Hot Chip特集 - [2019-07-14]

来る2020年に結成20周年を迎えるロンドンのシンセ・ポップ・バンド、Hot Chip。Alexis TaylorとJoe Goddardの2人を中心に2000年に活動を開始し、2004年のファースト・アルバム『Coming On Strong』から、2019年の最新作『A Bath Full Of Ecstasy』まで、レーベルを変えながらも途切れることなくアルバムを発表し、フジロックなどで来日 もっと読む...

オールタイムベストをお訊きしました!第8回: Okada Takuro - [2019-07-12]

作品を制作して世に出すアーティストの方々が、リスナーとして愛聴しているのは他のアーティストのどの作品なのか、ファンならずとも気になるところです。そこで始まったこの企画、「オールタイムベストをお訊きしました!」。 第8回目は8月7日にファースト・アルバム『ノスタルジア』('17年)のアナログ・リリースが決定した、Okada Takuroさんです。   ------------- &nbs もっと読む...

Anderson .Paak新作と関連作まとめ - [2019-07-08]

その才能がDr.Dreの目に止まり、彼が監修を担当した『COMPTON: a Soundtrack by Dr. Dre』のうちの数曲に参加、KNXことKnxwledgeとのユニット=NxWorries名義のリリースも好評を博して、かのRolling Stone誌の「あなたが知るべき10人のアーティスト」にも選出された、L.A.在住のヴォーカリスト/ドラマーがAnderson .Paak。 前々作 もっと読む...

ケルン発モダン・ハウス・レーベル"Ava." - [2019-07-01]

ケルン発の"Ava."レーベルは、2011年のスタート以降、主宰のDamiano Von Erckertによる卓越したセンスと膨大な知識から審美され、若き名匠Mall GrabやToo Smooth Christを筆頭とするアップ・カマーの作品から、90'sマスターピースやカルト作品のリイシューまで、ハウス・ミュージックを広く捉えたユニークな作品を多くリリースしてきました。今では世界中のトップDJ もっと読む...

EBMテクノの新星Identified Patient特集 - [2019-06-23]

アムステルダムを拠点に活動するJob VeermanによるプロジェクトIdentified Patientは、2018年のDekmantelのBoiler Roomステージでのパフォーマンス(神戸の奇才Jin Cromanyonの楽曲をプレイ)や、Digital Tsunamiへのミックス提供、Red Light Radioの主宰の1人であるHugo van HejiningenとのユニットSta もっと読む...

New World Color主宰、L.A.のラッパー兼プロデューサーBlu特集 - [2019-06-18]

カリフォルニアのヒップホップ・コレクティヴ兼レーベルDirty Scienceの主要メンバーにして、自身のレーベルNew World Color主宰でもある、L.A.のラッパー兼プロデューサーがBlu。 これまで『Below the Heavens』以降も続くExileとの一連の共作シリーズをはじめ、Ta'Raachとのユニット名義であるC.R.A.C.、MainframeとのJohnson &a もっと読む...

Jerry Paperとウィアード・シンセ・ポップ特集 - [2019-06-11]

Ariel Pinkを起点とする00年代以降のウィアード/ベッドルーム・ポップをベースに、70〜80年代のテクノ・ポップやA.O.R.、ヴェイパーウェイヴやシンセ・ファンクなど現在進行形のサウンドまでを独自のフィルターで消化し混ぜ合わせた、奇妙でいて心地良く、不思議なポップさとメロウな味わいを持った作品で絶大な人気を博す、サザン・カリフォルニアのポップ・クリエイター、Jerry Paper。 昨年 もっと読む...

追悼、Dr. John - [2019-06-08]

米ニューオーリンズを代表するミュージシャン、Dr. John(本名:Malcolm John Rebennack Jr.)が、6月6日に死去したとの訃報が届きました。彼の家族からの情報によると、死因は心臓発作で、享年77歳。 '89年リリースの『In a Sentimental Mood』収録曲の"Makin' Whoopee!"では自身初となるグラミー賞を受賞。生涯で6度ものグラミー賞を受賞し、 もっと読む...

80's〜90'sリヴァイバルを牽引する"Kalahari Oyster Cult"レーベル特集 - [2019-06-04]

Maya『Lait De Coco』をリマスター・リイシューし注目された"Attic Salt Discs"を運営し、オランダのレコード・レーベル/ショップ"Bordello A Parigi"にも所属するプロデューサー、DJのRey Colinこと、Colin Volvert。彼が主催する"Kalahari Oyster Cult"レーベルは、80's〜90'sリヴァイバルに沿った再発やエディッ もっと読む...

トロピカル・ダンディーRick Shiver - [2019-05-27]

ベルギーはブリュッセル拠点のDJ/プロデューサー/オーガナイザー/グラフィック・デザイナーのRick Shiverは、自身のことをトロピカル・ダンディーと称す、紛れもない細野晴臣のファンです。主催するパーティー「Nose Job」では、Lena WillikensやLovefingers、Chee Shimizu、Marie Davidson、Tolouse Low Trax、Elena Colo もっと読む...

