+2パーカッションという特異な編成による唯一無二のマンボ・サウンドと、ど派手なマンボ衣装をまとった過激なパフォーマンスで国内外のクラブを沸かせました。今作は彼らの'91年のデビュー・アルバム『マンボ天国』(こちらのオリジナルLPはレア盤!!)に収録され、同年に8cmCDでリリースされた2曲の初7インチ化です。Aサイドは「♪どこいくの パチンコしましょ!」のキラー・フレーズが炸裂する彼らの代表的ナンバー「パチンコ」。ナンセンスな歌詞のインパクトに耳を奪われますが、ピアノとホーンによる華麗なオーケストラと軽快なマンボビートの応酬で、マージナルビーツやデジタル・クンビアの発掘を経た今日のDJ目線でも存分に機能する最高のダンス・ナンバーです。そしてBサイドは、フジテレビのお昼の人気番組『ライオンのごきげんよう』テーマソングとして長く親しまれ、お茶の間にも浸透した「マンボのビート」を収録。キューバのラテン音楽巨匠Perez Pradoによる名曲"Al Compas del Mambo"のカバーで、「アーーッ、うっ!」のマンボな叫び声が強烈なフックを利かせる底抜けに陽性でエネルギッシュなグルーヴィー・チューンです。 BUDDHA BRAND | PUNCH(仮) | BAD NEWS | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/416005629429/ 現在製作中の2nd.アルバムから先行7"シングル第2弾!! Buddha Brand再始動アナウンスからの続報は、全曲Dev Largeプロデュース曲でリリースが予定されている2nd.アルバムからの先行7"シングル第2弾。 今作はD.Lが残した唯一のソロ名義でのラップ・アルバム『The Album(Admonitions)』をレックしていた2005年以前に作られたものの、幾度となく訪れたグループの活動休止状態によってお蔵入りになった楽曲。その後、D.Lのヴァースは『The Album(Admonitions)』収録曲"The Masters"に使われることとなりましたが、オリジナル・バージョンである今曲は、D.Lが生前、全幅の信頼を寄せ数多くの楽曲を共にしたI-DeAのハードディスクの奥底に長きに渡って眠っていました。硬質なドラムブレイクに軽快なエレピとサックスがサンプリングされた、一聴してD.Lが手掛けたことがわかるファンキー・フレイバー満点のトラックに、Nipps、CQ、D.Lの無敵の3本マイクがラップを繋ぐ、これぞブッダ印と呼ぶべき至極の1曲。 OKADA TAKURO | ノスタルジア | ONLY IN DREAMS / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005612719/ 2017年発表のデビュー・アルバム『ノスタルジア』が遂にアナログ化! 2015年に解散したバンド、森は生きているのリーダー、岡田拓郎がソロ名義で発表した大名盤。多くのメディアで2017年のベスト・アルバムにも挙げられた、10年代ジャパニーズ・オルタナティヴ・ポップの金字塔です。 昨年リリースされ新境地を示した最新EP『The Beach EP』の12インチも大好評で即完売となりましたが、先にその評価を決定付けた和製ソフト・サイケデリック・フォーク・アルバム『ノスタルジア』のアナログ・エディションが、満を持して登場です。ボーカルに三船雅也(ROTH BART BARON)をフィーチャーしたリード曲「アモルフェ (Feat. 三船雅也)」、先行配信され大きな話題となったドリーミン・ポップ・ナンバー「硝子瓶のアイロニー」、シンガーソングライターの優河を迎えた「遠い街角(Feat. 優河)」など、普遍的ソングライティングとオルタナティヴな感性、今日的サウンドメイキングの融合した全10曲を収録。森は生きているの元メンバーである増村和彦、谷口雄、大久保淳也、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、石若駿などが参加した他、マスタリング・エンジニアは、Bob DylanからTame Impala、Bon Iverまで手掛けてきた巨匠Greg Calbiを迎えています。 AAAMYYY | BODY | SPACE SHOWER MUSIC / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005612349/ ガールズ・シンセ・ポップ・2019の傑作『BODY』が限定アナログ化! TempalayのメンバーでもあるAAAMYYYによる、2019年2月発表のファースト・アルバムがLP化。