ルポ 川崎
アーティスト: 磯部涼
タイトル: ルポ 川崎
レーベル: サイゾー (JPN)
フォーマット: BOOK
発売日: -
初回入荷日: 2017-12-20
最新入荷日: 2018-05-16 [再]
価格: ¥1,728
取得ポイント: 30 points
CatNo.: 9784866250908
問い合わせ番号: 9110-0539-1479
カテゴリ:
タグ: JAPANESE HIPHOP
購入可能店舗:

物議をかもしたサイゾー本誌のルポ連載を大幅に加筆し、書籍化!!

上から目線の若者論、ヤンキー論、郊外論を一蹴する、苛烈なルポルタージュが誕生。 川崎の刺激的な写真も多数収録。

ここは、地獄か? 工業都市川崎で中1殺害事件や簡易宿泊所火災、老人ホーム転落死といった凄惨な出来事が続いたのは、偶然ではない。俊英の音楽ライター磯部涼が、その街のラップからヤクザ、ドラッグ、売春、人種差別までドキュメントし、ニッポンの病巣をえぐる。ラッパーをはじめ地元のアーティストが多数証言。

Artist Comment

「家族で食卓囲んでメシ食ったことなんてない」
ーーT-Pablow

「『高校生RAP選手権』がなかったら、今頃は本職になってた」
ーーYZERR

「深夜にタバコ屋のシャッターをこじ開けて、レジごと盗んだ」
ーーBAD HOP

「南下すればするほど、中学生のポン中とか、いっぱいいる」
ーーA-THUG

「競輪場で暴動が起こって、地元の親分が来てやっと収めた」
ーー友川カズキ

磯部涼

PROFILE:
1978年生まれ。音楽ライター。主にマイナー音楽やそれらと社会との関わりについて執筆。
著書に『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)、 共著に九龍ジョーとの『遊びつかれた朝に』(Pヴァイン)、大田和俊之、吉田雅史との『ラップは何を映しているのか』(毎日新聞出版)、 編著に『踊ってはいけない国、日本』『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(共に河出書房新社)などがある。