オールタイムベストをお訊きしました!第7回: MIKI (KANDYTOWN) - [2019-05-22]

作品を制作して世に出すアーティストの方々が、リスナーとして愛聴しているのは他のアーティストのどの作品なのか、ファンならずとも気になるところです。そこで始まったこの企画、「オールタイムベストをお訊きしました!」。 第7回目は、6月12日に1stソロ・アルバム『137』からの7インチ・カット・シングル「BREATH FT. BES & 仙人掌 / YOU WANT ME FT. B.D., F もっと読む...

アジアン・インディ特集 - [2019-05-20]

韓国インディ・アーティストを発信する新レーベルBsideが始動し、K-Indies Seriesとして注目の3アーティスト、ADOY、SESONEON、WETTERの7インチがまもなくリリースされます。 2017年にデヴューし、韓国の音楽シーンにシンセポップ・サウンドを広めたADOYは、これまでに2枚のEPをリリース。イギリスでのクラブ・ツアーやアジアでの単独ライブを成功させました。 シンガー/ギ もっと読む...

Millennium Jazz Music特集 - [2019-05-13]

ロンドン・ベースながら、UK国内のみならずフランスやオランダ、ドイツ、カナダなど、各地で活動するビートメイカーやジャズ・ミュージシャン、サウンド・エンジニア達も所属する、注目のレーベル兼コレクティヴがMillennium Jazz Music。 2003年にロンドン在住のドミニカン・ビートメイカー/DJのGadgetが立ち上げて以降、SNSを通じてリンクした若い才能の紹介に主眼を置きつつ、音源のフ もっと読む...

ミュンヘン発、個性派ハウスレーベル"Public Possession" - [2019-05-05]

ミュンヘンのコレクティヴ兼レコード・ストアがスタートした"Public Possession"レーベルは、ハウス/バレアリック/アンビエント/エレクトロ/ブギー/ディスコなど振れ幅の広い、バラエティに富む個性的な作品群ながら、その一貫した審美眼によるクオリティに高さで人気を集めています。 2012年にTambienのメンバーであるMarvin SchuhmannとValentino Betzの2人 もっと読む...

オールタイムベストをお訊きしました!第6回: Emerald - [2019-05-04]

作品を制作して世に出すアーティストの方々が、リスナーとして愛聴しているのは他のアーティストのどの作品なのか、ファンならずとも気になるところです。そこで始まったこの企画、「オールタイムベストをお訊きしました!」。 第6回目は5月8日にバンド初のアナログ作品となる7インチ・シングル「ムーンライト」をリリースするEmeraldの皆さんです。   -------------  元Pa もっと読む...

和テイストを取り入れる現行アンビエントアーティストTim Hecker - [2019-04-30]

01年に発表した本人名義でのファースト・アルバム『Haunt Me, Haunt Me Do It Again』が現在アンビエントノイズのクラシックアルバム最高峰と称賛されたTim Hecker。2012年には当時若手注目株であったOneohtrix Point NeverのDaniel Lopatinとのコラボレーションを行い、2018年には現ホームであるインディー・レーベル"Kranky"が、 もっと読む...

オールタイムベストをお訊きしました!第5回: HALFBY、MC sirafu、東郷清丸 - [2019-04-22]

作品を制作して世に出すアーティストの方々が、リスナーとして愛聴しているのは他のアーティストのどの作品なのか、ファンならずとも気になるところです。そこで始まったこの企画、「オールタイムベストをお訊きしました!」。 第5回目は4月24日にリリースされる犬好きの為のユニークなコンピレーション・シングル『犬吋ワンP』に参加した、HALFBY、MC sirafu(ザ・なつやすみバンド)、東郷清丸氏です。 & もっと読む...

エレクトリック・フォルクローレとその周辺 - [2019-04-21]

あまり広く知られることのないアルゼンチン・フォークローレを掘り起こし、紹介してきた収集家で、自らシンガーでもあり、コンポーザーでもあった民俗音楽研究女史、Leda Valladares。2012年に亡くなり、その仕事が再評価される中、彼女へのトリビュート・アルバム『EL CAMINO DE LEDA』が先日リリースされました。 リリースしたのは、ブエノス郊外で"isla"というエレクトリック・フォ もっと読む...

Phil Most Chill特集 - [2019-04-15]

コネチカット州に生まれ育ち、そこからペンシルベニア州ハリスバーグを経由して、フィリー、ライミングやレコード収集、デモ音源の制作を開始、自身のユニットDevastating TwoやBaritone Tiploveなど様々な名義で、CuttingやEasy Street、そしてIn Effectから12"シングルをリリースしていた、SoulmanことPhill Most Chill。 90年代には、 もっと読む...

"Alliance Upholstery"特集 - [2019-04-07]

2017年に"Cultures of Soul"よりリリースされた80'sジャパニース・シティポップのコンピレーション『Tokyo Nights』の監修にも携わっていたEli Cohenによって、2013年よりNYにて運営が開始された"Alliance Upholstery"。 元祖インディ・シンセ・ダンス・バンドLemonadeのリリースに"Good Timin"運営者Jex Opolisのリミ もっと読む...