2017-08-04 角松敏生プロデュース、長江健次のアーバン・メロウな名曲が初アナログ化!

 

 「ハイスクールララバイ」('81)でおなじみイモ欽トリオの長江健次が、1992年に角松敏生をプロデューサーに迎えてリリースした8センチCD『NINETEEN 19』。表題曲はもちろん、カップリング曲"MIDNIGHT DRIVER"も絶品の名作シングルが25年の時を経て7インチ・リリースです。

 

 

 バラエティ番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』フツオ役として出演していた長江健次。イモ欽トリオ脱退後のソロ・キャリアの中でも特筆すべき作品が、角松敏生プロデュースの元でリリースしたシングル『NINETEEN 19』('92)です。近年の『Light Mellow』『ラグジュアリー歌謡』といったブームの中で再発掘され、オリジナルのCDが中古市場でも高騰するなど密かに注目を集めていましたが、なんと嬉しい初アナログ化が実現です。
 A面の表題曲"NINETEEN 19"は、19才の男女の恋愛模様をノスタルジックに振り返り、その眩しさに憧憬するセンチメンタルなアーバン・ポップ・ナンバー。B面の"MIDNIGHT DRIVER"はビートの利いた心地よいR&B調で、やはり洗練された都会的アレンジが素晴らしいメロウ・チューン。いずれも角松のフュージョン~ブラック・コンテンポラリー嗜好が色濃く反映されたハイクオリティなサウンドで、従来の角松敏生ファンは元より、シティ・ポップ・ブーム以降の和モノ・リスナーも必聴の1枚です。

 

ご予約はコチラから!

NINETEEN 19

長江健次 - NINETEEN 19

角松敏生がプロデュースしたアーバン・メロウな名曲が初アナログ化!

7" |  ¥1,728 |  JET SET (JPN) |  2017-12-02 [再]  |