BA’DANSA
アーティスト: AYU-CHAN-CHING
タイトル: BA’DANSA
レーベル: ARRROUND WICKED SOUND MAKER (JPN)
フォーマット: MIXCD
発売日: -
初回入荷日: 2020-09-11
最新入荷日: 2020-09-11
価格: ¥1,650
取得ポイント: 30 points
CatNo.: ARCD005
問い合わせ番号: 8120-0580-8599
カテゴリ:
購入可能店舗:

赤い土埃舞う南アフリカ・タウンシップ発ダンス・ミュージックのリアルをダンサー感覚を存分に効かせてMix!!

単身南アフリカに渡り現地タクシードライバーから手に入れたUSB収録音源を中心に、都会的でメロディアス、セクシー&ムーディーな南ア産ディープ・ハウスをスムースに紡いだBad gal DJ、Ayu-Chan-Chingのデビュー作!!

これまで長くラテン、レゲエ、アフロなどのダンサーとして活動し、イケてるダンス&パーティーをメイクしてきた彼女。初のDJ Mixは、タウンシップのコミュニティではポピュラーに親しまれているというメロディアスでジャジーなディープ・ハウスMix!! ダークでアンダーグラウンドなゴム(GQOM)などに比べると幾分ソフトでコマーシャルな音と捉えられるかもしれませんが、軽やかなビートやメロドラマ的な旋律と、やはり欧米とは異なる独特なリズム感覚、ずっと聴いていられる/踊っていられるこの気持ち良さこそ、Ayu-Chan-Chingを「どうしてもこの良さを形にしてみんなに伝えたい」と衝き動かした大きな魅力。スティールパンを使った曲などラテン/カリビアンな雰囲気も所々に現れたり、ごく一部の耳の早いダンス・ミュージック好きは注目している新興ジャンル、アマピアノ(Amapiano)まで、知られざる南アフリカのダンス・ミュージックのリアルをダンサー感覚を存分に効かせてMIXした1時間となっております。ジャケット・アートワークは、wacky & 密林東京。

Artist Comment

強烈な個性と抜群のダンススキルで人々を魅了するAyu-Chan-Chingの感性と視点は、やはりこのアルバムの最大の魅力の1つ。わかりやすい商業的でライトな盛り上げは1mmもなく、ジワジワくる沸点、上げすぎず、狙いすぎず、時々訪れる大胆な展開と着地に、これぞダンスを愛する人が発信するMIXだと思った。南アミュージックといえば、世界で最も注目を集めるダーバン発のGQOM。ここ近年、一気に音楽最先端シティーにのしあがった背景には、ヨハネスブルクとダーバンの2大音楽都市がもたらした、バリエーション豊富な音楽環境と、タウンシップ(ゲットー地域)の貧困と隣り合わせの生活から生まれてくる濃厚で素晴らしい音楽がゴロゴロしている環境がある。今作はあえてGQOMを極限に抑えて、ハウスMIXにすることで、南アの音楽潜在能力の高さと深い魅力を最大限伝えてくれちゃってる作品なのです。2016年に他界した南アを代表するハウスDJ Dukesoulから始まり、ラテン系ハウスMi Casa のLa Vidaへ突入するくだりは、現地で実際に体験してきた彼女だからこそできる説得力のある越境感。後半戦には、2018年に話題になったGQOMダンスMakheのハウスver.も登場し、近年の南ア音楽事情もしっかりキャッチできてしまったり、痒いところに手が届きまくりの作品。名曲Dj Toxic feat Absolute/We As Oneへ着地した際に訪れる、爽快感とエモーショナル感は言葉にできない感覚に陥っちゃいます。タウンシップに住むリアルダンサー達との思い出や、そこに横たわる旅でしか味わえない情景が自分のことのように目に浮かぶ。そう。これは、旅をして出会った全ての人たちへの彼女なりの感謝と愛の作品なのだと悟りました。彼女の人柄らしく、真っ直ぐに全力で愛を伝えに行ってる作品だと感じました。朝から晩まで、どんな場面でも聴きたくなる中毒性と公共性を感じさせながらも、とてもパーソナルな作品であり、どことなく懐かしいロマンチックな心情に、心が共鳴してしまうスーパー魅力的な作品です。このようなMIXに出会えたことは至高の幸せだと思う。リリースおめでとう。
愛を込めてダーリンSAEKOより

完全に夜!!!!!湾岸!!!!!!!!!入り口でいきなりトレンディなSAXの調べが調べまくり!!!!!!!砂まじりのサウダージが胸を締め付けまくる!!!!!!!始まりそうで始まらないと思いきや、もう、すっかり始まってる!!!!!!!!!!!小学4年生くらいの時にシャカタクのチューン(Night Birds)を父親の車で初めて聴いた時の懐かしい都会的な潤んだビジョナリーが呼び起こされる!!!!!!!!!!俺も父親になった今ならわかる,,,あの時かけてくれたシャカタクは間違いなく俺に向けた今一番オススメのチューンだったんだって!!!!!!!!!!そして、ハンドルを握る父親の後姿と対向車線のハイビームに照らされた南アフリカのタクシーの運ちゃんの影が今、一つになる!!!!!!!!!!!!!!!!!シンセサイズされた管楽器がむせび泣き続ける心の奥の深~いゾーンから君は抜け出すことができるのか!?!?!?!?!? Ayu-Chan-Chingさんが南アフリカのタクシー運転手と車内で取引した眩い輝きを放つMP3の数々が俺たちの夜をイルミネイトする!!!!!!!!!!!!!!!こんなチューンでジワッときとる人 どんくらい おる???
NONCHELEEE

曲作ったりDJしたりする時僕は自分を全く信用出来ないのでこれ、あの人だったらどう思うかな?って想像して良し悪しの判断する事が多いんだけど最近は専ら、最初に思い浮かぶのAYUちゃん。さて、このMIXは南アのダンスミュージックをテーマにしてる訳ですが聴き始めて目の前に拡がったのはなぜか夜の東京。平日深夜の六本木通りをタクシーで渋谷から六本木に向かってる感じ。彼女のイメージ通りの実は、「東京」の音。
ピーチ岩崎