盟友のMATTON(PAELLAS)、CONYPLANKTON(TAWINGS)に加え、Computer Magic、JILのニューヨーク勢も参加した瑞々しい才気とクールな初期衝動に溢れる1枚です。 2017年以降にリリースされた3本のカセットEPは即完売。昨年には以前からサポートを務めていたTempalayに正式加入した他、TENDREのサポートや、ラジオMC、モデル、CMへの歌唱提供など幅広い活動で注目を集める女性シンガーソングライター/トラックメイカー、AAAMYYY。DIYな質感を保ちつつ多彩なアプローチを展開し、オルタナティブ・ポップの寵児へと飛躍を遂げたアルバム『BODY』のアナログ・エディションが遂に完成です。Computer Magicを客演に迎えた夢見心地のパステル・ベッドルーム・ポップ"Z"、PAELLASのMATTONとデュエットするインディ・R&B・ナンバー"ISLAND"、サイケデリック・ソウル・バンドJILと共作した幽玄のダウンテンポ・ナンバー"All By Myself"、リード曲となったシンセ・ポップ・チューン「屍を越えてゆけ」、TAWINGSのCONYPLANKTONが参加したアコースティック・ポップ"EYES"など、全10曲を収録。カバー・アートワークは、ブルックリンを拠点とするクリエイティブ・ユニット、Margtが担当。写真は同じくブルックリンを拠点とし、The Fader、DIY、Teethなどのファッション誌でも活躍する気鋭フォトグラファー、Phoenix Johnsonが撮影しています。 野本かりあ | ショコラに夢中 | KING / JET SET | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/826005611349/ 小西康陽プロデュース、安野モヨコ原作アニメのOPテーマ曲が初アナログ化! 2005年にCDシングルとしてリリースされたTVアニメ『シュガシュガルーン』のOPテーマ曲「ショコラに夢中」。作曲は小西康陽、作詞はアニメ原作者の安野モヨコが手がけた「夢見るシャンソン人形」オマージュなイエイエ・ブレイクビーツ・ポップ最高曲です! 2000年に小西康陽プロデュースのもとシンガーとしてデビューした野本かりあ。コケティッシュなルックスと歌声を持ち、新世代のファッションリーダーとしても注目を浴びていた彼女の楽曲群の中でも人気の1曲が念願のアナログ化! '03年から少女漫画雑誌『なかよし』で連載された安野モヨコによる人気作『シュガシュガルーン』。'05年~'06年にテレビ東京系列でアニメ化された際のオープニング・テーマ曲が本作「ショコラに夢中」です。小西康陽ワークスの記名性抜群な高速スウィンギン・ブレイクビーツにのせて、France Gallの歌唱でお馴染み「夢見るシャンソン人形」をオマージュしたキラーすぎる仕上がり。原作者の安野モヨコが書き下ろした歌詞、野本かりあのキュート・ボイスもバッチリはまった和製フレンチポップ・ナンバーです。カップリングの「月の向こうの世界」はアニメのエンディング・テーマとしてオンエアされた楽曲で、同様に小西康陽の作曲、安野モヨコが作詞を担当。ミディアム・テンポのラウンジ歌謡となっており、こちらも素晴らしいです。 SLOW MOTION REPLAY PRESENT DUNK SHOT BROTHERS | NIGHT SIGH / ADVERTISING | SMR | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/816005629829/ 今回もキラー&危険な和モノ・ネタ!大人気リエディット・シリーズの新作です。 Slow Motion Replayのエディット専科、Dunk Shot Brothers!'17年以来となる待望の新作は、両面ともに歌謡曲・アイドル黄金時代の名曲を和モノ・ディスコ・ファンク目線で再編集した強烈な7インチです。 Aサイドは、角松敏生が作詞・作曲・プロデュースを手がけた国民的スターによる'84年のアーバン・ブギー~ディスコ・ファンク・チューンをエディット。御大ディスコ・マスターのDimitri from ParisにもDJプレイされるなど、既にジャパニーズ・レアグルーヴとして評価されてきた原曲の骨格はそのまま、イントロを引き延ばし、ド派手なホーンセクションと重量級リズム・セクションが全身を打ち付ける特大フロア・ウェポンにアップデート!Bサイドは『スター誕生!』