Makkotron (ひよこ) / 2014-09-01

1
WHEEDLE'S GROOVE: SEATTLE FUNK, MODERN SOUL & BOOGIE VOLUME 2 1972-1987

V.A. - WHEEDLE'S GROOVE: SEATTLE FUNK, MODERN SOUL & BOOGIE VOLUME 2 1972-1987

Light in the Atticの名コンピ第2弾は激レア・モダン・ソウル~ブギー編!

2LP |  ¥3,200 |  LIGHT IN THE ATTIC (USA) |  2016-09-11 [再]  | 
大嫌いな夏がもうすぐ終わりそうでなにより。自宅では風呂洗濯&睡眠以外には、DVDで映画を観ているか、料理をしてメシを食っているかしかないのですが、夏は料理が大変なんですよ! もちろん火を使うから、とにかく暑い。なので短パン1枚で料理をしていると、今度は油ハネがとにかく熱い! おまけに蚊にも刺されるので、上半身が火傷と刺され跡の赤い斑点だらけ。デング熱も心配だ。外食で済ませたくても金がない。そんなことをDJチャートで書いても、どうもらなんのですが、この苦しみをみなさんにも分け与えたくてー。では、本題を。シアトル産AOR~モダンソウルのコンピレーション。選曲の良さはもちろん、丁寧なブックレットも付いて文句無し。コンパイルしたDJ Supremeには今までの功績も含め、シアトル市が何か賞を与えるべき。彼が居なかったら地方都市シアトルのローカル音楽(特にブラック・ミュージック)のアーカイヴは10年以上遅れていたはず。とにかく、なぜか米国よりも日本にたくさんあったDon Brown(A-3)以外はオリジナル盤の入手が相当に困難だと思うので、まずはこちらで。ちなみにDon Brownはウチにもまだ在庫があると思う(先日1枚売れましたが)ので、よろしくお願いします。
2
RISING SON

TAKUYA KURODA - RISING SON

日本人として初めてBlue Noteと契約した、トランペッター黒田卓也の話題作!!

2LP |  ¥3,350 |  BLUE NOTE (USA) |  2015-01-12 [再]  | 
料理と言えば、本作で世界デビューを果たしたジャズ・トランぺッターの黒田卓也くんが作るカレーライスが凄く美味いんですよ! 彼のデビュー前にニューヨークでよく御馳走になりました。後のビッグ・アーチストのデビュー前に御馳走をしてあげた、という話はよくあるけど「御馳走になった」というはレア・ケースでしょう。それも1度だけではなく、何度も。私の方がずっと年上なのに。私は東京に居ようが、ニューヨークに居ようが、どこに居ようがブレることなくずっと貧乏。上半身は赤い斑点だらけ。カレーライスのお礼という訳では決してありませんが、微力ながら全力で応援しております! いつの日か私からも夏以外の季節に御馳走をするので待ってて下さいね。
3
SHIPBUILDING

冨田ラボ - SHIPBUILDING

冨田ラボのアルバムが2タイトル同時アナログ化!こちらは21世紀のアーバン・シティ・ポップ金字塔なファースト・アルバムです。

2LP |  ¥3,500 |  UNIVERSAL MUSIC / JET SET (JPN) |  2015-01-11 [再]  | 
次はJETSETのスタッフに「再入荷するのでチャートに挙げて下さいよ」と頼まれた1枚。いつもお世話になっているので無下に断る訳にもいきません。私ごときのチャートがいくらかでも販促になるのなら「ハイ喜んで!」ですよ。全曲がCMソングだといっても納得してしまうぐらいにキャッチーな曲ばかりで最高のアルバム。どの曲もヴォーカル・アレンジ、それ以上にコーラス・ワークが感動的に素晴しい! 合わせて、本作とは何の関係もない映画『バック・コーラスの歌姫たち』もオススメ。ここ数年で1番好きな音楽ドキュメンタリー映画。この映画を観てから本作を聴くと、また別の味わいが出てくるかも。まずは観て下さい。話はそれからです。
4
DISCO DOCUMENTARY

NANA LOVE - DISCO DOCUMENTARY

待望の再プレス。アフリカのLyn Collinsと評されるシンガーのアフロ・ディスコ盤!

2LP+CD |  ¥3,350 |  BBE (GBR) |  2016-11-14 [再]  | 
ドキュメンタリーつながりで『Disco Documentary』と銘打たれた、こちらを。ゲートフォールドのジャケットを開いてみるとNana Love嬢の全身写真が。それを見て誰もが驚くであろう、彼女の太股のハンパない太さ。彼女自身の頭どころかウェスト並み(以上?)に太いんですよ! それがどうした、という話ですね。何も言い返せません。
5
EXISTENCE

東京女子流 - EXISTENCE

アナログ盤6枚連続リリース企画!新井ひとみジャケでおくる第3弾は、高速ディスコ・チューン"existence"です。

7" |  ¥2,000 |  AVEX / JET SET (JPN) |  2014-09-19 [再]  | 
どなたかは存知あげませんが、ジャケットの女の子、昔の加賀まりこに似ているかも!と思って画像検索をしたら、唇の厚みから何から全然違っていました。当たり前だ、別の人だもの。似ていたとしても別に、ですし。それにしてもこの歳になってアイドルのレコードを買うようになってしまうとは思いませんでした。まあ、スピリチュアル・ジャズやジャーマン・ニューウェイヴなどの方が音楽的に崇高だと信じていた若いころよりは健全でしょう。そうは思っていても本盤(大好きなB面)をDJでかけるたびに勇気が必要な私はまだまだ尻が青リンゴとしか言いようがありません。喜々としてかけるのも、それはそれで考えものかもですけど。イロイロと悩みは尽きませんが、9月に誕生日を控え、また歳をとると思うとさらに悩み深き日々。ずっと独りで憂鬱なのは堪え難いので来年の春ぐらいには結婚しようと思っています。そのためにもお酒をやめました。では、みなさまもお幸せに。

Makkotron (ひよこ)

Profile

神戸のバー『Gospel』勤務、大阪の『Meets』誌にての編集を経て、渡米。ニューヨーク市立大学映画科を中退後、ブルックリンにて中古レコードショップ『Weekend Records』を設立。DJ Shadow等のフェイヴァリット・レコードショップとしても知られる(http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/new-york-stories-hua-hsu)。DJとしての活動は、ウィリアムズバーグの『Galapagos』、イーストヴィレッジの『Black Star』、『イージー・バー』でのレギュラー ・パーティや、FMラジオ局『WFMU』での番組出演など。その後、諸事情により、やむなく帰国。某レコード店のバイヤー、音楽&映画ライター、DJなどで活動していたが、現在は『Weekend Records Tokyo』を何を思ったのか始めてしまって地獄のような模索の日々(http://weekendrecordstokyo.tumblr.com/)。JET SET TOKYOから徒歩1分。是非!

Web Site

Event Information

TBA

Release Information