News | RECORD CD ONLINE SHOP JET SET / レコード・CD通販ショップ ジェットセット

この商品はRECORD STORE DAY限定商品のため、店頭のみの販売となります。
坂本慎太郎が、Mayer Hawthorneの最新アルバム『Where Does This Door Go』収録曲"Wine Glass Woman"のトラックに日本語詞を付けて歌い、Mayer Hawthorneは、坂本慎太郎「幽霊の気分で」のトラックに英詞を付けて歌うという、驚愕の日米コラボレーション作品です!

zel011.jpg


Mayer Hawthorneが、坂本慎太郎の1stアルバム『幻とのつきあい方』(US盤: Other Music Recording & Co.)を愛聴しており、「坂本と私で2014年のレコード・ストア・デイに一緒に7インチを出さないか?」と連絡してきたことから始まったという本企画。お互いの楽曲をカバーし合うというアイディアから発展していき、トラックは敢えてオリジナルのインスト・バージョンをそのまま使用、それぞれが英語/日本語での訳詞バージョンでレコーディングする内容となったそうです。まず坂本慎太郎が歌うのは、Pharrell Williamsがトラックを手掛けた"Wine Glass Woman"。アーバン・ファンク・ブルースなトラックに、坂本による歌声と詩情が醸し出す気だるいサイケデリック・ムードが溶け合い、あの不思議な中毒性と心地よさが加わる、正に唯一無二のオリジナリティを発揮! 対して、Mayer Hawthorneは7インチも大ヒットした「幽霊の気分で」をセレクション。あの怪しくも洒脱なサイケ・ポップ・ナンバーが、爽やかなファルセット・ボーカルのこみ上げる常夏のトロピカル・ブルーアイド・ソウルポップへと変様です! 両面ともにボーカルと英詞/日本詞の違いで、ここまで印象が変わるものかと驚嘆です。坂本慎太郎のzelone records、US盤はメイヤー所属のレーベル、Universal / RepublicよりUS/UK/EU地域のRECORD STORE DAY 2014のアイテムとしてリリース。両盤ともにアートワークは坂本慎太郎が手掛け (US盤は色違い)、zelone盤は過去作品同様の4つ折り特殊ジャケット仕様です。









※本作はRecord Store Day限定商品のため、オンラインショップ及びモバイルショップでの販売はありません。4月19日(土)のRecord Store Day当日、JET SETでは京都店、下北沢店店頭のみでの販売となります。また事前に予約を承ることが出来ませんので予めご了承下さい。

RSD2014.jpg

Record Store DayはChris Brownが発案し、Eric Levin、Michael Kurtz、Carrie Colliton、Amy Dorfman、Don Van CleaveとBrian Poehnerによって創始された、全米の700を超え、海外に数百を数えるレコードショップとアーティストが一体となって近所のレコードショップに行き、CDやアナログレコードを手にする面白さや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典です。限定盤のアナログレコードやcd、グッズなどが リリースされ、多くのアーティストが全米各地、各国でライブを行ったり ファンと交流する日です。
2008年4月19日にはMetallicaがサンフランシスコのラスプーチン・ミュージックでオフィシャルにキックオフをし、以降は毎年4月の第3土曜日にRecord Store Dayが開催される運びとなりました。

http://www.recordstoreday.jp/index.html#a1


official HP: www.zelonerecords.com