出身の女優・歌手による、'76年の異色サイケデリック・ファンク・チューンをエディット。阿久悠の作詞、水谷公生の作曲によるアルバム中のマイナー曲ながら、国内屈指のディガー/DJのChee Shimizuがインタビュー中で紹介するなど、今日のフロア目線で再評価されているグルーヴィーで艶めかしい楽曲です。 MEI EHARA | SWAY | KAKUBARHYTHM | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005641269/ 辻村豪文がプロデュースを手掛けた2017年リリースのファースト・アルバムが初アナログ化!! 静かに体を揺らしてしまうメロディと、ミステリアスなボーカル、ポエティックで耳に残る歌詞。彼女の才能に惚れ込んだキセルの辻村豪文が全面プロデュース、演奏もキセルのふたりが担当した全10曲!! BONOBOS | ELECTLYRIC | DREAMUSIC / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005629809/ bonobosのセカンド・アルバムが2LP仕様で初のアナログ化! デビュー以降、レゲエ/ダブ、エレクトロニカ、サンバ、カリプソなど様々なジャンルを飲み込みながら、新たな音楽を提示し続けるハイブリッド音楽集団、bonobos。初期の傑作2作品が2LP仕様で初のアナログ化です! こちらは朝本浩文がプロデュースを手がけ、2005年にリリースされたセカンド・フル・アルバム『electlyric』。2017年に7インチがリリースされ再び話題を呼んだ人気曲"THANK YOU FOR THE MUSIC"は、ナイヤビンギ風の土着的なパーカッションのビートに、浮遊感溢れるスウィートでソウルフルな歌声が絡む、極上のラヴァーズ・ロック・チューン。色褪せない彼らの代表曲であり、2000年代ジャパニーズ・ロック史に残る名曲です。そのほか、打ち込みのビートにフューチャリスティックな電子音、ダビーなベースラインが絡む、ドリーミーなエレクトリック・ダブ"electlyric"、レイドバックしたアコースティックなロック・ステディ・チューン「あの言葉、あの光」、季節の移ろいを歌ったセンチメンタルなフォークトロニカ「春夏秋冬」、パーカッシブなエレクトリック・ビートにダビーなホーン、サイケデリックなワウ・ギターが絡む「あたらしいひ」など、珠玉の全10曲を収録。 EMERALD | PAVLOV CITY | MAYPRIL | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005621429/ 2017年10月リリースのセカンド・アルバムがアナログ化!! 山下達郎やキリンジなどに代表されるジャパニーズAORの要素を取り入れつつも、現行R&Bやチルウェイブの潮流にもいち早く呼応し、独自の解釈でポストJ-POPを標榜した意欲作!! 2011年のデビュー以降、ジャズやネオ・ソウルとジャパニーズ・ポップスの折衷に挑戦し、ヴォーカルの中野陽介の持つ唯一無二の歌声とバンド独自のグルーブとのアンサンブルを探求し続けてきたEmeraldが、制作に3年を費やしこだわり抜いたサウンドを凝縮した最重要作品。中でもA面5曲の流れは秀逸で、ポップ・ソングとしての機能を果たしながらも、B面に続く壮大なメロウ・パートへと誘うに十分な仕上がりとなっている。日本コロムビアの名匠、武沢茂のカッティングを経たリマスター版。過去作のディスコグラフィー、音楽ジャーナリスト柴那典氏によるライナーノーツ封入です。 田我流 | RIDE ON TIME | MARY JOY / JET SET | 2LP https://www.jetsetrecords.net/i/414005633009/ 7年ぶりにリリースされた待望の3rd.アルバムがアナログ化!! KM、VaVa、Automatic、DJ UPPERCUT、EVISBEATS、C.O.S.A、KILLER-BONGなど、トラップ以降の気鋭と盟友達が一同に会し、タイトル通り敢えて時代の波に乗る、2019年の重要作!! 豪華ゲートフォールド・ジャケット仕様2LP。 すでに日本語ラップ・シーンで話題沸騰中の今作は、2012年のアルバム『B級映画のように2』以来、実に7年ぶりとなるオリジナル・アルバム。