STILL CRAZY
アーティスト: HYU HYU BOY
タイトル: STILL CRAZY
レーベル: BEACHWHISTLE (JPN)
フォーマット: MIXCD
発売日: 2017-04-14
初回入荷日: 2017-04-15
最新入荷日: 2017-08-30 [再]
価格: ¥1,528
取得ポイント: 30 points
CatNo.: BWM003
問い合わせ番号: 8120-0527-6509
カテゴリ:
購入可能店舗:

幻のドラマティック・ミックスが遂にオフィシャル・リリース★

DJ司会、ホットサンド屋もこなすHyu Hyu Boyが、15年度の秘密のパーティBeach Whistleにて手売りするに留まり、欠番となっていたマボロシの一品!!

Altz主宰"Altzmusica"からのMixCD『FloatingMood?』も大ヒットしたDJユニットGrossdresserとしても精力的に活動するHyu Hyu Boy。波の音に導かれて、スラッキーなエキゾチック・サウンドから幕開け、躍動的なラテンやブラジルのリズム、チルアウト~バレアリックなグローカル・サウンド、カラフルでいてスモーキーなポップス、ジャズやソウルの味わいのあるダウンテンポ…等々、魅惑の音の数々を心地よく味わいのあるドラマ性のある選曲とミックスで紡いでいく、魅惑のサウンド・ジャーニー!!

Artist Comment

「そう彼は探偵クラブホッパー!ディスコの謎を解き明かし地球を救うライフセイヴァー! 横須賀の夜のしじまの未来紳士!逸見の階段登り降りで培った拓けたリベラルな感覚を活かしつつ ブッチキャシディアンドサンダンスキッドの如くクールウェスタンも気取る振る舞い。 パーマネントヴァケーションな身のこなしは祝祭的指数高め!」 Fran-Key 「ヤシの木ハンモックdeお昼寝寸前... その一瞬をスーパースローでドロー(ン)イングしたような、至福のチルタイム。 例えるならば、チョコミントとストロベリーアイスが溶けてマーブリング。 その中でおじさんと何処かの民族がギャザリングしてる...夢みたいな。 いつも楽しいヒューヒューBOYの本質は、この繊細さと、優しさなのでは?と思っている。 そうヒュー様の半分は優しさでできています。 バ バフ ファ ァ◯ ◯ ン ン & & ギ ギャ ャザ を思 思 ザ い い リ リ 出 ン ン 出す な な す。 狂 狂 t tr r i ip p へ へ、 、気 気付 付い いた た ら ら (あゝ青春が熟成してる。)」 河野未彩 HYUHYUBOYという男、ナイスパーティーには必ず現れる横須賀の妖精。 そんな彼の故郷である神奈川県三浦市の三崎を案内してもらったとある夏の日、 三浦で一番の魚料理を出すバル、ミサキプレッソでこのミックスを聞かせてもらった。 アフリカンなチャントから始まるドリーミンな調べはさびれた漁港によく合う。 おちゃらけ司会者とばかり思っていたので、あまりにちゃんとした?ミックスに正直驚いた。 旨い食事と酒の席に何ともよく合い、話は軽快で滑らかに踊る。このミックスを聞くたびに、あの夜のことを思い出す。 漁港育ちらしい、カラッとした雰囲気にまとわれた人柄と音楽性に目を奪われがちだが、どっこい、米軍基地のそばという特殊な時代背景で育まれてきた、亡霊のように立ち上るサウダーヂがこのミックスには詰まっている。」 チャッピー源(思い出野郎Aチーム) 「浜辺で口笛吹きながら... HYUHYUBOY(息子研作)が、MixCDを作った。 私には、Mixという音楽も現代の音楽文化もわからないが、このCDが発する自然界からの調べや 風土が醸す音色のなかに、なぜか懐かしさが広がってくるのを覚えた。音楽とは、自らの経験を通して、 その音を感じ、自分の中に再構成するものなのだろう。彼は、三浦半島の海辺の町で生育したが、 その過程で、さまざまな音に出会い、彼のBeachWhistleに、つながったのかもしれない。 春の嵐が、Hyu Hyuと吹き抜けた翌日、家の前の竹薮から、おぼつかなくもあどけない。 、 ウグイスのWhistleが聞こえてきた。このCDが、「Mix~綿々と続く音のつながり、その多様性と融合」 の出発点になることを願っている。(2/23Mixnutsの好きな父)」 父親