Makkotron (ひよこ) / 2010-07-06

1
SEAHORSE AND THE STORYTELLER

MICHAEL LEONHART & THE AVRAMINA 7 - SEAHORSE AND THE STORYTELLER

El Michels Affairなど擁するUS人気レーベルTruth & Soulからの衝撃的な1枚。

LP |  ¥2,450 |  TRUTH & SOUL (USA) |  2010-06-26 [再]  | 
昨年のWU-TANGカヴァー集も最高だったEL MICHEL AFFAIRのメンバーにして、ラウンジ・リザーズ周辺とも交流があるMichael Leonhart。さらにはA.T.C.Q.、J.B.、オノ・ヨーコ、スティーリー・ダン、4Heroなどの作品にも参加とのこと。って、どこまで顔が広いんだよっ! それはさておき、本作はサイケデリック・ジャズファンクなアルバム。辺境音楽と共にトレンディなジャンルですが、そこらのバンドとは格が違う出来なのら! とにかく全曲イイんです! ん? テキトー過ぎるな、、。個人的に特に好きなのは、切ない歌声がしみるA-5"The Story of Echo Lake"。湖畔にて独りぼっちで、全裸になって聴きたい曲です。ジャンルを超えて、音楽好きな皆さんにオススメ!
2
CALIFORNIA EP

9DW - CALIFORNIA EP

DJ Chida主宰の注目国産レーベル"ene"から3タイトル同時入荷です!!

12" |  ¥1,620 |  ENE / CATUNE (JPN) |  2013-08-29 [再]  | 
DJ Chida氏主宰のレーベル、ENEから3作同時リリースされた中の1枚。3枚全て甲乙つけがたい素晴らしい作品なんですが、代表してコレを。理由はラベル写真。なーんて書いたら失礼かしら? 本作収録曲全てに通じるドリーミーなグルーヴ感は、プールサイドでのパーティにて全裸になって聴きたい感じ。おまけに45回転仕様のA面を33回転で聴くと、怪しいグルーヴになってこれまたオツなもの。そんなお得情報も書いてみました。最高な音楽をヴァイナルで発信してくれるDJ Chida氏にマキシマム感謝!
3
HARD TIMES EP

REGGIE BLOUNT - HARD TIMES EP

Dam-Funkにも通ずるエレクトロ・ブギー・Pファンクが炸裂!

12" |  ¥1,300 |  CLONE (NLD) |  2013-08-29 [再]  | 
オランダのCloneレーベルも、これまたトレンディなエレクトロ・ソウル(というか80'Sモダン・ソウル)路線に手を出してきましたね。安易やなー、と思いつつレコ針を落とすと、、コリャええやんけ! それも全4曲、みーんな良い。特にタマらんのが、B-1"You Keep Checkin Me"。ゲスト参加のMimsy Cable嬢の歌声が最高! リピートして聴きまくっております。比較されるであろうDam-Funkよりもこっちの方が、ずーっと私好み。
4
SUPER HIGH FEAT. NE-YO

RICK ROSS - SUPER HIGH FEAT. NE-YO

Ne-Yoを迎えた新作アルバムからの先行カットが登場!

12" |  ¥1,000 |  DEF JAM (USA) |  2011-10-24 [再]  | 
最近、ヒップホップのヴァイナルリリースが激減してしてますよね、、。今後も減っていくのかしら? そんなこと考えたくもネーヨ! ということでNe-yOが参加のこの1枚。ソウルフルで最高なトラックはクラーク・ケント御大によるもの。まだまだ現役! 皇潤を飲んでいるのかな? またチャブ・ロックと組んでの1発も期待してます! と本作とは全く関係ないことを書いてみました。黒人独特の美学(?)に溢れた本作のPVもエエ感じ。それにしてもヴァイナルリリースをキープゴーインしているDef Jamは偉い。
5
WHAT YOU'RE LOOKING FOR / I'M SO DIZZY

OMAS - WHAT YOU'RE LOOKING FOR / I'M SO DIZZY

爆裂最高ー★込み上げ&爽快感満点のサマー・ブリージン・ファンキー・ソウルフル・ブレイクス!!

7" |  ¥1,000 |  MY FIRST MOTH (GBR) |  2011-12-26 [再]  | 
オマスでおます、、、ん? A面の"What You're Looking For"が最高ですわ。簡単に言ってしまえばポップで鬼キャッチーなブレイクスもの。しかし、イントロのヴォイスサンプリングループからドラムブレイクがブチ込まれる瞬間の高揚感には、もうどうにもこうにもならんのです。大好き! 相当、安易な作りなんですが、それでもかまわない。こういうの(=キャッチーなもん)を堂々と「大好き!」と書けるようになって、自己の成長を確認させていただきました。ありがとうございます。

Makkotron (ひよこ)

Profile

神戸のバー『Gospel』勤務、大阪の『Meets』誌にての編集を経て、渡米。ニューヨーク市立大学映画科を中退後、ブルックリンにて中古レコードショップ『Weekend Records』を設立。DJ Shadow等のフェイヴァリット・レコードショップとしても知られる(http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/new-york-stories-hua-hsu)。DJとしての活動は、ウィリアムズバーグの『Galapagos』、イーストヴィレッジの『Black Star』、『イージー・バー』でのレギュラー ・パーティや、FMラジオ局『WFMU』での番組出演など。その後、諸事情により、やむなく帰国。某レコード店のバイヤー、音楽&映画ライター、DJなどで活動していたが、現在は『Weekend Records Tokyo』を何を思ったのか始めてしまって地獄のような模索の日々(http://weekendrecordstokyo.tumblr.com/)。JET SET TOKYOから徒歩1分。是非!

Web Site

Event Information

TBA

Release Information