前述の人気プロデューサー&ラッパー陣のラインナップもさることながら、自分の心の声にフォーカスして作り上げたと語るだけあり、田我流の別名義=Falcon a.k.a. Never Ending One Loopによるトラックが半数を占めており、ジュークのビート・メイカーAce-Upや、エモラップ・シーンからも注目の女性シンガーNTsKiなどユニークなコラボレーターの人選が光ります。まさに田我流ならではのオルタナティブなセンスが貫かれた1枚。ミックスはD.O.I.、マスタリングにロンドンのMetropolis MasteringのStuart Hawkes。ジャケット・デザインには、田我流自身がインスタグラムで見つけてオファーしたというイラストレーターのNEHANBROWNが起用されています。 LUCIE,TOO | LUCKY | THISTIME / JET SET | 10" https://www.jetsetrecords.net/i/814005613469/ 宇都宮の若きジャングリー・ガールズ・ギター・バンド★youtube動画が200万回再生を超えた2019年のブライテスト・ホープ大本命!! 結成から僅か1年たらずの2018年2月にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム『Lucky』にボーナストラックを追加した全8曲入り10インチ!! 平均年齢20歳のメンバー3人が織り成すピュアでフレッシュなジャパニーズ・インディ・ポップの傑作です。 '90年代のギター・ポップと'10年代ガールズ・オルタナティヴ・ポップをミックスしたような、キュートで甘酸っぱいサウンドが話題となり、日本のみならず海外からも注目を集めるLucie,Too。タイトル曲でもある"Lucky"は爽快感に溢れるメロディが素晴らしい1分半のピュア・ギターポップ・チューンで、MVの再生回数200万回を突破したスマッシュヒット曲。その他、ジャングリー&ラヴリーなMV曲「キミに恋」、ファースト・デモとして発表された最初期の楽曲"May"など、キャッチーなソングライティングと初々しいバンド・サウンドの融合した名曲が並びます。CD/配信未収録のボーナストラックとなる「オレンジ」は、'17年にリリースされたデモEP『Hi Lucie.』に収録されたノスタルジック&センチメンタルな胸キュン・ナンバーです。 KENNY DOPE | DOWN BY LAW / SUBWAY BEAT | KAY DEE | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/425005313539/ 『Wild Style Breakbeats』ボックス・セットから単体7"リリース! Kay DeeとGet On Downの共同企画『Book』シリーズの第1弾としてリリースされた、B-boy聖典サントラ『Wild Style』のブレイクビーツ・バージョン。 仙人掌 | WORD FROM… | DOGEAR / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/414005608129/ JJJ、田我流、OYG、BES、MONJUメンバーを招き制作された強力盤!! MONJU、DOWN NORTH CAMPのメンバーであり東京でも最高峰のMCとの呼び声が高い仙人掌!!新たな日本語ラップ・クラシックとなったファースト・アルバム『Voice』の前後に制作された楽曲をコンパイルした、2018年3月リリースのEP『Word From...』が遂にアナログ化です。 プロデュースにFitz Ambro$e、フィーチャリングにBESが参加した"WUSHUNNIN feat. BES"から始まり、ブルックリンを拠点に活動するプロデューサー、Malik Abdul-RahmaanがプロデュースをつとめMONJUのメンバーが揃った"THE STRINGS feat. ISSUGI, Mr.PUG"、KID FRESINOがビートを制作し、田我流とJJJを客演に迎えた"HOME(OKAERE-MIX) feat. 田我流,JJJ"など、『Voice』収録楽曲と遜色ないハイクオリティの全5曲。シーンに大きなインパクトを残したファースト・アルバムを補完する完結編であり、昨年6月にリリースされたセカンド・アルバム『Boy Meets World』への予感に満ちた重要作です。ジャケットは今作アナログのために書き下ろされた新デザインとなっています。 