SPANGLE CALL LILLI LINE CLUB RE-EDITS BY XTAL
予約受付中 JET SET Products
アーティスト: SPANGLE CALL LILLI LINE
タイトル: SPANGLE CALL LILLI LINE CLUB RE-EDITS BY XTAL
レーベル: EAST END CLASSIX / JET SET (JPN)
フォーマット: 12"
発売日: 2018-01-17
初回入荷日: -
最新入荷日: -
価格: ¥1,944
取得ポイント: 30 points
CatNo.: JS12S123
問い合わせ番号: 8140-0537-0569
カテゴリ:
タグ: JAPANESE POP
購入可能実店舗:

スパングルの名曲群をXtalがリエディットして初アナログ化!

Traks Boys、(((さらうんど)))、Jintana & Emeraldsとしても活動するDJ/トラックメイカー、Xtalの主宰する和モノ専科のレーベル、East End Classix。即完売となった一十三十一とのコラボレートに続く第2弾は、国内ポストロックの至宝、Spangle call Lilli lineとの素晴らしい邂逅です。

1998年の結成以来、ポストロック~エレクトロニカを通過したポップ・サウンドを展開し、インディーズ・シーンで確固たる人気と評価を獲得してきた3人組バンド、Spangle call Lilli line。これまでに発表されきた楽曲群からXtalがDJ視点で3曲をセレクションし、よりフロア・ユースにリエディット。まずAサイドでは、プロデューサーに永井聖一(相対性理論)を迎えて制作された2010年リリースのシングル曲"Dreamer"をセレクト。透き通った大坪加奈のボーカルとアルペジオ・ギターが絡み合う、Spangle call Lilli lineらしいアンニュイな感覚のフロウティング・ダンス・ポップ・ナンバーを、イントロとアウトロをたっぷり引き伸ばしたDJフレンドリーな構成に変更しています。Bサイドは、カヒミ・カリィや坂本美雨、Port of Notesなどを手掛けてきた神田朋樹がプロデュースを手掛けた2005年リリースの4thアルバム『Trace』から2曲をセレクト。ポスト・パンク~ニューウェイヴ・ファンク・リヴァイバルなビートに、爽やかに高揚するインディ・ポップ的サビを共存させた"R.G.B"と、モータウン・ビートを採用したスパングル流ガールズ・ソウル・ポップ"U-Lite"を、こちらも必要最小限の効果的リエディットを施しています。意外にもスパングルの音源がアナログ化されるのは今回が初ということで、ファン歓喜&ニュー・クラシック化も間違いなしの1枚です!