2018-11-09 20周年記念企画最終弾!シーズン・グリーティング・7インチ × 6タイトル!

 

JET SET開業20周年企画最終弾として、何れ劣らぬハイクオリティなシーズン・グリーティング・7インチを6種、制作いたしました!

 

入手方法: ポイントとの交換

必要ポイント数: 

  • オンラインショップ: 700ポイント
  • 京都店、下北沢店: 30ポイント

開始日: 11/23(金・祝) 

 

<<<<<ラインナップ>>>>>

 

ULTICUT UPS! (A.Y.B.FORCE) / Abnormal Yellow Band - White Breath Breaks(Golden Sesame Sauce Remix) / Lark's Coffee Breaks

                                                                                                試聴と入荷をお知らせはコチラから!

ULTICUT UPS! (A.Y.B.FORCE)

A.Y.B FORCE所属のDJ TAHARAとMercedez BoyことDJ YU-KIからなるDJユニット。Delicレーベル他からリリースされたミックステープやCD、ヴァイナルなどはいずれも高い評価を得ており、中にはUKの音専誌のレビューにおいて、あのEdanやDJ Formatの作品より高得点を獲得した作品も。現在ULTICUT UPS!自体は活動休止中だが、DJ TAHARAがオーナー、Matsumoto Hisataakaaが店主を務める京都のレコードショップ、VINYL 7は現在も好評営業中である。

 

Abnormal Yellow Band

DJ Lark & the Funk Messangers名義でのリリースを経て、2000年前後に京都で結成されたブレイクビーツ・コレクティヴ。結成時のメンバーはDJ Lark(現Lark Chillout)、Cliford B. Cmotta(後にTonda Trio)、DJ Jun(現Bulljun)、DJ TAHARA(後にUlticut Ups!)、T-Nice、中井大介(後にOn The Corner Records主宰)。後にMercedes Boy(後にUlticut Ups!)とMatsumoto Hisataakaaの加入を機に改名した、A.Y.B.FORCEの前身ユニットである。

 

 

 

BUSHMIND / CAMPANELLA - MIKRIS / BUSHMIND REMIXES

 

                                                                                                試聴と入荷をお知らせはコチラから!

BUSHMIND

その手とコクピットに並ぶ機材を駆使して空気を歪め、新たな音楽と高次元/高純度の空間を作り出すトラックメイカー/DJ。2007年1stアルバム『Brignt In Town』(tearbridge production / avex ) 、2011年2ndアルバム『Good Days Comin’』(P-VINE)、2015年3rdアルバム『Sweet Talking』 (AWDR/LR2)をリリース。2017年には全トラックをプロデュースしたROCKASENのアルバム『Two Sides of』をフリーで配信する。仲間と共にその遊びの感じ場所と時間を巧みに配置し数々の曲に落としこみ、作品と遊びを拡散して行っている。曲からアートワークに至るまですべてをHOME&FAMILY MADEで繋ぐ。遊ぶTOWNでの出来事をPACKINGした多彩な色に輝くその盤は、穏やかに多くのドラマを産み出す。街のスポットで取り引きされる無数のMIX CD群は様々な憶測を喚起し、ストーリーは続いて行く。すべてのワックとヒッピーにレクイエムを送ろう。ミーンストリートが交差するBRIGHTな四角から。BUSHMIND IS COMING TO TOWN。

 

 

 

ikkubaru / CHRISTMAS EVE

                                                                                                試聴と入荷をお知らせはコチラから!

ikkubaru

2011年12月24日、インドネシア・バンドゥンにて結成。山下達郎、角松敏生など、おもに80年代の日本のシティ・ポップと呼ばれるジャンルに感銘を受け、自分たちの解釈でシティ・ポップを表現するために活動を開始。すべての楽曲の作詞作曲をフロントマン Muhammad Iqbalが手がけており、バンド名の ikkubaru(イックバル)は iqbal の発音を日本のローマ字表記にしたもの。Iqbalのハイトーンで甘いボーカル、Rizkiのソウルフルなボーカルを使い分け様々な表情を見せるサウンドが特徴で、TWEEDEES、脇田もなり、RYUTist、フィロソフィーのダンスなど日本人アーティストへの楽曲提供、リミックス、コラボレーションも精力的に行っている。現在フルアルバムとしては4年ぶりとなる2ndアルバムを制作中。

 

 

 

パソコン音楽クラブ - Digital Ensemble / Viral Code

 

                                                                                                試聴と入荷をお知らせはコチラから!

パソコン音楽クラブ

2015年結成。"DTMの新時代が到来する!"をテーマに、ローランドSCシリーズやヤマハMUシリーズなど90年代の音源モジュールやデジタルシンセサイザーを用いた音楽を構築。2017年に配信作品『PARKCITY』を発表。tofubeatsをはじめ、他アーティスト作品への参加やリミックス、演奏会、ラフォーレ原宿グランバザールのTV-CMソングなど幅広い分野で活動。2018年に自身初となるフィジカル作『DREAM WALK』をリリース。

 

 

 

MANON / HNC - Young Dumb & Broke (Japanese Rap Cover) / YUKI NO FURU HI

                                                                                                試聴と入荷をお知らせはコチラから! 

MANON

次世代カルチャー・アイコンとして期待を集める、福岡出身・在住の高校2年生。モデルとして活躍する傍ら、2017年よりアーティスト活動を開始。YUPPA(HNC)プロデュースによるデビューアルバム『TEENAGE DIARY』には、Kero Kero BonitoやRyan Hemsworthといった海外アクトも参加し、世界照準のJ-POPを提示してみせた。

HNC

YUPPAによるソロ・ユニット。'09年のファースト・アルバム『Cult』は、ボルティモア・ブレイクビーツやダブ・ステップをD.I.Y.ポップス化したエポック・メイキング作。翌年の『Witches’ Party EP』ではスクリュード&エディットの手法で構築された"I Dream I Dead"が評判となり、海外の著名ブログ・サイトでも多数紹介されるなど鮮烈な印象を残した。近年はモデル/アーティストとして活動するMANONのプロデュースを手掛けるほか、いくつかのリミックス、フリー・ダウンロード楽曲の発表、DJなどマイペースに活動中。インディ・レーベルWhite Lilyを主宰。

 

 

 

町あかり - あれもこれも天ぷら / バナナは腐りかけが一番うまい!

                                                                                               試聴と入荷をお知らせはコチラから!

町あかり

作詞作曲、編曲、衣装、イラスト等、全て自身で制作しながら、様々な歌手への楽曲提供もおこなうシンガー・ソング・ライター。平成生まれながら、10代で好きになった昭和歌謡からの影響を受けつつ、高校生になって、自宅にあったキーボードで作曲を始める。
彼女の作る楽曲の数々は「誰もやらないような音楽」と評価を受け、'15年のメジャーデビュー曲にして代表曲でもある「もぐらたたきのような人」は、電気グルーヴの石野卓球によるリミックス「もぐらたたきのような人 2018(Dance Mix)」が話題に。
2018年7月、ライブでのバックバンド“池尻ジャンクション”を従え、バンドサウンドを前面に押し出した4thアルバム「収穫祭!」をリリース。姫乃たま、ギャランティーク和恵など幅広いアーティスト陣に提供してきた数々の楽曲をセルフカバーした作品から、グルーヴィーなブギー歌謡ナンバー「ナンタラカンタラっていう人」と、心に深く沈殿するようなミディアム・バラード「電球を替えてくれた人」収録の7インチを10月17日にJET SETよりリリース。