BES & ISSUGI | VIRIDIAN SHOOT | P-VINE | 2LP https://www.jetsetrecords.net/i/414005480839/ ボーナス・トラックを収録した限定2LPエディション!! メイン・プロデューサーにN.Y.ブロンクスのプロデューサー、Gwop Sullivanを迎え、Besにとっては初となるBudamunk、DJ Scratch Niceとのジョイントも収録。フィーチャリングには、Michino、Mr.Pug、仙人掌が参加。 国内最高峰ラッパー2人による待望作。旧知の間柄であり、『Bes Ill Lounge』収録の"Coffee & Sugar feat. ISSUGI"や"24 Ill Lounge prod by 16flip"、ISSUGI & Gradis Nice『Day and Nite』収録の"How Ya Livin feat. Bes"などでの共演、また16 Flip vs Bes『The Definition Of This World』では、Besの3rd.アルバム『The Kiss Of Life』を16flipが全曲リミックスするコラボレーションでもヘッズを狂喜させた2人のジョイントによるオリジナル・アルバムが完全限定プレスの2枚組アナログ盤でリリース。アナログ盤のみのボーナス・トラックとしてRed Bullの企画で制作され、正式なリリースの待たれていた16flipのプロデュースによる"Playground2018"(D4)を収録!! WHO ME ? & 久保田麻琴 / KICKTRACKS | 白鳥おどりREMIXES | ABY / JET SET | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/816005633589/ Who Me ? & 久保田麻琴による岐阜・白鳥の盆踊り歌リミックスが7インチ化! 久保田麻琴制作の民謡音源集『郡上白鳥』('17年)に収録された、エレクトロニック×盆踊り衝撃リミックスがアナログ化。カップリングは今作のために新録された、ロシアの新鋭トラックメイカーKickTracksによるブレイクビーツ・リミックス! 昨今の民謡ブームに先駆け、'70年代に活動した夕焼け楽団時代から長年に渡り日本各地の民謡を発掘・独自の視点で発信してきたプロデューサー、久保田麻琴。今作は岐阜県・白鳥の盆踊り歌をフィーチャーした音源集『郡上白鳥』に収録されたビートメイカーWho Me ?と共作した"Tokyo Eletronico Mix"の7インチ化です。しかも久保田氏自身がエディットを施し、より爆発力が増した本盤のみの7インチ・バージョンとして収録です。朗々たる歌声と手拍子、そして神社拝殿の床板を踏み鳴らす下駄の音をモダンでエフェクティヴなサウンドに仕上げた、衝撃のエレクトロニック・ダウンテンポ~ダブ・ミックスです!!さらにカップリングには久保田氏が推薦するロシアの注目プロデューサー、KickTracksによる新録リミックスを収録。ローファイな日溜まりブレイクビーツ・トラックに土着的なボイス・サンプルが絡む、心地よいチルアウト・リミックスに仕上がっています。 BONOBOS | HOVER HOVER | DREAMUSIC / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005629819/ bonobosのファースト・アルバムが2LP仕様で初のアナログ化! デビュー以降、レゲエ/ダブ、エレクトロニカ、サンバ、カリプソなど様々なジャンルを飲み込みながら、新たな音楽を提示し続けるハイブリッド音楽集団、bonobos。初期の傑作2作品が2LP仕様で初のアナログ化です! こちらは2004年にリリースされたセルフ・プロデュースのファースト・フル・アルバム『HOVER HOVER』。冒頭曲"Good Morning Groove"は、トライバルなパーカッションのリズムに浮遊感溢れるボーカルが乗るオルタナティヴなダブ/ナイヤビンギ・ナンバー。続く「もうじき冬が来る」はアルバムに先駆けリリースされたデビュー・シングル曲で、ミッドテンポのダンスビートにフルートの音色が軽やかに響く、極上のロックステディ・チューンです。