SUNSHINE MARA
アーティスト: ATOSONE
タイトル: SUNSHINE MARA
レーベル: ROYALTY CLUB / RCSLUM (JPN)
フォーマット: MIXCD
発売日: 2019-08-10
初回入荷日: 2019-08-10
最新入荷日: 2020-01-20 [再]
価格: ¥1,100
取得ポイント: 30 points
CatNo.: RC010.5
問い合わせ番号: 4220-0565-0269
カテゴリ:
購入可能店舗:

優雅さと美しさを失わない強靭なブレイクビーツ・ミックス!!

Royalty Clubミックス・シリーズ番外編。前回冬に届けられ大変素晴らしかった『Snow Will Thaw A Frozen Heart』に続くRcslum C.E.O、Atosoneによるミックス作品。

Artist Comment

あのATOSONEが新しいDJミキサーを手に入れたという。それは、VESTAX PMC-25というロータリー式のものだ。そして、そのミキサーの柔らかく極上のミックス機能を歓喜と共に使い倒して作り上げたのが、 このATOSONEの最新ミックスだろう。再生すると流れてくるのは、ジャズ・ロック、ジャズ・ファンク、あるいはソウル・ジャズ、フォーク・ロック……さらにいわゆるライブラリー・ミュージックもある。呼び名はなんでもいいが、 重要な点は、ヒップホップ文脈のブレイクビーツやサンプリング・ソースあるいはレアグルーヴが中心に選曲されていることだ。これはちょっとした驚きだった。そして、とにかくビートが鳴りまくっている。 ヒップホップのいわゆる“元ネタ”やブレイクビーツと呼ばれる音楽で構成されたミックスは世の中にゴマンとある。だがしかし、ATOSONEが作り出す作品(それがラップでもアートでも洋服でも、 パーティでもそうであるように)が一筋縄でいかないのは、彼のなかにある、退屈なお決まりやセオリーは破壊してやるという性癖が働いているからではないだろうか、と、このミックスを聴いてあらためて強く感じる。 そういう排他的な人間がロータリー式のDJミキサーを使うと、こうやって音楽を解体し構築するのか、と興味深い。が、それだけではない。ブレイクビーツがドカドカ鳴り響き、ギターがけたたましい轟音を鳴らし、 ピアニストが鍵盤を叩きまくり、ホラー映画のように人が絶叫していても、ATOSONEは選曲と曲順で彼なりのドラマとロマンを貫いているように聴ける。情緒がある。 そして優雅さと美しさを失わない。そこに痺れるわけだ。そのお楽しみは特に終盤で味わえる。
(二木信)