そのほか、スローなバックビートにトレモロ・ギターが絡む、白昼夢的サイケデリック・ダブ「泳げやしないぜ」、アップテンポなビートと呪術的なグルーヴが癖になるアフロ・ダブ"Night Apes Walking"、スティールパンの音色が響くトロピカルなカリプソ・ナンバー"water"など、早くもジャンルを越境していたbonobosの瑞々しい魅力が詰まった全9曲を収録。 TANIA MARIA WITH BOTO AND HELIO | FIO MARAVILHA / BEDEU | DYNAMITE CUTS | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/615005628419/ ブラジリアン・ナイト・ジャズ至宝とも言われる名盤から人気曲2曲が初7"化!! 【限定500枚プレス】フランス・バークレイに残された作品の中でも抜群の完成度と人気を誇る'75年の大傑作アルバムから人気ナンバー2曲を初7"化させた大注目盤!! 毎回爆発力満載のキラー・カットを届けてくれるDynamite Cutsより、Tania Mariaを中心としたBoto、Helioの3人によるトリオで'75年にリリースした名盤『Via Brazil』収録曲を7"カット。タニアの可憐でパワフルな歌声と、瑞々しく弾むシャープな鍵盤捌きが、フロアにポジティヴな躍動感を生むジャズ・ファンク傑作"Fio Maravilha"と"Bedeu"の2曲をカップリング!! 町あかり / 星野明音 | 長所はスーパーネガティブ! | NON-LINEAR | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/816005618319/ 町あかり書きおろし、映画『内回りの二人』主題歌となったアイドル・ディスコ歌謡最高曲がアナログ化! 映画×音楽の祭典『MOOSIC LAB 2018』短編部門にて、準グランプリ・最優秀女優賞・男優賞・ミュージシャン賞の4冠を獲得した『内回りの二人』(柴野太朗 監督)の主題歌「長所はスーパーネガティブ!」。町あかりが作詞/作曲を担当した平成最後のアイドル・ディスコ歌謡を、町あかりと星野明音の歌唱バージョンで収録した両A面ダブルサイダーです! シンガーソングライター町あかり節炸裂の本曲は、前述の映画主題歌として発表されて以降、今年4月にリリースされた姫乃たまのメジャー・デビュー・アルバム『パノラマ街道まっしぐら』のリード曲としてもカバー・バージョンが発表されるなど、中毒者続出中の話題曲です。  町あかり自身の歌唱によるA面は、町あかり&カシオボーイとして近頃ユニットとしても活動しているキーボード奏者カシオボーイが編曲を担当。チープな打ち込みサウンドが癖になるテクノ歌謡ナンバーとなっており、キャッチーで踊れる最高の仕上がりです。  AA面には、映画本編の出演女優である岡野真也が作中の役名「星野明音(ほしのあかね)」名義で歌唱したバージョンを収録。こちらは数々の町あかり楽曲を手掛ける坂東邑真を編曲に迎えており、よりレトロスペクティブな筒美京平ラインのディスコ歌謡曲に仕上がっています。町あかりバージョンと好対照にあどけないロリータボイスが魅惑的です! キセル | THE BLUE HOUR | KAKUBARHYTHM | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005641259/ 20周年イヤーの今年、ついにアナログでリリースです!! 鮮やかなリズム・アプローチに珠玉のメロディ。ドラムに長年の盟友北山ゆうこ、サックス、フルートで加藤雄一郎、鍵盤でエマーソン北村と野村卓史が、さらにヴィブラフォンで山田あずさ等がゲスト参加。2017年リリースの8th.アルバムが遂に初アナログ化!! MILTON WRIGHT | KEEP IT UP (INC. J.ROCC EDIT) | ALSTON / OCTAVE | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/516005623659/ レアグルーヴ・クラシックとしても名高い"Keep It Up"をJ.Roccがリエディット!! これまでにも幾度となく再発されてきた永遠の名曲としても絶大な人気を誇るKeni Burkeによる'74年リリースのクラシック・ナンバーをJ.RoccがDJユースにリエディット!! オリジナルは激レア盤かつレアグルーヴ名盤として知られる、マイアミの名レーベルAlstonに残されたMilton Wrightの'75年作『Friends and Buddies』収録曲としても知られる"Keep It Up"を、Stones Throwの要として活躍するDJ、ファンキー・プレジデントことJ.Roccがリエディットした大注目作品!!B面にはオリジナルも収録!! ODD EYES | SELF PORTRAIT | KILIKILIVILLA / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/814005587099/ 2018年のハードコア・パンク大傑作『SELF PORTRAIT』がアナログ化! KiliKilivillaよりリリースされたセカンド・アルバムが待望のアナログ化!ミックス/マスタリングにイリシットツボイを迎え、ポストパンク~ノー・ウェイヴの鋭利なグルーヴと音像をハードコア・パンクに落とし込んだ、瑞々しい衝動と洗練の共存する全10曲です。 オーバー・ザ・ボーダーな活動であらゆるパーティーに登場して強烈な印象を残し、多方面で話題となってきた京都のハードコア・パンク バンド、odd eyes。本作はSummer Of Fanからの7インチ『A Love Supreme For Our Brilliant Town』以来ほぼ3年振りのリリースとなった、2018年3月発表のセカンド・アルバム『SELF PORTRAIT』のアナログ・エディションです。印象的なギターの振りで幕を開けるファスト・ソング"Just a Soul"とソリッド・ファンク・パンク「喧騒」で幕開け、ポスト・ロック~ジャンク・ロック的なインスト曲"Microphone Jusitice"、詩情の炸裂するコンフューズド・ブライト・パンク"A One and a Two"、そしてVideotapemusicが監督を務めたMVも話題となったリード曲「熱波」など、ハードコア・パンクをベースにしたプログレッシブな音楽性と、The Anticipation Illicit Tsuboi=イリシットツボイによる振りきれた音響構築の融合した圧倒的にオリジナルな1枚。ジャケット・アートワークは近藤さくら、デザインは坂脇慶が手掛けています。 ゆるふわギャング & RYAN HEMSWORTH | CIRCUS CIRCUS | MARY JOY / SECRET SONGS / JET SET | LP https://www.jetsetrecords.net/i/414005632989/ 3月に配信リリースされたジョイント作品がアナログのみフィジカル・リリース!! これを待ってました!! フューチャーベース世代の天才カナディアン・プロデューサーRyan Hemsworthと、ゆるふわギャングによるバブルガムかつドープなコラボレーション・アルバム。 NENEのThe Chemical Brothersのアルバム参加や、本作リリース後の韓国や香港、ロンドンのツアーも成功を収めるなど、活躍の場を海外まで拡げているゆるふわギャングと、Jポップを影響源のひとつに掲げるナードなセンスと最先端ダンス・ミュージックのフォーマットを融合させ、E-40やTinashe、JOJIなど多くのアーティストと共作してきたカナダの人気プロデューサーRyan Hemsworth。ゆるふわギャングの2nd.アルバムにも楽曲提供していたRyan Hemsworthの発案で、2019年1月にハリウッドのスタジオ・セッションで制作されたのが本作。サンフランシスコをベースに活動するエレクトロニック・ポップ・アクトGiraffageによる共同プロデュース曲(A1)、刹那的なリリックと過激なMVで強烈なインパクトを残した(A4)、Ryan Hemsworthのファニーでセンチメンタルなトラックとゆるふわギャングのエモーショナルな世界観が結実した名曲(B2)など、全7曲を収録。日本語ラップの文脈から逸脱しオルタナティブに進化していく、ゆるふわギャングの現在到達地点を示した傑作です!! TUXEDO | TUXEDO III | FUNK ON SIGHT | LP https://www.jetsetrecords.net/i/513005636579/ 前作より早2年、Tuxedoによる3rdアルバムが遂に完成!! モダン・ディスコ〜ブギー・サウンドで国内でも爆発的な人気を誇るMayer HawthorneとJake Oneによるユニット、Tuxedoによる待望の最新アルバムが到着!! 数々のヒット・ナンバーを生み出し、モダン・ディスコ・シーンの中心的存在として活躍するMayer HawthorneとJake Oneによる大人気ユニットTuxedo。本作ではDaM-FunKやBenny SingsなどのStones Throw勢はもちろんのこと、MF Doomやウェストコースト・ヒップホップ・シーン屈指の重鎮Battlecat、LA発の新鋭注目株Leven Kaliなどの豪華客演を迎え、前作や前々作を上回る大傑作に仕上がった3rdアルバムが遂にリリース!!ジャケットは手書き風デザインにエンボス加工を施した特殊ジャケット仕様!! RHYMESTER | 予定は未定。 | HMV RECORD SHOP | 7" https://www.jetsetrecords.net/i/416005634769/ Mighty Crownを迎えたキャリア初の本格レゲエ・チューン!! カリビアン・ムードがもたらす圧倒的解放感のもと、イージー・ゴーイングな生き方の尊さを説く内容はまさにRhymester流ライフ・ミュージックの究極型。 今年結成30周年を迎えるジャパニーズ・ヒップホップの雄、Rhymester。初の47都道府県ツアー、毎年恒例の主催フェス『人間交差点』、オールナイトのトークショー「公開飲みーティング」など記念イベントが目白押しのなか、1月のシングル「待ってろ今から本気出す」、3月の裏ベスト的客演集『ベストバウト2』に続くアニバーサリー企画第3弾となるニュー・シングルが7"リリース。今回は日本が誇る世界No.1レゲエ・クルー、Mighty Crownをプロデューサーに迎えてキャリア初の本格レゲエチューンに挑戦。この夏のサウンドトラックとしては勿論、 日々の生活のヒーリング・ソングとしても傍に置いておきたい心のホリデイ・アンセム!! VAVA | UNIVERSE | SUMMIT | 12" https://www.jetsetrecords.net/i/414005606519/ VaVa(CreativeDrugStore)の最新EP3タイトルが12"アナログ化!! Bim、Kid Fresino、田我流への楽曲提供や平井堅のリミックスを手がけるなど、ビートメイカーとしての活動でも知られ、近年はラッパーとしても注目を集めるVaVa。2018年12月にリリースされた3rd. EP『Universe』がマーブル・ヴァイナル仕様でアナログ化です!! tofubeatsをゲストに迎えた冒頭曲"Virtual Luv feat. tofubeats"は、夢や妄想の愛に救われていく気持ちが形になったラブソング。VaVaのビート・センスとtofubeatsらしいキャッチーなフックが組み合わさった強力な仕上がりです。レーベルメイトのBIMを迎えた"Hana-bi feat. BIM"は、淡く切ない鍵盤のメロディと2MCの息の合った掛け合いが聴けるセンチメンタル・トラップ・ナンバー。角舘健悟(Yogee New Waves)をヴォーカル/ギターに迎えた「星降る街角 feat. 角舘健悟」では、VaVaのロウなフロウとメロウなビートに、角舘健悟のソウルフルなヴォーカルとワウ・ギターが絡む、新世代のシティ・ポップ・アンセムです。その他、SIMI LABのMC/ビートメイカーOMSBを迎えた"New Page feat. OMSB"など全5曲を収録。ジャンルの垣根を超えたゲストを招き、VaVaの音楽的裾野の広さを提示した名作です。ミックスはillicit tsuboiが担当。 LOFTSOUL X MIRUGA | SEE LINE WOMAN FEAT. FAE SIMON | UNKNOWN SEASON / JAZZY SPORT | 10" https://www.jetsetrecords.net/i/723005529669/ Nina Simone不朽の名曲をUKジャズ/ソウル・シンガーを迎えカヴァー!! Nina Simoneへのトリビュートも込められおり、昨年デジタルにて結成されていたLoftsoul X Miruga Feat. Fae Simonがカヴァー。 BPM90前後のアフロ・ミスティックなリズム/グルーヴに、Fae Smionによる魅惑のヴォーカル・ワークとSoul-Tによる優美なピアノ・プレイが、極上のソウル/ジャズの世界を紡ぐAサイドと、Idjut BoysのNoidやOther、Rob Mello(Black Science Orchestra)とのユニットReel Houzeでのリリースでも知られるDJ D a.k.a Dominic Dawsonによる"ダブ"ヴァージョンBサイドとのカップリングにて、限定リリース!! お見逃しなく。